「日本文化チャンネル桜二千人委員会」発足 南京の真実
SO-TV

旧掲示板

平安時代・鎌倉時代・室町時代・江戸時代・明治時代の貧困下層階級

本道 2005-02-26 15:02:18 No.123255
平安時代に、
桓武天皇によって新しい王朝?
らしい体制が作り上げられたが、
そのころから、貧困下層階級は、
文化と無縁だった様に思われる。

平安時代末期に、
白拍子とか、
いわゆる猿楽の先祖が出てきたらしい。
いわゆる1192年ころから、
1333年頃までの鎌倉時代にかけてでしょうか?

欧米では、
ギリシャ・ローマ時代の文化を、
復興し始めたのが、
15世紀から17世紀?の時代であるが、
http://pastore.ld.infoseek.co.jp/1shou.html
日本で言えば、
1400年といえば、
室町時代で、
能狂言が発達した時代ですが、
欧米では、ルネッサンスの初期ですね?

ただ、日本では庶民の、
一番最底辺の階層では、
文化とかは、あまり流行していなかったようです。
最底辺の階層でも、
芸能文化を生活の糧としていた人も、
いたわけですが、
一般貧困農民には、
文化は、縁遠い存在だったようです。


このように、
猿楽・能狂言などを、
その文化の発生の時点までさかのぼっても、
一般農民には、文化の技術的継承がなされなかったことがわかります。
貧困階層で、
文化を志しても、
それが、大衆に支持されたような形跡はなく、
文化の技術的継承がなされないまま明治時代まで、
極論すれば、昭和60年頃〜平成14年(1985年〜2002年頃)まで継続していたということがいえます。

西洋では、
日本より200年遅れていますが、
シェークスピアが1600年頃に、
演劇を書いていますが、
それが、大衆に受けたようです。
http://66.102.7.104/search?q=cache:s74icfE-ZqsJ:www.asahi-net.or.jp/~ZB5Y-WD/zeamishakes1.htm+%E3%80%80%E3%80%80%E8%A5%BF%E6%9A%A61400%E5%B9%B4%E4%BB%A3%E3%80%80%E3%80%80%E3%80%80%E5%AE%A4%E7%94%BA%E6%99%82%E4%BB%A3&hl=ja


多聞 2005-02-26 15:31:25 No.123265
神代の昔の歌が、万葉集に庶民の歌が残ってる国ですが、何か?
このような文化レベルが高い国は、世界中に非常にマレだと思います。
マルクス的唯物史観というヤツに毒されすぎじゃないでしょうか?
本道 2005-02-26 16:39:08 No.123277
発言者自身により削除されました
xxxxxxxxx 2005-02-26 17:22:20 No.123281
文化っちゅーもんを んなに狭くとらえてわイカン

人間っちゅーのわ文化とゆぅ衣をまとって生きておる
人と人との関係のあり方、朝の挨拶の仕方とか

文化っちゅーもんをもっと ぴろ〜くとらえて
んで 日本文化わ いまアメリカ文化によって
滅ぼされようとしておるわけだ。
三保 平清 2005-02-26 20:06:47 No.123315
浮世絵を買い求めたのも、歌舞伎を楽しんだのも、庶民ではなかったのでしょうか。更に古くは、田楽などというのもある。「庶民=食い詰めた人」と思われているのでは。そういう人は、いつの時代にも、どこの国にもいます。和歌の「詠み人知らず」に優れた歌がありますよ。過去の識字率はどうだったのでしょう。




















xxxxxxxxx 2005-02-26 20:19:53 No.123319
文化とわ「手つき」のことだ、と、小林秀雄がたしかゆってるはずだが、文化とわ 浮世絵とか歌舞伎とか能とか、んな狭くとらえちゃイケン。
文化とわ、はしの上げ下ろし、挨拶の仕方、日本人の一挙手一投足に現れるもんぢゃ。幕末に来日した外国人が残した日記とかを集めて、当時、毛唐どもが日本人のあり方(文化)をどー感じたか、渡辺京二「逝きし世の面影」こり、大そう参考になるだありませう
猿冠者 2005-02-26 20:56:37 No.123334
本道様、何を語りたいのですか?何を聞きたいのですか?

まず、貴兄の規定する文化についてご説明願いたい。

それから、庶民発祥の文化がないとおっしゃられているようですが、白拍子は遊女が発祥とされておりますし、田楽はもともと農民のものですよね。
そこを貧困下層階級だとか一般貧困農民だという人々を想定して自分の意見を通そうとするのは変です。

日本を貶めるように、ルネッサンスやシェークスピアを引用されておられますが、その時代のかの地での貧困下級階層や一般貧困農民は貴兄の考える文化を持っていたのですか?

貴兄のご回答が楽しみです。
三保 平清 2005-02-26 21:08:25 No.123337
「シェークスピアは居なかった」。作り上げられた仮想の人間だとの説もありますが。
多聞 2005-02-26 21:33:33 No.123342
ロンドンの町中で起こったことを引き合いにだすのならば、京の町中であったこと引き合いに出さねばなりません。
その意味では「このごろ都に流行るもの・・・・」の落首など、識字率と社会情勢への認識と批判精神など、書いたほうも読むほうも、かなり成熟した社会でなければありえないことです。これは書いた側と読んだ側双方のレベルが高いから成り立つものです。
大阪書籍など私が学んだ歴史教科書におきまりの「一方その頃民衆は・・・・・苦しんでいた」のパターンのウソに囚われていても、なんの益もありません。
XXXXXXXXXさんのおっしゃる通り、文化とは歴史上のあらゆる要素が複合的に絡まりあってできたものであって、歌舞音曲芸能をもって文化とするのは、「進歩的文化人」なみの浅い論議であるでしょう。
よって、西欧近代型に当てはまらないからと言って、卑下するのは、まったくもってお門違いであると思います。
多聞 2005-02-26 22:06:35 No.123354
三保さま

あの当時のイギリスでは、劇作家自体があまり尊敬される職業ではなかっため、できるだけ正体を隠していたようですし、不明瞭な点があっても仕方がないと言う背景もあります。「シェークスピアは居なかった」説自体、主流の学説でありませんし、そのことで反論するのはいかがかと思います。
「聖徳太子はいなかった」なんてトンデモもあることですし(笑)
本道 2005-02-27 18:46:54 No.123593
猿冠者さま、
書き込みありがとうございます。

イギリスの識字率は、
1600年代で、
約27パーセントだったようです。
http://www.graduates.slis.keio.ac.jp/shodoc/2002/tomioka_0610.html


>>部数を見ると、違いはいっそう明らかである。1点1000部という数字を使うと、文学は1620年代に16万2千部、1630年代に34万2千部であり、1620年から29年の間には識字率の高い33万所帯の半数しか文学書を購入していないことになる。つまり、量的な比較からは、宗教書の方が当時の社会においてはるかに大きな影響力を持っていたことがあきらかになった。

当時は、シェークスピアの時代ですが、
文学よりは宗教書が読まれたと分析されています。

日本の場合は、
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1227443
>>江戸時代1600年代ですが、つまり、江戸時代には既に高度な文化が開花し庶民も豊かとはいえないまでも当時としては識字率が高く、圧政や、飢えに苦しむことの無い平穏な生活を享受していました。

http://www.e-juq.net/gakuen/den/4.html
>>そしていよいよ18世紀後半になると“教育爆発”と呼ばれるほど初等庶民教育機関である寺子屋が急増(8千以上。江戸時代を通じて1万5千以上)します。浪人・村役人・神職・僧侶・富裕な町人などにより6〜13歳の子供20〜30人を集め、読み・書き・そろばんや儒教的な日常道徳も教えられるようになります。こうした庶民教育は封建社会では世界的にも珍しいといわれており、初等教育は普及し、識字率も非常に高まったのです。
現代の塾が、公教育を補完するというよりは公教育にはできないことを実現するという伝統は、日本では少なくともこの18世紀ころからの私塾教育に起源があると考えても差し支えはないと思われます。

本道 2005-02-27 18:48:12 No.123594
猿冠者さま、
1回で書き込めなかったので、
2回に分割して書き込みます。

参考までに、
私のあこがれていたイタリアは、
文化的に貧困で、
http://www.honco.net/archive/990502-j.html
>>そのうえイタリアの教育制度は急速に弱体化している。生徒は、学校での価値観にも授業で教えられる内容にも、自己を重ね合わせることができない。これは1968年の学生闘争のような政治的な問題ではない。それどころか、なんの関心も持っていないのだ。さらに、教師にしても倫理や統制を保つのに必要な権威を完全に失っている。
  今の子供たちが抱えている、学校への帰属感の喪失は、たんなる個人の問題ではない。その原因は、公立学校のはなはだしい資金不足、政府当局の教育政策に関する一貫した方針の欠如、教員の志気の低下(低い報酬と劣悪な労働環境が大きく関係していることは間違いない)、そして生徒が、自分たちを教える人間と、教えられる内容のいずれにもなんの敬意も抱いていないということにある。


かように、
先進国といわれているイギリスと、
イタリアでも、
現代は、教育に関して非常に問題があるということです。


要するに、どんな先進国でも、
貧民といわれる人々は、
文化的な日常生活を送っていなかったという結論に達しました。







湧水 2005-02-27 20:09:10 No.123631
酔っ払いの独り言

古(いにしえ)から日本人は、七五三、宮参り、初詣とかを今に伝えている。
これは日本の高度な精神文化である。

日本に「学問を学ぶ」という考えは無かった。
その代わり日本には「自ら考える」という伝統があり、風習が今日に伝わっている。

有名な学問の神社は、何かの黒幕の影響で「学問の神様」を宣伝し、「学ぶ」思想を日本人に植えつけた。
気をつけたい事象である。

ぜひ、「自ら考える」を実践し、良き日本を築いていただきたいものである。
あきのり・T 2005-02-27 20:19:57 No.123637
 ものを食べることは文化であると思えます。命の連続するところには文化があったと思うのですが…。
本道 2005-02-27 20:21:17 No.123638
湧き水さま、

今一番大事なことは、
こういうインターネット掲示板で、
自由に物が言えなくなることが、
国会で、法案として通されることです。

日本文化のことにしても、
その法案ができれば、
自由に物が言えなくなるそうです。


一部の優遇された人たちだけが、
あいてを、差別だと叫んで、
弾劾することができるようになるのです。
湧水 2005-02-27 20:37:07 No.123643
あきのり・T 様へ

韓国のアルミ料理
アルミの洗面器に食材をぶっこんで食べる。
ごちゃ混ぜ料理の真髄でしょうか?

日本の鍋料理
熱伝導と食材の特質を考慮した土鍋。
食材の並べ方などを考慮すると、日本の高い文化がすばらしいと思います。
本道 2005-02-27 20:39:32 No.123645
湧き水さま、
日本料理はすごくすばらしいと思います。
ハンバーガーなどは、
ちょっと、飽きるし、
肉が悪いと非常にまずいです。
湧水 2005-02-27 20:51:20 No.123656
本道 様へ (2005-02-27 20:21:17  No.123638 )

自由に物が言えなくなる法案に危惧しています。
私は差別用語を、日本の歴史文化遺産と考えるようにしました。
本音はどうどうと差別用語を使いたいのです。
差別用語を使うと言っても差別するつもりはありません。
自分の本当の考えを相手に伝えるには「表現の自由」があって
初めて相手に「本音」を伝えられるのではなかろうかと思っています。
酔った勢いで差別用語使いましょう。
びっこ=足の不自由な人
めっちゃ=目の不自由な人
ぶらく=えせ童話
   (童話は、純潔な日本人です!!!。誰かが真実を曲げていると思います)
本道 2005-02-27 23:17:35 No.123695
湧き水様、
ありがとうございます。

猿楽の元祖は、
平安時代の白拍子やくぐつなどなどといわれているのですが、
なぜか、社会の最底辺の人間が、
芸能などに付いたといわれています。

当時の農民は、
最底辺の生活ではあったようですが、
公地公民→荘園制度というように、
平安時代は、藤原氏や平家や、
天皇家や寺院神社などの持ち物で、
荘園制度が崩壊して
守護・地頭などの鎌倉時代へと移行していきました。

農民は、
地頭さま、○○の荘などに、
半分農民でありながら、いざ鎌倉のときには、
武具を身に着けて武士になったといわれています。

しかしながら、
芸能や芸術文化などに関しては、
農民と、猿楽などの接点が、
あまりなかったように感じられます。
一部地方農村には、
能狂言が残っている村もある様に聞いては居ますが。

やはり江戸幕府が崩壊した時点で、
庶民は、芸能文化と、
断絶させられて富国強兵政策の中で、
文化的には断絶状態になったと思われます。

上流というか、
勤皇の志士の成れの果ての明治政府では、
ドイツ文化を基本として、
芸術文化を取り入れたと思います。
それが、私のような庶民にまで普及してくるには、
2002年あたりまで時間がかかったように感じます。

それはともかくとして、
芸能の最初の頃から、
最底辺の扱いを受けた被差別の人たちが、
居たことは、出雲のお国歌舞伎など、
川原こつじきなどの、
表現などを見ても、あきらかであり、
現在でも、芸能人は、身分が低く見られている傾向があります。

しかし、あの人権法案で、
身分が低く見られている芸能人の生活向上につながるとも思えません。
まき 2005-02-28 09:53:49 No.123758
本道さまへ

NAVERではいくら挑発しても情報がもらえなくなったので、今度は桜へいらしたのですか?
貴方が欲しい情報を得るまでこちらの皆様を突くお
つもりですか。
鷹丸 2005-02-28 11:29:53 No.123788
文化は広い範囲を領域としますが、本道さんが仰っている文化は芸能の分野を主に対象にしておられるように感じます。

>芸能の最初の頃から、最底辺の扱いを受けた被差別の人たちが、居たことは、出雲のお国歌舞伎など、川原こつじきなどの、表現などを見ても、あきらかであり、現在でも、芸能人は、身分が低く見られている傾向があります。

人は古来からその職業で身を立ててきたわけですが、上流階級の宴席の前で芸を披露する職業は今でも昔でもあります。
上流階級の人々に好まれたことは記録として後世に残ったり伝えられたりしやすいが、だからといって庶民の間に芸能文化がなかったなどとどうして言えるでしょうか?

おそらくのど自慢大会や演芸大会など昔の時代でも庶民が楽しんだ文化はあった筈です。単に記録に残っていないだけだと思いますよ。
今から40年位前まで私の故郷では小さな集落単位に盆踊り小(!)会が毎夏行われていました。
今では完全に廃れてしまいました。むしろこういう廃れてしまった文化のほうが多いのではないでしょうか?

町村合併が大がかりに行われています。これで集められた古文書などが紛失・処分されなければよいですが、田舎の町村の図書館に言って御覧なさい。どこそこの庄屋が記録したものとかが古文書として置いてある図書館があります。これらは教科書などには載る可能性はありませんが文化の一端を知ることはできます。
日常我々の眼に触れる歴史書に記録が残っていないから文化がなかったなどとは決して言えないと思いますよ。
本道 2005-02-28 11:46:25 No.123793
まきさま、
書き込みありがとうございます。

ネバー掲示板では、スレッドを立てたこともありませんけど?
それに、内容的には、
芸能文化を基本としていますけどね?
だれかと、間違われていませんか?
本道 2005-02-28 11:51:23 No.123800
鷹丸さま、
書き込みありがとうございます。

そうですね。
地方では、
地方歌舞伎といわれるものとか、
地方能狂言といわれるものや、
猿楽の伝統などが、
残っている集落があるそうです。

ただ、私の、先祖の居た地域では、
文化は子孫には受け継がれることがなかったようです。
それは明治維新による断絶だったのか、
室町時代のころから、
戦国時代への混乱のなかでのできごとなのかは、よくわかりません。

ただ、いえることは、
応仁の乱で、室町幕府が混乱した結果、
庶民も、あちこちに離散した傾向があるようです。
猿楽や能狂言が、
あまり庶民に伝わっていないことなども、
その辺に原因があるのかもしれませんね。
敦盛 2005-02-28 12:41:14 No.123838
本道様 こんにちは。

そういえば世阿弥が晩年に流された佐渡島は、今でも能楽が盛んですね。
伝統芸能をきちんと継承するためには、優れた教え手が必要不可欠です。そして優れた教え手になるためにはまず自身が優れた表現者でなくてはなりません。
これは本当に先が長い話ですよね。時間もかかるしお金もかかる・・・。

地方の伝統芸能について書かれたサイトです。よろしければどうぞ。

http://www.netcity.or.jp/michinoku/izakaya/data/0mokuji.html
本道 2005-02-28 14:05:35 No.123865
敦盛様、
こんにちは、
いつも書き込みありがとうございます。

地方の伝統芸能は、
かなり残っていたようですが、
現代社会の欧米化の波は、
津波のように押し寄せて、
安物のポップス音楽の流行だけを、
地方に伝えていったように感じています。

日本の芸術というものは、
1976年〜1977年の春ごろから、
ほとんど進歩していません。
むしろ、後退しているようです。

クラシック音楽も、
裾野は広がらず、
ポップス=商業音楽が、
現代は大流行ですね。


マスコミも、
そのような流れだけを演出しております。

じっくり読まさせていただきます。
ありがとうございます。
本道 2005-03-04 13:15:38 No.125500
1976年〜1977年頃に、
日本のクラシックの流れが、
停滞したままでした。
本道 2005-03-04 23:15:37 No.125714
江戸時代、
それ以前に、
文化といえば、
猿楽とか、
白拍子・くぐつなどの伝統などなのですが、
これらの芸能に携わる人は、
いわゆる漂白の民とか、
流れ者とか、そういう扱いだったようです。

人権保護法案が、可決されると、
そのことを書くのに、
伏字で書かないといけなくなります。

つまり、
江戸時代の、
歌舞伎の団十郎と、
○○○左衛門との関係とか、
そういうことを、書き込めなくなるわけです。
いわば、戦前の、
共産主義・社会主義弾圧の時代に、
伏字で、書物が流通した時代に戻ることになります。

前回は、
左翼が弾圧されましたが、
今度の法案は、
保守的愛国的なことを書くと、
秘密警察のような機関が、
取り締まるとのことです。


あと、北朝鮮による拉致の問題でも、
彼ら北朝鮮などを批判することが許されなくなります。
本道 2005-03-07 13:27:42 No.126544
閑話休題、

鎌倉武士団の、
勢いが、
すごかった時代を思い出しながら。
本道 2005-04-05 13:14:03 No.139822
鎌倉時代を、思い出しながら。
本道 2005-05-23 18:36:56 No.163420
内容的に、
マルクス主義の影響があるように感じて、
改善の必要があるようです。
夢枕 2005-05-30 14:39:41 No.166584
本道様初めまして、

日本の文化についてですが、日本人は本来無駄を嫌う傾向にあります。目に見える文化の発達があまり感じられないのは、心の文化の発達に誠心誠意尽くしてきたからだと感じています。
遺伝子に刻まれた日本人の心の生育は独特であり昔話などを通じて豊かな情操と宗教観を育んできました。世界を比較してもこれほど小さな島国で先進化しなおかつ豊かな自然を残し協調する精神を持ちえていることこそが心の文化の象徴だと思います。

常に節制と清貧を努めてきた結果だと先人に感謝の思いが尽くせません。
1
YouTube 公式サイト正式オープン ベターライフ番組表 番組配信スケジュールはこちら チャンネル桜のあの人気番組がDVDに!!