「日本文化チャンネル桜二千人委員会」発足 南京の真実
SO-TV

旧掲示板

子供の権利条約にも気をつけて!

ふじ 2005-03-14 16:10:45 No.129408
人権擁護法案とそっくりさんの条約が区レベルで密かに着々と成立しています。子供の人権を守るという名目の下、国籍条項なしの人権派が委員会を作り子供に人権教育をしたり勝手に判断して人権尊守することをを警告出来るようになるのです。男女共同参画のときのようにセンターを作る利権も絡んで与党も推進しています。公明党の素案が下敷きになることも多く虐待防止の為とうたい文句があるためどんどん進められています。そもそも設立審議委員会のメンバーが左翼活動に熱心な弁護士だったり公募で選ばれる委員が子供を使って国連に制服の不自由を訴えさせる活動家だったりしますので左翼の運動拠点になるのは必死です。皆様の身近でもこんなことがありますので区役所の広報や公開されている議事録などぜひ調べてみて下さい。すでに2,3年前からおかざり審議委員会が始められているところがあると思います。人権擁護法案と双児の子供の権利条約も水際で阻止しましょう!
有馬 2005-03-17 13:25:17 No.130894
》男女共同参画のときのように

 全くその通りですね。油断できない問題が多すぎます。
 「子どもの権利」という言葉からは想像できないような悪巧みがしかけられていること、こういうことをチェックする専門組織が必要です。
アカヒ新聞 2005-03-17 13:34:10 No.130900
おそらく異常な思想の集団やら外国勢力が関わってますね。

CHAR 2005-03-17 19:59:47 No.131119
>公募で選ばれる委員が子供を使って国連に制服の不自由を訴えさせる活動家だったりしますので
--------------------------------------

おじゃまします。
我がの主張と価値観を通したいために子供を利用する、これこそ差別これこそ人権侵害。

制服なんて、私、高校のときは自由でしたが、私服なら毎日どれ着てイコカとたいへんでしたし、結局おおかたの連中は制服でしたしね、今でもそうでしょう…
人権は守られるべきことはアタリマエでしょうけど、小学校でとりあげるようなものではないように思えます。
逆に、規律は少なければ少ないほど実社会で難儀する原因ともなるでしょう。失礼しました。
アサヒはおかしい 2005-03-18 19:47:01 No.131639
権利と義務は一対のものですから、子供の義務条約もつくるべきですよね。学業に励むとか親や教師を敬うとかね。
2005-03-28 10:32:28 No.136285
私は子供の権利も大事だと思います。

例えば親が自分の自己満足のために子供を進学校に行かせる。子供は本当はサラリーマンより職工になりたいと思って職業課程の高校を選びたいのに親は子供をエリートにしたいから進学校に行けといって暴力を振るう。こういう話はよく聞きます。

これではいくら政府・自治体がいい学校を作っても効果がありません。

また高校生にもなればアルバイトやボランティアをして社会を広く知るべきです。なぜなら社会を知らずして将来を選ぶのはきわめて危険だからです。ところが中には勉強だけしろといってアルバイトやボランティアを許可しない親もいます。ひどいところになると学校がアルバイトを禁止しています。それでは子供は世間知らずの偏った人間になってしまうでしょう。青少年が健全に育つ権利を保障するために、義務教育を終えた子には学校・就業に関して自己決定権を認めるべきです。

今の日本民法では子供は被成年後見人(昔でいう禁治産者)と同じですが、被保佐人(多額の借金など一定の行為についてのみ保佐人の同意が必要)程度に緩和すべきだと思います。

なお、義務も必要なことは同意ですが、これについては少年法を改正して暴力行為等には厳しく対処する(集団暴走などは二度やったら懲役を課す)、16歳になったら働けるのだから年金も成人の半額は納めさせる、などが必要でしょう。学業は義務教育を終えたら義務として課すのは「義務教育でないのになぜ?」ということになるので、無理に課す必要はないと思います。その代わり、いったん学校に入ったら校則を遵守する義務は必要でしょうね。特に授業中に騒いだりするのは繰り返せば即刻退学でいいでしょう。自分で学校を選べるようにするなら自分で選んだことには責任を持たせるべきですから。
吉っつあん。 2005-03-29 14:52:33 No.136858

私が中学生徒のとき、「私は高校へ行かず働きたい」と言ったところ、職員室に呼び出され、何人もの先生から、思いとどまるように説得された記憶があります。「学校では先生になるための教育しかできない」ということはあると思います。27歳以下で働いている人は「学校の競争についていけなくて労働者になった人」ということになれば、27歳までは教育の関係じょう「子供の権利主張」ができるということになりかねない。(← 一部なってる)(笑)

 高卒の進路指導で、「”手取り給与”では生活できない就職」を斡旋する人権侵害については、誰もチェックしていないようです。ただ、「勝手なことやってフリーたもしくは無職になったわけのわからない若者」ということで、新聞テレビも協力して「人権侵害のし放題」の世情であります。

 国際人権に頼らず、日本在住の国民で「話がまとまる」ことがないかぎり、この問題は「スベル」ばかりです。未成年の人権については「社会人権」との関係問題設定に誤りがあるのではないでしょうか。「搾取社会」ということではなく、別な「ファッショ」の問題があるように思います。多様な意見が無いのが「子供の人権問題」の特徴でもあります。



■!白票党
吉っつあん。
y_hukumura@yahoo.co.jp
http://www.infoseek.livedroor.com/~hukumura/main.html
情報のみ失礼! 2005-04-01 10:24:15 No.138178
《子供の権利侵害:東京弁護士会が産経新聞に要望書》
 
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20050401k0000m040107000c.html
ふじ 2005-04-02 09:02:32 No.138591
皆様、御投稿ありがとうございます。先日、豊島区の設立委員会の説明会に行って分かった事ですが委員が片寄った思想の持ち主の面々であることがはっきりしました。
(権利ばかりで義務がうたわれていない、)という質問に対しての答えは(日本の憲法は戦争反対を主張する人を国の権利から守るためにあり、もともと義務はうたわれていない)(大人の子供に対する差別とは?)の質問には(長男次男の差別、先生のえこひいき、国籍が違う名前を呼ぶ時の差別です)と回答。説明書には左翼キーワード(自己決定権)(市民性教育)等満載です。親が子供のプライバシーを保証しなければ勧告される日本にしていいでしょうか。よろしかったら抗議faxお願いします。豊島区子供家庭部03ー5391ー1400、教育委員会03-3981-3019、豊島区長03-3981ー1375です。豊島区のホームページに会議録が載っています。
ふじ 2005-04-02 10:16:45 No.138612
風様
子供にも権利は必要ということは良く分かります。
<例えば親が自分の自己満足のために子供を進学校に行かせる。子供は本当はサラリーマンより職工になりたいと思って職業課程の高校を選びたいのに親は子供をエリートにしたいから進学校に行けといって暴力を振るう。こういう話はよく聞きます。>
それは親子関係の問題ではないですか?。家族という深い愛情関係だからこそ太古の昔から複雑なのです。それを人権という法で簡単に答えが出るものでしょうか。真の愛情で注意深くみつめてやればむしろ期待をかけられて伸びる子もいます。人権では解決できない毎日の積み重ねや文化の問題ではないでしょうか。

<これではいくら政府・自治体がいい学校を作っても効果がありません。>
箱もの行政はやめて頂きたいということでは賛成です。
<また高校生にもなればアルバイトやボランティアをして社会を広く知るべきです。なぜなら社会を知らずして将来を選ぶのはきわめて危険だからです。ところが中には勉強だけしろといってアルバイトやボランティアを許可しない親もいます。ひどいところになると学校がアルバイトを禁止しています。それでは子供は世間知らずの偏った人間になってしまうでしょう。>
おっしゃる通りです。社会貢献の精神は子供のうちから教えるべきですね。
<青少年が健全に育つ権利を保障するために、義務教育を終えた子には学校・就業に関して自己決定権を認めるべきです。>
しかしそれはあくまで家族内できめる事であって公で決めることですか?又子供が親に逆らって働く権利を保証する必要がありますか?親に逆らってまで働きプレッシャーを感じつつ自分の意見が正しかったことを証明するのも生き方の一つです。親も子供も権利ではなく真の意味で強さが必要なのではありませんか。
今家庭や親がおかしくなってきているのは事実だと思いますがそれはむしろ間違った戦後教育の結果であって受け継がれてきた日本の家庭教育力を再度、重視する必要があるのではないでしょうか。
チュー公 2005-04-02 21:36:19 No.138815
う〜ん、なるほど
ふじ 2005-04-03 10:24:37 No.138987
チュー公様
読んで下さってありがとうございます。疑問に思われる事も指摘して下されば私も勉強になりますのでよろしくお願い致します。
チュー公 2005-04-03 15:01:44 No.139077
 ありがとうございます
チュー公 2005-04-03 15:10:53 No.139081
うがった見方かもしれませんが、革新系の人々が、1990年代初頭の社会主義の崩壊以降、自分たちのエネルギーのぶつけどころを失い、環境、人権、フェミニズムなど何でも良いからとにかく反体制的な言説に活路を見出そうとして、もがいている様に思えます。
ふじ 2005-04-03 20:25:52 No.139158
チュ−公様
うがった見方ではなく正にその通りだと思います。ところが彼等はさすがに市民煽動運動は巧みで、普通の人々が善意で彼等の運動を熱烈支持しているのです。先日の説明会でも児童虐待から守るために、とか子供は皆平等、性知識もきちんと教えなくては、等という言葉に酔った熱心な主婦達が大勢おしかけて人権運動の底に流れている家族解体、日本崩壊の狙い等全く信じられず反論には場内笑いの渦という状態でした。条約の字面だけでは確かにうまく書いてありますからね。
チュー公 2005-04-03 23:53:57 No.139248
そうですね。
 もともとこれらの進歩的言説というのは次のような筋道で説明できるように思えます。
 ロシアの社会主義革命は当時の革命家たちが期待していたような世界革命に発展することにはなりませんでした。
 その理由を当時のドイツのフランクフルト大学のマルクス主義研究所に属する学者たち(彼らをフランクフルト学派といいます)は、マルクスの言うところの上部・下部構造の問題として捉えました。すなわち社会主義を実現させるためには、単に政治体制の改革にとどまらず徹底的に既存の文化や価値観を壊してしまうことがまず必要と考えましたのです。そのためにはそれらの源泉である家族制度を壊してしまうべきと考えました。
 第二次世界大戦が始まり、フランクフルト学派に属するユダヤ系の研究者はアメリカに亡命しました。亡命先のアメリカはマッカーシズムの真っ最中であり、彼らは正面切って共産主義を主張することは出来ませんでしたので、巧妙に伝統的な価値感を破壊するイデオロギーを生み出し広げていきました。これが後に形を変え、フリーセックス、フェミニズム、カウンター・カルチャー、市民運動、平和運動、公民権運動、環境保護運動などに結びついて行きます。現在、これらの運動家たちが自覚しているかは分かりませんが、こういった運動を立ち上げていった人々の目指すところは文化革命なのです。
 従ってふじ様が危惧されている「子供の権利条約」といったものも、巧妙な思想的誘導が隠蔽されているということも十分に考えられると思います。
チュー公 2005-04-03 23:56:02 No.139249
訂正します
「まず必要と考えましたのです」
→「まず必要と考えたのです」
ふじ 2005-04-05 08:20:41 No.139733
人権侵害とは人権侵害!と叫べば人権侵害になる。
これは昨日の人権擁護法案反対集会にてのべられたことです。曖昧な定義で決まる子供人権条約が策定されようとしています。皆様どうぞ抗議のfaxで御協力お願いします。
豊島区家庭部子供課03-5391-1400
同   教育委員会03-3981-3019 
同   区長   03-3981-1375
えと。。通りすがりなんですけど 2005-08-03 10:42:28 No.198821
ここで児童権利条約について反対されているようですが、
その根拠はなんですか???

人権擁護法案のときも思ったんですけど、
反対派の人って何の根拠もなく、
法律にただ反対している気がします。

人権擁護法案についても、
誤った情報(デマ)や、
誤解・偏見などが横行していました。

私は福祉系の大学の学生ですが、
児童権利条約のおかげで、こどもの権利が確立されたと
習っています。

インターネット上の情報には偏った情報・
誤った情報も多いので、
客観的にみることも必要なのではないでしょうか?
ふじ 2005-08-03 10:59:59 No.198828
通りすがり様

<児童権利条約のおかげで、こどもの権利が確立されたと
習っています。

お習いになった子供の権利とは具体的にどういう権利のことでしょうか。根拠のある御説明をしたいので私にも分かるように具体的に教えて下さい。
夢枕 2005-08-03 12:59:09 No.198865
簡単に翻って考えれば、親の子育ての義務と子供の親に対する依存の切り離しですね。

組織形態を重んじるあまり、親子の親愛や兄弟の親愛が邪魔になります。

一党独裁の段階を経つには指導者のみに存続意義と主体性を持たせ家庭内による主権「父性」(男らしさ)「母性」(女らしさ)の徹底的壊滅を図っているのでしょうね。

いかがわしさが漂っています。
素朴人 2005-08-03 18:16:02 No.199009
子供の権利とは
 幼少期から重労働させてはいけない
 軍事に参加させてはいけない
 虐待してはいけない
 肉体に危害を加えてはいけない
   (不具者にして、乞食をさせるなど)
 性的対象にしてはいけない
 教育を受けさせなくてはいけない
 など
といった類の基本的なものである。

それが、知的障害者(ある種の弁護士、教師など)にかかると、

「私がありのままでいる権利」「子供の自己決定権」

といった妄想が出てくる。
子供の人格を認めようというのも同類である。
子供には、大人のような人格など無い。人格養成中である。

共産主義者、唯物主義者(上記知的障害者に入る)などが
子供の権利をダシに親から引き離すことを目論んでいる。
要するに、歴史伝統文化から引き離し、禽獣化しようと
しているだけである。
あとは、これを利権化して、儲けようと考えているか反日かの
何れかだ。

知的障害者というのは、決して冗談で書いている
わけではない。
彼らは、気の毒なことに、あるところから先は、思考が
停止してしまうようだ。

小生の考える子供の人権侵害
 1.子供の消費欲を過剰に刺激するテレビCM.
   子供の化粧品他
 2.幼少期からのテレビ漬け、ゲーム漬け
 3.基本的しつけの欠如(しつけない親は子供をスポイルする)
    ある一定期間、黙っている、座っている。
    まっすぐ歩く。回りを汚さない。大人に従うなど
    上記訓練しないことは子供が人間としてまともに
    育つ素養を涵養しないという意味で人権侵害である。

 4.性教育(性に関するしつけでなくてはいけない)
   程度の低い教師や文科省の役人如きの強制は
   人権侵害である。
   崇高な人間性の発達を阻害する。

 などである。
やすやす 2005-08-04 00:51:04 No.199231
夢枕さんへ

「一党独裁の段階を経つには指導者のみに存続意義
と主体性を持たせ家庭内による主権『父性』(男らし
さ)「母性」(女らしさ)の徹底的壊滅を図っている
のでしょうね。

いかがわしさが漂っています。」

とありますが、ウィキペディアによれば、
「ユニセフによると、締約国となっていない国は、
ソマリアとアメリカの二カ国のみである。
(両国とも署名はしている。)」
との事。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%AE%E6%A8%A9%E5%88%A9%E6%9D%A1%E7%B4%84

でもって、ユニセフのHPで見たら、
「ア行」だけ見ても、
イタリアとか、英国とか、オーストラリアとか、
およそ「一党独裁」とは程遠い国々が
批准してるんですけど…。
http://www.unicef.or.jp/kenri/teiyaku.htm
大人 2005-08-12 14:36:44 No.205474
子供の権利条約は児童を対象としており、その年齢制限はその国の法にゆだねられるものとなっています。
この条約の拡大解釈で少年法の精神と合致だとか、人権屋の詭弁が世に溢れています。
人権、福祉、子供、老人、こういう言葉を使うと日本では比較的反論できない風潮がある。
しかし、人権屋が主張しているのは人権なのか既得権なのか、特権なのか、よく見極める必要がある。
1
YouTube 公式サイト正式オープン ベターライフ番組表 番組配信スケジュールはこちら チャンネル桜のあの人気番組がDVDに!!