「日本文化チャンネル桜二千人委員会」発足 南京の真実
SO-TV

旧掲示板

西太平洋条約機構

M 2005-03-15 14:39:23 No.129877
いまだに敵国条項を温存して、日本民族に対して法的民族差別をおこなう連合国には、効率的で効果的なアチェの復興は無理ということであろうか。

インドネシアの要請という形で、自衛隊がアチェの委任統治をおこなうことはできないものであろうか。

海上保安庁では、能力不足でどうにもならない。

統治原理を理解できない連中と、いつまでもくだらない論議を繰り返しも意味がない。

インドネシア軍に武器などの提供をおこなうことで、インドネシア軍の待遇を改善して、志気を高めてインドネシア国民の信頼感を勝ち取るのであれば、インドネシア国民やインドネシア軍の反発は、ないのではなかろうか。
2005-03-16 15:28:39 No.130416
現実的ではないが、イリアンジャヤに西太平洋の豊かなキリスト教徒の新たな国を、建設していただけないものであろうか。

わが国のキリスト教徒の能力は、ゆとり教育の騒動を見れば分かるのではなかろうか。

短期間で、強力なキリスト教国が建設できるのではなかろうか。

当然、わが国の海上輸送路の沿岸国はイスラム教国となって、過激派が戦う理由がなくなるのである。

アメリカの協力を得て、わが国と連携したインドネシアであれば、人民解放軍が安易に冒険に出ることはなくなるのではなかろうか。

現状のままでは、どうにも心もとない。
2005-04-06 15:07:56 No.140362
現在の局面で郵政公社の民営化を最重要と判断するようでは、総理大臣の強運も限界ということであろうか。

田舎者がみても、国債価格が暴落して、膨大な国費を投入し獲得した、わが国再生の切り札である特許を、外交企業に売り渡す結果になることは、ほとんど確実と予想できる。

どうせ国債価格を暴落されるのであれば、日本銀行が国債と公債を買い取って、債券放棄をやってくれると、日本国政府も地方も赤字財政から解放されて、まともな行政が可能になる。

農林水産業の国際競争力が、回復するくらい円が暴落するのは大歓迎である。

石油価格が割高になるので、否応なく地熱エネルギーの開発を加速することになり、浄化槽で発生するメタンガスを利用する燃料電池による、分散型電力供給体制が可能になる。

当然ではあるが、日本株と外国株を交換できる制度の改悪は、わが国の状況が安定するまで、凍結していただかなくてはなりません。

話が変わりますが、もう一度北朝鮮に訪問していただいて、金氏に自治区の建設を認めていただき、わが国におられる朝鮮人に向かって帰国命令をだしていただいて、帰国事業を行ってはいかがか。

わが国の政治に内政干渉を繰り返す能力があれば、独力での国家建設も不可能ではありますまい。

わが国としても、財政的負担を要求されることはありませんし、凍結した彼らの資産を適切に凍結解除して、送金してやるだけなので困難はほとんどない。

愚かでなければ、金氏と側近は、わが国とほとんど変わらない体制の中で、存続できるのではなかろうか。
2005-04-17 14:45:10 No.146104
本年は、日露関係改善の好機と誰もが考えているので、なおさら好機ではなかろうか。

国家指導者たるもの、この大事業に挑戦して、名をとどめるべきではなかろうか。

というわけで、田舎者のように樺太と千島列島すべての返還を、要求しているわけでもないのに、ロシア側が不当な要求と語るのは、いかがなものであろうか。

やる気がない外務省が要求しているのは、北方四島だけで、抑留などという野蛮な行為に対する、損害賠償も要求していない。

ウクライナの選挙結果を容認しておいて、北方領土を返還できないというロシア側こそ、不当な人種差別ではなかろうか。

このままの状態が継続するのであれば、沿海州は華人の不法滞在者に乗っ取られ、シベリア鉄道の価値が半減するのではなかろうか。

両国関係が改善して、わが国の経済援助を受けることになれば、短期間で本来の能力を発揮して、簡単にWTO加盟を実現できるのではなかろうか。

何が何でも、返還と言う言葉が嫌だというのであれば、サハリンを日本連邦に参加するという前提で、分離独立させてはいかがであろうか。

当然、安全保障や外交においては、日本に協調していただき、日本語を第二公用語に採用していただかなければならない。

サハリンは人口が人口なので、短期間でわが国と同等か、わが国以上の生活が可能になるのではなかろうか。

どうしても不安なら、核弾頭装備の移動式中距離弾道弾などを配備すれば、何も問題ないのではなかろうか。

ロシアとすれば、日本の国会内に議席を獲得するようなもので、的確な情報を元に安全保障や外交戦略について、的確な政策決定が可能になるのではなかろうか。

日本としても、おかしな情報を根拠に暴走されるより望ましい状態であり、貿易の仲介役を獲得できるので、こんなところで満足しておくのが賢明ではなかろうか。
2005-04-24 14:44:13 No.150470
福岡の補欠選挙で山崎氏が勝ったとしても、総理の郵政民営化路線が認められたという話には、ならないのではなかろうか。

なぜなら、福岡が朝鮮の裏口に成り下がったとはいえ、「朝鮮を国会議員に選ぶほど愚かではない」という程度の話ということではなかろうか。

本来であればありえない福岡地震などは、この国を守るために人柱となった護国の鬼たちが、怒り狂っているように見えてくる。

大陸における反日暴動の原因が、アメリカの韓国系組織の策謀という報道が事実であれば、とんでもないバランサーである。

竹島問題で関係悪化が深刻になって、通貨補償の取りやめとか、完全な国交断絶などという事態になれば破滅である。

いい加減、同和や朝鮮が特権階級であり、日本民族こそが差別対象となっている現状に、目覚めるべきではなかろうか。
2005-04-26 13:55:51 No.151543
新党待望論は、小沢氏同様共産党の対日戦略そのままに、保守勢力の分断という望ましくない結果になるのではなかろうか。

現状打破の特効薬は戦争なのだが、占領統治法を平和憲法とありがたがっているわが国では、なによりも困難な話である。

そういう意味では、竹島の不法占領問題は突破口になりうる、かなりありがたい状態ではなかろうか。

日本国全体の保守化傾向が加速されなければ、わが国に期待に値する政党の登場はないのではなかろうか。
2005-05-03 20:13:24 No.155314
大陸や半島の変わりはあるが、インドネシアの変わりはない。

アメリカとインドネシアだけは、いかなる努力を行っても敵にならないのが、懸命な選択ではなかろうか。
2005-05-04 10:01:07 No.155510
訂正

外交企業→外国企業
変わり→代わり
2005-05-04 11:05:40 No.155529
わが国の食品業界は、同和や朝鮮のようないかがわしい連中の影響が強い、いい加減な業界なので、アメリカの食品業界が、市場原理の通用しない厄介な業界であっても、それほど驚くことはない。

アメリカとの関係は重要だが、食品の安全性はもっと重要なので、危険な牛肉の輸入は丁寧にお断りしていただきたい。

代わりといってはなんだが、サトウキビかコーンを原料とした、エタノールを輸出していただけないかと提案してはいかがか。

食用油の廃油とエタノールを混合して、ごみ回収車の燃料とすることを義務とすれば、ある程度の需要が確保できるのではなかろうか。
2005-05-05 14:34:36 No.155990
国共合作が始まったので、台湾政府としては、日本国政府に、中古の潜水艦の払い下げくらい認めていただかないと、台湾独立の可能性は、ほとんど無くなってしまうのではなかろうか。

日本人の性格からして、完全な管理と運用なしに、不当に性能を過小評価されるのは容認できないので、軍事顧問団を派遣するなり、研修生を受け入れるなりして、本来の性能を確保することとなり、実態として軍事交流が始まるのではなかろうか。

当然アメリカとしては不愉快な話なので、割安になって余裕のできた分を、PAC3の追加購入に予算配分すれば、調整も可能ではなかろうか。

わが国としても、調整しておかなければならないので、石垣島を高級保養地として再開発して、住宅と職場を確保し、与那国島と西表島の住民に移住していただいて、西表島を演習場とし、与那国島を要塞化して、日米の即応部隊が共同使用できるようにできれば、アメリカ側の調整に好都合ではなかろうか。

当然これだけの計画を実行させるためには、それなりに日本人を感激させなければならない。

例えば、国民党が南京大虐殺の捏造宣伝を行ったことを認めて、靖国神社にて謝罪していただくというのはいかがであろうか。
2005-05-12 16:04:47 No.158932
華人や朝鮮人が、あのように嫌だというのであれば、嫌みがいえるATMという立場も、案外利用できるのかもしれない。

とは言っても、外交上の売国的な譲歩の口実にされては迷惑である。

40代になるまで外人部隊で生き残った男が、イラクの状況が悪化しているとはいえ、待ち伏せ攻撃で身柄を拘束されるという話は、違和感なしに納得できるような話ではない。

影であるはずの外人部隊がメディアに登場して、あれこれ雄弁に語っている様子にも違和感がある。

よりにもよって、わが国の国会で重要な法案が論議されているときに、わが国の馬鹿メディアをさらなる馬鹿状態にする、大事件が起こらなくてもよろしいのではなかろうか。

郵政公社の民営化法案や人権擁護法案が、教育基本法の改正案より重要とは大笑いである。

確かに、愛国心のない政治家や官僚に愛国心について語られると、かなり気分が悪くなる。

とは言っても、わが国の教育機関は、日本国籍さえ疑わしい連中の反日宣伝工作機関になり下がっているので、放置しておくような無責任な真似も許されない。

田舎者としては、明治、大正、昭和、歴代陛下の折々のお言葉と御歌と、戦犯と侮辱されている男たちの遺言を副読本として、毎朝の朗読を慣習にしていただけるとありがたい。

いい加減、組織的にわが国に不法に入国し、繁華街を不法占領している侵略者を、在日と呼ぶのはやめていただきたいものである。

亡命帰化人を渡来人と歪曲して、文化工作に懸命な反日工作員を、喜ばせてやることはないのではなかろうか。

ある程度占有できれば所有権を獲得できるという論理が、許されるのであれば、北方領土問題も竹島問題も解決ではなかろうか。

異民族の侵略行為に時効があったとは、大笑いである。
2005-05-29 14:43:15 No.166193
適切ではないが的確な表現なので、いまだに解っていない人達のために語っておきたい。

華人や朝鮮人は、調教できていない犬と同様に、放置しておくと自分を我々よりも上位と考えてしまうので、適切に調教してやられないと話にならない。

笑えるほど深刻な環境汚染問題、強欲で昆虫並の生殖能力を誇るために発生する砂漠化問題、事実をありのままに報道できない抑圧体制と衛生観念のない国民性が原因で発生する疫病、どれもこれも深刻すぎるので独力では解決不可能である。

わが国としては、損害を限定的なものにとどめておくために、適正な距離を保って国民保護政策を強化する方向が望ましい。

2005-05-29 15:33:06 No.166209
インドネシアとのEPA協定が早期に提結され、相互信頼関係が確立された段階で、自由貿易地域でもを開発できるようになれば、反日暴動の危険にさらされながら、ほとんど利益の出ない大陸への投資を削減できる。

インドネシアがおかしなことにならなければ、彼らの幸福は我らの幸福、理想的な同盟相手である。

わが国のように外国の軍隊に警戒心がないのも大問題だが、わが国に対して警戒心がありすぎて、過激派勢力や共産勢力の勢力拡大を援助する結果になっている、インドネシアの態度はいかがなものであろうか。

華人や朝鮮人の内政干渉に悪戦苦闘しているわが国を、あまりにも過大に評価しているのではなかろうか。
2005-06-01 19:01:51 No.167619
日米安保体制もNPT体制も機能不全となっている。

核武装した犯罪組織と交渉する場合、こちらも核武装しておかなければ交渉にならない。

そろそろ、予備調査くらいはおこなってもよろしいのではなかろうか。
2005-06-01 19:59:39 No.167636
構造改革を語るのであれば、郵政公社の民営化などより、占領軍が国家反逆の犯罪組織を合法化して構築した、間接統治体制を破壊して、官庁の再編を続行すべきではなかろうか。

特に国土交通省と農林水産省を防衛庁が取り込んで、防衛、防災、防犯、防疫を考慮したまともな国土建設を行っていただきたい。

日米の軍事協力を効率的にやろうと思えば、このように再編しておくと好都合ではなかろうか。

選択的徴兵制度を導入して、軍事訓練が嫌な者は、農林水産業などの国防産業で奉公されてやれば、学ばないし働かない若者の問題は解決できるのではなかろうか。

農林水産業が国防産業であるという話が、理解できない人達のために語らせていただくと、いかがわしい教団にかその山村や離島が乗っ取られた状態を想像していただきたい。

かなり怖い状態ではなかろうか。
2005-06-02 09:46:50 No.167863
北側大臣は、華人や朝鮮人の入国審査を緩和することに忙殺されて、交通機関の安全管理をないがしろにした結果、大量の鉄道事故の犠牲者をだしてしまった。

日韓友情年などという外交的茶番のために、外国人密漁者を取り逃がして、まともな領海警備の任務遂行も困難であれば、更迭されてしかるべきではなかろうか。

北朝鮮は、国民を食べさせることさえできない、くだらない国ではあるが、国家や民族の名誉を守るための、国家戦略や外交戦略については、学ぶべきものがあるのではなかろうか。

「花より団子」も程度が過ぎると、国を滅ぼす結果になるのではなかろうか。

開放的で温厚なアジアと華人や朝鮮人は、全く異なる存在であって、彼らがアジアを語ること自体奇妙なことである。

彼らとの関わりは、彼らがもたらす厄災を最小限にとどめるための方策であってしかるべきである。
2005-06-10 11:34:42 No.172340
インドネシアが、おかしな雲行きになってきた。

P5の本音は、「船頭多くして、船山に登る」程度で、「どうせ華人が、日本人の常任理事国入りを認めるわけがないので、この機会を利用して外交上の譲歩獲得に利用させていただこう」ということではないかと、考えている田舎者にとって、常任理事国入り反対そのものはどうでも良いことだが、日本国民の反発を買うのは望ましい話ではない。

なにより、日本国以外の国は、世界最大のイスラム国家の解体を望んでいることを、全く理解していないということは大問題である。

過激派勢力や共産勢力の台頭、宗教対立の再燃は確実となり、インドネシアの混乱は、効果的な対日妨害工作の一つであることを、証明することになるのではなかろうか。

腐敗構造の徹底的な解体は望ましい話だが、腐敗しているから対立が顕在化しない側面があることを考慮しておかないと、愛国的な行為のつもりが、国家解体のきっかけになりかねないのではなかろうか。

わが国のキリスト教徒には、真剣に西太平洋に強力なキリスト教国の建設を考えていただけないものであろうか。

常任理事国になれなくても、今回の政府の試みは無駄ではない。

これ幸いと分担金を一割程度に削減して、軍備拡張するなり、教育予算を増額するなり、連合国に資金提供するよりましな予算配分が可能になる。

自動販売機も置いておけない国の官僚が、わが国以上に腐敗していないと信頼する根拠とは、いかなるものであろうか。

敵国条項さえ削除していただければ、何も問題はありません。

アメリカを信頼しすぎて、連合国を脱退すると台湾のような状態となり、国家存続を危険な状態に陥れるだけではなかろうか。
2005-06-10 15:34:25 No.172407
異民族統治の歴史が繰り返された大陸や半島に存在するのは、国民国家の体裁を整えてはいるが、実態としては犯罪組織の連合体が存在する位に理解しておけば、対応を間違うことがなくなるのではなかろうか。

これまで数々の二国間条約が締結されたが、彼らがまともに条約を守ることはない。

連中は、アメリカが国家反逆組織を合法化して構築した、間接統治体制と連合国の敵国条項があれば、わが国が軍備拡大して報復することはないと、確信しているからではなかろうか。

さらにわが国に無脊椎管状生物の大量発生が起こったことが、これほどまでに話が複雑になっている原因ではなかろうか。

わが国にまともな政治家や官僚がいた時代には、このように馬鹿げた騒動は起こっていない。

厳格な身元調査を行えば解決する類の話ではなかろうか。

奴隷民族の血が濃い、それとも奴隷民族のままといったところであろうか。

特別扱いもいい加減にしていただかないと、治安回復どころか、武装市民による外国人の強制排除などという悲しい結末になりかねない。
2005-06-17 14:28:50 No.175449
郵政公社民営化の論議は、何度聞いても全く理解できない。

当然の結果として、総理の靖国神社参拝と常任理事国入りは、郵政公社民営化法案や人権擁護法案などの売国政策遂行のための、対保守用目くらましではないかという疑念が晴れない。

交通機関の安全管理や領海警備をないがしろにして、華人や朝鮮人の入国審査を緩和し、日帰り犯罪旅行の利便性確保や、不法滞在でありながら特権階級という、奇妙な朝鮮の組織拡大に懸命になっておられる北側大臣。

日本国民の生存権や財産権には関心を示さず、日本国籍も疑わしい犯罪者の人権擁護と、反日感情に取り憑かれた厄介な外国人に日本国籍を与えて、喜んでおられる南野大臣。

疑わしい話であればいくらでもある。

靖国神社参拝についても、当社アメリカの大統領は、総理をともなって靖国神社参拝をおこなうという計画があったらしいが、外務省の妨害もしくは総理の臆病な性格が原因で、明治神宮参拝に変更されたという話がある。

この話が事実なら、総理が、戦犯と侮辱され続けている男たちの名誉回復の好機を奪ったのであり、任期中くらいは靖国神社参拝を続けて、名誉回復をおこなうくらいは当然ではなかろうか。

それもこれも、わが国の領土を不法占領しながら、我国に対して不当な内政干渉を繰り返す韓国に対して、どういう意志表明をおこなうかで明確になるであろう。

東南アジアで人質事件が発生したときは、またもや総理の強運発動かと驚かされたが、犯罪者の人権擁護ばかり強調する馬鹿メディアの存在しない東南アジアでは、簡単に制圧されて一件落着である。

もうそろそろ、その正体が明らかになる。
2005-06-26 18:39:46 No.179382
いい加減な経済政策と労働政策によって、年間三万人の日本国民を自殺に追い込む一方、朝鮮人の入国審査を緩和して不法滞在を増加させ、結婚などの方法によって日本国籍を獲得させ、わが国が連中に生活保護を与えている現状は、政府自ら外患誘致や外患援助をおこない、異民族による侵略行為を代行しているだけではなかろうか。

この国は、創価学会や統一協会のためにあるわけではない。

もちろん、朝鮮総連や民団のためにあるわけではない。

わが国の歴史研究と華人や朝鮮人の歴史小説を同列に扱うのは、あまりにも愚かで語るべき言葉もない。
2005-06-26 20:47:16 No.179428
本来、日本国政府によって、開戦に至る経過や戦争遂行の実態を検証して罪があれば、社会的もしくは実際に死んでいただくなり、適切な処偶があってしかるべきだが、どういうわけか占領軍が、事後法まで制定して、あわてて彼らの首をつってしまった。

真相の隠蔽ではないかと疑われても、致し方ない状況ではなかろうか。

講和条約は、占領政策としての魔女裁判を容認し、報復をおこなわないと確約すれば、国際社会への復帰を認めてやるという不平等条約で、しかも、おかしな行動をとれば、連合国の許可なく攻撃しても構わないという、敵国条項を加えたふざけた代物である。

いくら何でも、敵国条項くらいは何とかしていただかないと、ばかばかしくてやってられない。
2005-06-28 13:45:11 No.180021
実名ネットだの裁判員制度だのと、この国の治安当局は大丈夫なのであろうか。

国会議員でさえ簡単に謀殺される状況で、どうやって一般国民が圧力団体の脅威からわが身を守りながら、公正な判決を下し、言論の自由を確保するのであろうか。

違法賭博を違法ではないととぼけて、公金を流用するのも当然かもしれない。
2005-07-01 11:12:06 No.181048
「女性法王を認めろ」などとヨーロッパで声高に語っておれば、殺されても仕方がない。

「女系天皇を認めろ」などと日本で声高に語っておれば、殺されて当然なのだが、幸か不幸か敗戦国日本には、それほど元気すぎる愚か者はいなくなってしまった。

五.一五事件や二.二六事件の結果を見れば、このような手法は国益にならない。

どちらかと言えば、天皇陛下の立場は法王の立場に近く、ヨーロッパの王族はわが国における藩主の立場に近い。

他国の管理下に置かれ国柄が変わるのが嫌で、馬鹿殿様も容認されて、お家大事の馬鹿話も黙認されるわけである。

というわけで、ヨーロッパ統合程度の話は、北海道と沖縄県を統合した時点で完了しているのではなかろうか。

樺太と台湾も統合していたのに、朝鮮半島にかかわったために失ってしまった。

なんとも割が合わない話である。

ローマ帝国の最大版図である環地中海世界を統合したとか、アフリカも統合したという話であれば、東アジア共同体の参考になりうるのではなかろうか。

わが国の有識者なる者が政策提言を行った結果、日本民族が幸福になった話は聞いた事がない。
2005-07-01 12:22:48 No.181063
参議院議員は、25歳以上の旧宮家の方々と、千年以上この国に定着している教団の代表と、旧帝国大学の学長になっていただいて、人事院を直括していただき、日常的に国会議員や幹部官僚の身元調査を行ってもらい、いかがわしい人物を駆除していただければ、もっとまともな国政が期待できるのではなかろうか。

衆議院議員は、政治的安定と民主体制や法治体制が前提になっている、市場原理を過度に信頼しすぎるナイーブな政治家ではなく、冷徹に統治倫理に従って状況をを判断できる本物が望ましい。

最低限度の歴史認識と軍事情報を確保しておられる政治家は、好意的に評価しても百人前後というところであろうか。

煩悩は百八と相場が決まっているので、百八議席ということでいかがであろうか。

会計監査院を直括していただいて、日常的に行政監査を行えば、現在のような無秩序な財政から、脱却できるのではなかろうか。
2005-07-01 12:26:58 No.181064
訂正
統治倫理→統治原理
2005-07-07 13:58:53 No.183556
何を根拠に侵略者である朝鮮人の不法占領を黙認して、生活保護までおこなうのであろうか。

歴史を捏造して反日教育を施す愚かな政策をやめるという条件で、温暖化防止のためにわが国の技術を供与するというのであれば理解できるが、接収されて所有権さえない化学兵器まで処理してやらなければならないのであろうか。

構造協議などと呼ぶと立派な話だが、実態は一方的な内政干渉ではなかろうか。

アメリカは、メートル法も導入しないし、とぼけた特許制度も温存したままである。
2005-07-07 19:48:24 No.183686
オリンピック開催の抽選会を見ていて思いついた。

わが国は、ワールドカップにおいて代表枠を拡大するためにも、西太平洋諸国の枠組みでスポーツをおこなってはいかがであろうか。

スポーツは、公正な審判のもとで楽しみながら、相互に信頼関係を構築するものでなければ意味がない。

さらにアジア開発銀行の出資金を三分の一程度に削減して、西太平洋海域開発銀行を創設し、西太平洋海域の環境保護に配慮した開発をおこなってはいかがであろうか。

捕鯨反対をおこなわない、遺伝子操作をおこなっていない穀物飼料を供給する、わが国の安全監査を受け入れるなどの条件を受け入れるのであれば、オーストラリアにわが国への肉の供給の特典を与えてはいかがであろうか。

オーストラリアで健全な形で成長させて、国内である程度肥育してやれば、安全性も風味も問題ないのではなかろうか。

南北アメリカからの農産物は、プラスティックや燃料という形で供給していただければ、貿易摩擦は回避できるのではなかろうか。
2005-07-14 15:08:45 No.186957
未確認情報で申し訳ないが、靖国神社には鎮霊社とかいう、西郷先生や白虎隊のように、日本国が近代国家に脱皮する過程で犠牲になった人達を祀る社が存在するらしい。

時間と興味のある方は、確認していただきたい。

この話が事実なら、立派な社殿に建て替えてやって、強敵であればあるほどたたり神として祀る、神道の荒技を強調してやれば、靖国神社が軍国主義復活の象徴という馬鹿話から解放されるのではなかろうか。

神の道はそれぞれあるが、わざわざ争いを望めば口実くらいはなんとでもなるので、天皇家が登場して、和をもって尊しとなされているのではなかろうか。
2005-07-23 15:02:29 No.192017
死体損壊に嫌悪感を感じて、司法解剖を嫌がる日本国民に、他人の死と死体損壊を前提とした、臓器移植医療を強要されては迷惑である。

それでなくとも、とめどなく増大する医療費に財政を圧迫されているこの時局に、馬鹿げた高額医療を推進する余裕があるのであれば、小児科医を増員するなり、児童福祉予算を増額するなり、限られた予算で効率的に最大限の救命が可能になるのではなかろうか。

いまだに免許の更新制度も導入できず、くだらない医療過誤を繰り返す犯罪者から、免許をはく奪できないわが国の医学業界の倫理観に期待して、臓器売買を目的とする殺人という悪魔的な犯罪を助長するのであろうか。

日進月歩の医学業界でありながら、細分化や専門化に対応できるだけの人材供給を怠り、人材不足を理由として、反日感情にとらわれている外国人の採用を要求するような連中に、またもな倫理観が期待できるのであろうか。
2005-07-23 15:45:26 No.192043
訂正
またもな→まともな
2005-07-26 16:09:27 No.193974
「小泉死すべし」

もちろん、政治的に死亡していただければ良いのであって、現実に死亡する必要はない。

わざわざ、華人や朝鮮人を喜ばせてやるのも気分が悪い話ではあるが、到死率50%ともいわれる、厄介なインフルエンザの流行が懸念されているこの時局に、緊急事態基本法を先送りにして、緊急性のない郵政公社民営化法案に固執していること自体、日本国最高司令官の責務に耐えうるだけの状況判断能力を、喪失しているということではなかろうか。

このインフルエンザは、普通に老人を死亡させるのではなく、三十五歳以下を死亡させる可能性が高いらしい。

つまり、わが国の少子高齢化をより深刻な状況に追い込んで、わが国を破滅させる可能性さえあるわけである。

創価学会による全体主義体制を構築するための、いかがわしい人権擁護法案を審議する危険を犯したり、「外国人に参政権を与える」などと公約するような、国民国家の認識さえない岡田民主党に政権交代する危険を犯す余裕などあるわけでない。

安倍氏あたりの説得に応じて、状況判断の過誤を認めて郵政公社民営化法案を棚上げにし、緊急事態基本法などの重要法案を優先できるようであれば理想的だが、民営化法案に固執して参議院で否決されたら、8月15日の靖国神社公式参拝という公約を達成してから総辞職すれば、戦後日本の馬鹿状態に挑戦して突破口を開いた総理として、歴史に名をとどめるのではなかろうか。

参議院で可決されることはないと判断するのは、このような法案を良識の府として圧倒的多数で否決しておかないと、参議院の存在価値を誇示することができないで、参議院の廃止ということになりかねないからである。
2005-07-26 16:20:24 No.193983
訂正
余裕などあるわけでない→余裕などあるわけがない
2005-07-26 17:07:43 No.194012
郵政公社民営化法案の問題点は、適時適切ではないということである。

膨大な公的資金と預金者の金利収入の横取りで、何とか経営を維持している、無能で無責任な民間銀行が大量の国債を抱えている状況で、無理やり公社を民営化して、一気に国債や公債を大量売却すると、日本国債の大暴落は確実ではなかろうか。

メーンバンク制度の解消を、わざわざ株式市場でおこなって株式価格を大暴落させ、日本経済を大混乱に陥れて、何も学ばないのであろうか。

悪魔のような外国の投資家が、見逃してくれるわけがない。

病気になる可能性が高いから、内臓を取り除いて問題解決などという馬鹿げた話と、ほとんど変わらない。
2005-08-03 14:35:29 No.198912
国会答弁を観る限りにおいては、総理が己の愚かさを認め、悪法の修正に路線転換することはありそうもない。

事ここに至っては、参議院議員の皆さんに良識を持って、悪法案を否決していただかないと話にならない。

現在の国際情勢で、解散を選択できると判断するようであれば、完全に統治能力を喪失しているか、本物の日本人ではない外国の工作員と判断するのが、妥当な判断ではなかろうか。

暗黒大陸における疫病の大流行は、もうほとんど回避できない状況ではなかろうか。

到死率や感染力によっては、大陸や半島において体制崩壊もあり得るし、体制整備が整っていないわが国も、混乱状態になって余計な犠牲を出すことになりかねない。

解散を期待して喜んでいる馬鹿メディアは、国民国家の認識さえない岡田民主党同様、存在価値のないくだらない存在である。
2005-08-10 16:29:48 No.203990
本来なら定期郵便貯金を廃止して、普通郵便貯金の上限を三百万円程度に制定しておけば、かなりの問題が解決する程度の話で、憲法改正や教育基本法改正が放置されるとは、なんとも馬鹿げた話である。

外国資本導入そのものは悪いことではないが、外国の犯罪組織が堂々と違法賭博を行っていても問題にならない、わが国ならではの特殊条件を考慮していただかないと、話にならない。

アメリカが、韓国に国防軍、情報機関、国家警察を創設し、わが国の軍隊、特別高等警察、憲兵隊の解体を行った理由を、真剣に考えていただきたい。

このようにいい加減な、郵政改革をおこなわなければならない理由とは、厄介な投資家のわがままを大切にしている大統領の命令に、盲目的に従っておられるのであろうか。

長銀問題で見せたいい加減な解決策を、国家規模でおこない、膨大な財政赤字の失敗を、外国資本に売却して、責任回避でもやろうということであろうか。

都道府県の廃止、政府が、国防、外交、治安維持、通貨防衛に専念すると宣言して、不要な公務員を公益法人あたりで、現在の報酬の五割程度で再雇用すれば、財政赤字の問題は解決するのではなかろうか。

とりあえずは、反日感情にとらわれた朝鮮人に参政権を与えると公約するような、国民国家の認識さえない岡田民主党が政権を獲得するような、最悪の事態だけは回避していただきたい。

ふざけた郵政民営化法案を修正しない、厄介な総理も願い下げである。
2005-08-12 14:44:07 No.205475
わが国が、この国難を突破する方法を発見しました。

自由民主党の構造改革路線は賛同するが、小泉総理の日本国民を犠牲にして、勘違いしている投資家のための構造改革に狂乱する路線には、反対という意味で、自由民主党が選挙に勝って、小泉総理個人が落選していただければ、理想的である。

朝鮮人に参政権を与えると公約するような、国民国家の概念を理解できていない、岡田民主党に神奈川選挙区で頑張っていただかなければならない。

これまでずっと小泉政権を支援してくれた責任を取って、ここらあたりで退場させていただけるとありがたい。

この緊迫した国際状況の中で解散などやっているから、共産党は、本格的に天然ガスの開発を始めてしまいました。

完全に統治能力を失っておられるのではなかろうか。
2005-08-27 14:48:41 No.215472
決戦を前にし分裂して争っているようでは、敗北の可能性が濃厚といったところであろうか。

もちろん自由民主党のことではなく、日本国のことである。

特定郵便局長のほとんど世襲状態となっている、公務員資格が攻撃の対象になっているが、華族制度を廃止したわが国では、愚かな革新勢力によって国家解体に向かって暴走する緊急事態に、暴走をとどめてくれる保守勢力を残しておいてもよろしいのではなかろうか。

同和や朝鮮の免税特権や不逮捕特権、同盟軍という名の占領軍の治外法権などと比較すれば、許容範囲の問題ではなかろうか。

強制徴用などという、笑える国語能力の馬鹿メディアに踊らされて、おかしな方向に誘導されるのは賢明ではない。

そんなことより、アメリカも韓国も公文書を公開しているのに、わが国の外務省だけが公文書を公開できない理由とは何であろうか。

日本国を代表する資格がないとか、売国行為が暴露される類の話であろうか。
2005-08-28 14:32:02 No.216067
現実ははるかに複雑怪奇なのであろうが、わかりやすい構図で妄想してみた。

どんな国でも不満分子が存在し、そういう連中を従順で残酷な牧羊犬として利用する英米の本質は、羊飼いとみている田舎者にとっては、とぼけた戦後日本人は、哀れな羊の群れということになる。

わが国における牧羊犬の役割を演じているのは、同和と朝鮮といったところであろうが、どのようにして朝鮮が統治する側になり得たかについては省略させていただく。

今回の選挙で小泉独裁自公連立政権が誕生すれば、いい加減な郵政公社民営化法案が成立して、アメリカによる間接統治体制はより強力になり、我々の科学技術や資本は我々のものではなくなる。

今回の選挙で岡田民主党単独、または民公連立政権が誕生すれば、いかがわしい人権擁護法案が成立して、朝鮮の権力が増大し、科学技術も資本も我々のものではなくなる。

どちらに転んでも、勘違いしている投資家たちは、大笑いである。

なんと見事な双頭戦略、とぼけた選民思想を語りたくなるのも無理はない。

とりあえずは、第三極となる国民新党と新党日本に生き残っていただいて、小泉、岡田両氏退陣という形が望ましい。
2005-08-30 20:28:57 No.217492
空手形の政権公約で判断を求められても、ただ困惑するだけである。

「公約を破って、何が悪い」by小泉

最も一部支援団体の権益を追求して、国政を私しておられるのは総理自身ではなかろうか。

しかも、総理の支援団体は国内には存在しないという、笑える話のおまけ付きということではなかろうか。

9.11などという芝居くさい選挙が、まっとうなものになるとは期待できない。

自元民は愚かなので、何をやっても大丈夫ということであろうか。

わけの解らない連中に運命をもてあそばれる現状は、かなり気分が悪い。
2005-09-04 13:46:27 No.219995
経済には、市場原理で議論をする表経済と、統治原理で議論しなければならない裏経済が存在する。

アメリカでも、ロシアでも、安全保障にかかわってくる石油関連企業の外国企業による買収は、あらゆる方法で妨害して、これを排除している。

膨大な国債と公債を保有する郵政公社の場合は、どちらの原理で議論するのが適切であろうか。

10年間で株式を売却するとか、郵政公社の問題を十分に検討する前の拙速な民営化にこだわらなければ、外交問題が重要局面にあるこの局面で、解散などという愚かな選択肢はなかったのである。

付帯決議だらけの醜い法案が、そのいい加減さを物語っている。

付帯決議は付帯決議であって法律の条文ではないので、郵政公社が外国資本の管理下に置かれて、奴隷化される危険性は排除できない。

建国以来西への侵略を繰り返す覇権国家は、厄介な敵ならば、自由、平等、人権擁護、公正、公平を語るが、どうでもよい敵であれば、愚かな独裁政治家と腐敗官僚を利用して、国家を破たんさせて奴隷化するのである。

当然ではあるが、共産党独裁国家と共同体を構成して、厄介な覇権国家と対決する選択肢はありえない。

ある程度の不平等くらいは容認できるが、奴隷は遠慮させていただきたいというだけである。

国民との約束を守るための郵政公社民営化などと語られるが、国民との約束を守る人物であれば、靖国神社の公式参拝を8月15日に断行しているのではなかろうか。
1
YouTube 公式サイト正式オープン ベターライフ番組表 番組配信スケジュールはこちら チャンネル桜のあの人気番組がDVDに!!