「日本文化チャンネル桜二千人委員会」発足 南京の真実
SO-TV

旧掲示板

日勤教育はいいわけになるのか

xdsbg*** 2005-04-28 18:35:58 No.152825
テレビ局はJR宝塚線の脱線事故の原因にいわゆる「日勤教育」というものをあげだしている。しかしこれはいい訳になるのか。私はJRの労働組合がこの事件を利用して自分たちの主張、日勤教育の廃止を訴えているような気がしてならない。本当に被害者を追悼する気があるのなら、「日勤教育がどうのこうの」など口が裂けても言えないはずだ。怒った顔で「日勤教育が原因」などとほざいている労働組合の職員を見て背筋が寒くなる。怒っていいのはJRの労働組合ではない。遺族である。
参謀総長代理 2005-05-06 18:44:45 No.156616
ロブロイさんの投稿(No.156470 )を読んでびっくりした。JR西日本労組は下記声明文(一部抽出)を出したという。

『このような体質を持った企業である以上、JR西日本が安全・安定輸送を確立することはできないと断じざるをえない。JR西日本に対し、我々は強い怒りと決意の念を持ってこの声明を発するものである』

何ですか、この声明は。JR西日本労組には全く当事者意識が無く第三者的評論家的言辞を恥知らずにも並べて、組合員の不始末を糊塗しようとしている。彼らは教条的マルクス主義者よろしく、会社=経営陣を己と敵対関係にあるものと見ているようだ。こんな組合と”労使協調関係”にあったという経営陣のふがいなさが目立つ。

労組が『安全・安定輸送を確立することはできない』と宣言している以上、もうJR西日本は一旦解散すればよい。当然に従業員は全員解雇だ。そして隣接する阪神或いは阪急電車から人を入れたり運転のノウハウを導入すればよい。さらに、全国には優秀な鉄道マンでリストラなどで失業中の人もいるだろうから、どんどん新規採用すればよい。やっぱりこんな声明を平気で出すような労組に明日は無いことを知らしめるべきだ。

こつ 2005-05-06 21:04:00 No.156713
> 労使協調側であるはずの西労組の今回の声明は会社側に三くだり半を叩きつけたという事でしょうか?
87%の労組に肘鉄を食らっては会社は死んだも同然全く動けません。

労組というものは、口先では偉そうで強そうなことをいうものです。表面だけではわかりません。真意は。

この場合は、事故列車に乗車していた2人の運転手。ボーリング慰労会参加の車掌たち。これら傘下組合員を処分するな、というのが真意でしょう。

右であろうと左であろうと、組織員を守るというのが労働組合の、良くも悪くも真髄です。それ以上のことは、労働組合としてはできません。
中国大嫌い 2005-05-06 21:37:17 No.156733
労使共に企業目的の達成を放棄したのであれば、この会社は解散するしかないでしょう。そうなれば社員は全員、自動的に解雇ということです。事故の後始末と並行してすみやかに手続きに入るべきでしょう。その後近隣の私鉄に買収してもらえばよいでしょう。経営者はもちろん、このような腐った労組は早く消滅していただきたいと思います。
藪から棒 2005-05-06 22:36:16 No.156773
こつ様

 前段の私のレスは、不謹慎を承知で少し会社虐め的言辞を弄しましたが、本音は新しい会社を作るつもりで再出発して欲しいと言うお願いです。

 鉄道と言う第四の権勢を誇るマスメディアにも劣らぬ公共性を持つ誇りある仕事です。
 鉄道事業はその性格から土木、建築、電気、機械、情報通信等から成る工学系技術屋集団が主体の会社です。
 旧国鉄時代から蓄積された知識、技能、経験、技術等列車を動かすノウハウは世界に誇るものがあります。
 私も、しがない技術屋の端くれで食を繋いで来ました。考えもしない大事故にも遭遇してきました。
 それだけに、余計、今回の会社側の処し方、労組の暴露合戦が残念でならないのです。
 現場の大部分の技術屋は下請けも含め、雨の日も風の日も日夜線路の保守や架線の点検、車両の整備、信号施設の点検保守に黙々と汗を流しています。
 
 それだからこそ運転士、車掌など乗務員も自分の持ち場で頑張れるわけです。
 お客様は勿論の事、そのお客様からJR西という同じ釜で飯を食わせて頂いている従業員相互が先ず信頼し合わなければ何事も始まりません。
 両労組も会社有っての組合であり、会社有っての従業員です。特に技術屋は仕事を進める上で理を追求します。特に今回のような大惨事を起こしてしまった場合は、暴露合戦や組織維持などケチなことは止めて、事故原因の究明や再発防止対策に理を持って当たって欲しいと願うの者です。勿論会社側も腹を割って本音で勝負するしか再生は有り得ません。

 何々組合員の前に公共的大使命を持った鉄道事業のプロだと言う気概を持って対応して欲しいのです。
 
 犠牲になられた多くの方々のご冥福を心からお祈りいたしますとともに鉄道事故調査委員会の報告を静かに焦らず待ちます。
 
藪から棒 2005-05-07 18:23:46 No.157090
 厚生労働省の立ち入り検査も始まるようです。技術的見地ばかりでなく、安全教育や労務管理等からのアプローチも重要です。
 ただ、労使関係・労労関係まで踏み込めるかどうかが大きな鍵となるでしょう。
 
 会社側が安全確立のため労使一体で真剣に取り組む旨発表があったようです。当たり前だ!何がいまさらとも思えますが、やはり、原点への復帰が第一です。その面から今回の会社側の決意は十分評価します。
 特定の組合員虐めのような陰湿な「日勤教育」は直ちに止め、所属組織を問わず真に現場の若い社員のためになる教育へ転換するべきです。
 
 組合も徒に何でも反対の姿勢は直ちに止めるべきです。また逆に、何でも会社側にべったりも駄目です。会社の行動目的を如何に安全に、且つ効率よく達成するかを本音で議論し、相互が補完し合い、牽制し合う良好な労使関係に変えて行かなくてはいけません。

 JR西のみならず各社は誇りある鉄道事業のため精一杯頑張っていただきたい。

 昔、まだ幼い頃、蒸気機関車のヘッドに日の丸の旗を交差させ、ピカピカに磨かれた客車を牽引したお召し列車を見送った事が今も脳裏に焼き付いています。
 子供心にもその力強さとスマートさに憧れ、将来は機関車の運転士に成ろうと思ったことも有りました。
 私事で恐縮ですが汽車旅行は元々好きでした。
 鉄道は夢を運ぶ。ロマンがある。出会いがある。別れがある。ローカル線区では夫々に喋り片、ざわめき片、笑い片、匂いまで違います。

 鉄道マンよ頑張ってくれ!!
藪から棒 2005-05-07 18:29:45 No.157091
↑文の終わりの「片」は全て「方」に訂正します。 
Hide 2005-05-07 18:46:53 No.157102
なぜ脱線転覆したのか。
原因は明らか。
今までのニュースを総合すると今のところ、

直線部分で制限速度120Km/h以上だしていた。

カーブにさしかかった時制限速度70Km/h以上出し、減速しなかった。

事故の原因(1)はこれだけ。
なぜ運転手がこのような運転をしたのかと言う理由は、事故の原因ではない。強いて言えば、彼がこのような異常な・安全を無視した行動をした原因(2)である。

原因(1)と(2)を混同してはならない。
これを混同すると、「坊主憎くけりゃ袈裟まで憎い」の例えになる。

理由(2)は感情論でなく冷静に論議しよう。
多くのレスをみていると感情的な議論が多いように感じる。

ふらくたる 2005-05-07 18:55:00 No.157106
原因はまだ明らかではありません。
これからの調査に待つところが多々あるのではないでしょうか。
こつ 2005-05-07 19:08:18 No.157110
藪から棒 さま

>会社側が安全確立のため労使一体で真剣に取り組む旨発表があったようです。当たり前だ!何がいまさらとも思えますが、やはり、原点への復帰が第一です。その面から今回の会社側の決意は十分評価します。
>特定の組合員虐めのような陰湿な「日勤教育」は直ちに止め、所属組織を問わず真に現場の若い社員のためになる教育へ転換するべきです。

まったく同感です。
今もまだテレビでは、「社員の不適切な行動」を問題にしています。これって少しヤバイですね。

私が心配するのは、「姿勢を正せばマシになる」という根拠の無い錯覚です。ゴルフを止めても送別会を止めても、脱線事故は無くなりません。

事故防止は、設備と技術と、運行システム、教育システムの見直しあるのみです。精神論では有りません。
藪から棒 2005-05-07 19:34:12 No.157121
こつ様

 仰るとおり、マスメディアの精神論は一見もっともらしいですが、何の対策にもなりません。
 
 結果的に会社を従業員を萎縮させるだけです。
ベクトルが反転しています。 

 NHKもトップに報道しましたが事故防止対策には何等有効性を見出せません。

 マスメディアは全くの「ど」いや「怒」素人の集まりです。
精神論ぐらいしか報道出来ないのです。

 これら報道機関が専門の知識も無いくせに世論受けを狙い当事者には謝罪を強要するのです。

このような報道姿勢は決して犠牲になられた方々の慰めにも為り得ません。
Hide 2005-05-07 22:55:17 No.157200
事故の原因
「直線部分で制限速度120Km/h以上だしていた」。
「カーブにさしかかった時制限速度70Km/h以上出し、減速しなかった」。

は、今までの解析結果からほぼ明らかになっている。

未だ明らかになっていないのは、上記2点の行為が、なぜ脱線転覆につながったかと言うこと。
これは、少なくとも事故を起こした原因ではない。しいて言えば「事故になってしまった間接的な原因」とでも言うべきである。例え、それらの行為によって脱線・転覆が起こらなかったとしても、許される行為ではない。
「事故の原因」はあくまで上記2点だ。

一方、被害者及びそのご家族の気持ちはわかるが、宴会・ゴルフなどを続けていたと言う点について、あまり声高に騒ぐのもいかがなものか。例えそれらを取りやめたとしてもどうなるものではない。

   2005-05-07 23:20:17 No.157208
悲しいお人!
   2005-05-07 23:23:20 No.157209
何もわからぬド素人なご発言!
凸凹 2005-05-08 01:04:26 No.157240
Hide 様

 事故の原因が運転士の速度超過で解決するのですか。
何をもってそう断言できるのでしょう。
なぜ、運転士がそこまで速度を上げなくてはいけなかったのでしょう。
その理由が無ければ、単なる運転士の自殺行為になってしまいます。
理由があるから、今調査をしていると思います。
むしろその理由こそ重要だと感じます。

   2005-05-08 03:00:49 No.157263
>Hideさん

ずいぶんとピンボケな事をいってるな

スピード超による脱線転覆が全ての原因?
誰がそれだけだといったの
徹底した原因究明が必要だから事故調査委員会が今調べてんの
どうも運転手の責任にしたいようだが何でなの?
そんな単純な原因なわけないでしょ
そんな簡単に解決する問題じゃないでしょ
JR西の捜査でどんどん本当の原因がこれから出てくるの

それからね
ご遺族を愚弄するようなコメントは慎め
Hide 2005-05-08 22:35:48 No.157610
凸凹様
<事故の原因が運転士の速度超過で解決するのですか。>

「事故の原因」と言う場合、「原因」を厳密に捉えれば、電車が脱線・転覆した原因。その原因を生んだ要因(原因)。さらにまた、その原因を生んだ要因の要因(原因)・・・。死者・負傷者が多数になった原因。その原因を生んだ要因(原因)。さらに、前記同様。

従って、「事故の原因」は電車が脱線・転覆した原因を指すのが適当でしょう。その原因を招いた要因(2次的な原因)は「事故の原因」ではなく、事故の「原因」を招いた要因である。

例えば、人がナイフで刺されて死んだ。その人が「刺されて死んだ原因」は「ナイフで刺さした」ことである。「犯人がなぜ刺したのか」あるいは「なぜ刺さざるを得なかったのか」は、「刺されて死んだこと」の原因ではない。しかし、「犯人がなぜ刺したのか」あるいは「刺さざるを得なかったのか」と言う他の要因が明らかになってから、初めて、その要因を導いた人(あるいは社会環境など)に責任が及ぶとすれば、それぞれが見合った責任を科せばよい。

私は今までの状況から、脱線・転覆の原因は速度超過と思っていますから、速度超過をしていなければ脱線・転覆の起こらなかったと思います。

その根拠の一つは、国交省が言っているように、制限速度を超えた場合自動的に減速し、制限速度以内にするATS(P)を付けることが運転再開の条件と言っています。このことは、裏を返せば、制限速度以内で運転すれば安全であると言うことを国交省が認めたことになります。従って、制限速度を超えなければ脱線・転覆はしなかったと言うことになります。

未だ明らかでないのは、どのようなメカニズムで脱線・転覆したのかと言うことだともいます。脱線・転覆のメカニズムがわかっていないのです。上記の例で言えば、ナイフでどこを・どのように刺したのか・その結果、出血多量で死んだのか・ショック死だったのか等に相当します。

<運転士がそこまで速度を上げなくてはいけなかったのでしょう。その理由が無ければ、単なる運転士の自殺行為になってしまいます。>

これはとても乱暴な理屈であると思います。
つづく
Hide 2005-05-08 22:38:32 No.157611
つづき
多くの乗客(例え1人でも)の安全を預かっているのですから、どのような事情があろうとも、運転手が自殺行為をしようと認識して運転するはずがありません。
もし、意識して速度超過をしたのであるとすれば、運転手はこの位なら大丈夫だろうと判断をしてスピードを上げたのでしょう。
その行為を自殺行為と断定するのは、第三者が何ら根拠もなくそう判断しただけのことで、何の意味もないでしょう。

断っておきますが、運転手が速度超過をした(あるいはせざるを得なかった)理由を明らかにする必要がないといっているのではありません。
私が言いたいのは、「坊主にくけりゃ袈裟までも」と言った感情論ではなく、それはそれ、これはこれと冷静に分けて解明した後、責任の所在を明らかにしていくことが必要であると言っているだけです。

なお、JRに対しての非難がクローズアップしていますが、国交省の責任はどうなのでしょうか。JRの責任がこれほど騒がれる事故であったわけですから、国交省の責任も重大であると思います。しかし、だれもそれについて言及していないのは不思議です。国交省の大臣がTVに出演していましたが、まるで他人事のように言っていますが、私には理解できません。

話は変わりますが、
宮崎勤連続誘拐殺人事件がありました。彼が事件を」起こした理由が調べられたと思いますが、彼をなぜあのような事件を起こしたのか、その理由として彼を育てた家庭環境・社会環境などについて、一般市民ほとんど無関心間であったように思います。
これを今回の事故と比較するのは無理があるとしても、事故あるいは事件を起こした背景の調査に、一般市民の関心がこれ程大きく異なるのはなぜでしょうか。死んだ人が例え一人でも100人でも、死んだ人・その家族などの気持ちに変わりがないはずなのに!。
おわり
凸凹 2005-05-08 23:39:21 No.157632
Hide 様

レス有り難うございます。

<断っておきますが、運転手が速度超過をした(あるいはせざるを得なかった)理由を明らかにする必要がないといっているのではありません。
私が言いたいのは、「坊主にくけりゃ袈裟までも」と言った感情論ではなく、それはそれ、これはこれと冷静に分けて解明した後、責任の所在を明らかにしていくことが必要であると言っているだけです。>

 どうも勝手に誤解していたようで申し訳ありません。
私はてっきり速度超過をし直接の原因を作った運転士の責任を追求し原因を改善すればよいと・・・
えっ、JRの問題点、責任の追及はどうでもいいのだろうかと思い込んでいたようです。

<JRに対しての非難がクローズアップしていますが、国交省の責任はどうなのでしょうか。>

 私も全く同じ疑問を持っておりました。
ダイヤ改正を承認したのもATS設置を指導する立場にあるのも国交省である筈だと。
国交省は鉄道各社の運行状況と実体をどれだけ把握していたのだろうかと甚だ疑問を感じます。
どうも国交省の認識にも著しい乖離があったのではなかろうかと感じておる次第であります。

詳しくご回答頂いて納得いたしました。
有り難う御座いました。
2005-05-09 10:47:23 No.157768
愚民どもがマスゴミに洗脳されて、とうとうJR社員への暴行まで起こすようになってしまった。
支那の反日暴動と同じだ。支那政府に洗脳された愚民。今回のマスゴミに先導された愚民。まるっきり同じだ。

しかし、今回一番腹が立ったのは、正義のヒーロー気取りの、礼儀知らずのマスゴミ記者である。こいつらを一番に糾弾しろ!!
藪から棒 2005-05-09 18:08:06 No.157909
 運転士、車掌等に嫌がらせは全く言語道断、愚かな事です。直ちに止めるべきです。
 マスコミの冷静さを欠いた、特に若い記者であろう脅迫的取材態度といい、特番報道といい、第4の権力等と煽てられ、祭り上げられ、天狗になっているとしか見えない。やっぱりマスコミでなくマスゴミと呼びたい。
Hide 2005-05-09 19:14:40 No.157939
凸凹様
ご理解を頂ありがとうございます。
しかし、
<私はてっきり速度超過をし直接の原因を作った運転士の責任を追求し原因を改善すればよいと・・・>

運転士の責任を追求することを放棄していませんし、運転手の責任は追及するべきであると思います。
運転手の責任は追及するということは、運転手だけに留まらず、JRや監督省庁である国交省などと事故の因果関係を明らかにし、責任の所在を明確にすることであると思っています。なお、運転手に過失があった場合、JRその他に責任の一部が認められたとしても、運転手の罪は軽減こそすれ運転手の責任が反故にされる理由は全くないと思います。

また、運転手の過失(速度超過が)であったとしても、そのような行為に及んだ背景を明らかにすることは事故再発の防止に役立つと考えます。しかしながら、日勤教育はその様な行為に及んだ理由とはならないと思います。よしんば理由になったとしても運転手の責任が軽減されるほどのものではないと思います。

今回私が拘ったのは、運転手に重大な過失があるなしに拘わらず、その運転手が死亡してしまった為に、被害者及び一般市民の不満の矛先が一気にJRに向かってしまったこと及びマスコミも同様になってしまったことです。
このような「私の考え」が間違っていなければ、このような半ば短絡的に・いたずらにJRを一方的に非難するの科のような振る舞い、市民を扇動するかのごときマスコミの対応、監督省庁が他人事のような態度であること並びにマスコミがこれに関して一切口にしなかったこと等に一抹の不安を覚えたからです。

別件ですが、今朝のTVで、みのもんたがJR西日本の運転手が暴行を受けたと言うニュースをコメントしました。
聞き違いでなければ、みのもんたはその暴行行為をなんら非難することなく、JRの対応の不備を指摘するのみでした。勘ぐりようによっては、暴行しても(されても)無理はないとも受け止められるコメントでした。

これでは、中国で起こった反日デモで警察官が暴行・破損行為を止めないで静観していたことと変わりありません。
もし、一般市民が微塵にも、「運転手に暴行を働いたことを止む無し」と思うならば(JRを非難する人の大部分はそのようであると推察するが私の誇大妄想かな?)中国政府を非難する資格はないと思います。
凸凹 2005-05-09 23:05:15 No.158031
Hide様

レス有り難うございます。

同意致します。

昨今の報道のあり方は変です。
コメント一つとっても、偏っているというか諸に主観のみが先行しています。
報道の内容に偏りがあり明らかに公平性を欠いています。
前述の国交省の責任を言及する報道がありましたでしょうか。嘆かわしい限りです。

私は当初より、JR西の企業体質には問題があると感じておりました。
直接運転をしていた運転士に責任が及ばない訳は無いが、その背景にはJR西という得体の知れない恐怖を覚えておりました。
事故調査委員会や警察により段々と事故に関係する事実が出てくるたびに確信へと変わってまいりました。
何れJR西は裁かれましょうが、一番大切なことは決して同じ惨事を繰り返さない為に企業が再生できるかに掛かっていると思います。全く管理せず企業任せの国交省も同罪です。

>一般市民が微塵にも、「運転手に暴行を働いたことを止む無し」と思うならば(JRを非難する人の大部分はそのようであると推察するが私の誇大妄想かな?)中国政府を非難する資格はないと思います。

私はJR西を叱咤激励する立場というより、どちらかというと非難する立場になるでしょう。ただ、単なる非難では何も解決は致しません。全てはJR西のこれからに掛かってくる訳です。後は静かに状況を見守り真実が解明されることを期待したいと思います。

しかし、今回の運転士への暴行は実に恥ずべく行為です。単に怒りの矛先をJR西に向け、その延長で運転士への暴行となると大問題です。
中国人の民度の低さを主張しておきながら実は大して変わらなかった事になります。
絶対に必要なことは、マスコミの報道を鵜呑みにするのではなく真実のみを見極める力が今視聴者に試されているように思えてなりませんし、その力を持たねば誤った方向に誘導させられる危険性があると思われます。

駿河山人 2005-05-09 23:44:07 No.158051
運転士の問題は、運転士の適性管理の問題と思います。どんな試験をどの頻度で行っていたのか。
訓練以前に反射神経、集中度などのテストを行い、一定レベルに達しないものは配置転換するのが当然です。生理的な能力は訓練で補うものではありません。不適となtった人は本人に向いた他の職場に回すべきです。他に運転能力のある人がいるのですから。
藪から棒 2005-05-09 23:50:45 No.158054
 一つ気になっていることは、あの長い直線の直後の半径300mの急カーブであるが、テレビの映像から見てカントが不足しているのでは?と思えてならない。
 制限速度70kでも問題が有るのでは?と映像からは見える。
 また、直線を120kで走行し(実際は126k)、それを70まで落とすにはかなり手前から落とさなければならない。
 8年前、直線区間を曲線区間に軌道変更工事が行なわれたという。設計段階まで遡って工事全体の適否を是非検証願いたい。
 
 それともう一つ、事故列車も含め同型列車はブレーキに問題が有るという運転士の証言が出ているようであるが、この辺りも聞き取りやオーバーランの他型との発生比較などしっかり検証して貰いたい。
 オーバーランの多発もブレーキに問題が内在していたとすれば、曲線入り口で108kの速度が落ちず、止むを得ず急制動を掛けた可能性もある。
 勿論運転士の過失を不問にしているわけでは無いが、あらゆる角度から検証してほしい。

 身内の話では通勤にJR東海を利用しているが、「最近運転が慎重になっているみたいだぞ」との事であった。
 JR他社も元は国鉄の仲間であった。身内意識、仲間意識は当然であろう。仮にこの事故がJR他社や他の私鉄の事故を未然に防止しているとすれば、それはそれで結構で有るが、その代価は余りにも大きいと云わざるを得ない。
藪から棒 2005-05-31 13:34:49 No.167057
 漸くJR西も「日勤教育」見直しを正式発表した。
特定の組合員に対する懲罰的「日勤教育」は民営化後に導入されたようであるが、漸く見直しを図るということでホットした。運転士としての誇りを持たせるような実のある教育内容に是非改正して欲しい。
 組合側も十分な反省と真摯な業務執行を全組合員に指導するべきである。
 徒なイデオロギー闘争に明け暮れるなど論外である。

 今後、事故調査委員会報告が待たれるが拙速は禁物である。しっかり究明をして欲しい。

    2005-05-31 15:54:51 No.167122
事故後JR西の社長が過去のこと・・・と口を滑らせていたが、即記者に2週間前の大惨事が過去のことですか・・・と突っ込まれていたが、
この社長、信楽の事故の際副社長、2年程前に設楽事故の慰霊祭で二度と同じ過ちをしないと言っていたな。
2週間前のJR宝塚線の脱線事故は既に過去のこととは・・・
何だかね、ニワトリも3歩歩くと忘れるというが、この人もそうなんだろうね。
こんな会社再建できると信じるものなどいないね。
経営陣が全て刷新し労働組合をどうにかしないと絶対に無理であることだけは断言できる。
真相 2005-05-31 18:11:13 No.167187
脱線転覆の原因は運転士の規程無視が原因だ。
会社の経営方針が悪いとか、過重労働が原因だとか、まるで朝日新聞がお得意の論点ずらしがここでも大手を振ってまかり通っている。


適正資質がなかった運転士を起用したのは、会社側にも多少の責任は認められるが、あくまで運転士の責任をぼかしてはならない。


当人が死んだからといって免除されるものではない。
    2005-05-31 19:09:01 No.167205
亡くなった者までも鞭打つ姿はまるでシナ人みたいですね

亡くなった者の墓まで掘り起こしどうするの

誰がみたって会社が悪いにきまっとるよ

日本人ならそう考えるね
    2005-05-31 19:13:42 No.167208
>脱線転覆の原因は運転士の規程無視が原因だ。

規定???

規定なんてあったの???

皆、運転手の裁量でしょうよ回復運転もさ

アタマおかしいよ ちみは
真相 2005-06-01 09:56:35 No.167441
>脱線転覆の原因は運転士の規程無視が原因だ。

規定???

規定なんてあったの???

皆、運転手の裁量でしょうよ回復運転もさ

アタマおかしいよ ちみは



お前の方がおかしい。
規定には、区間ごとにスピード制限の定めも当然あ
る。運転士の裁量でそれを無視できるなら,規定はいらん。
死ねば許されるなんて世迷言をいうより先に、論理を
学ぶがよい。死ぬことで事故の原因をうやむやにするのは女子どもの思考レベルだ。
   2005-06-01 10:31:17 No.167448
  ↑
先ず女性を差別して見下す言い方はよくないね
何の論理性も思考能力も無い者が使うのね
1人の運転士に責任を押し付けて済む問題なわけないでしょ
これだけJRの企業体質の問題噴出しているのに運転士のみに責任を押し付ける人も珍しい
可哀想だがとてもとても貴方には論理的思考回路はないとお見受けした


真相 2005-06-01 10:46:46 No.167454
女子どもが不適当なら、キミの思考レベルだと訂正してもよい。
   2005-06-01 10:51:38 No.167456
  ↑
それでは何故、運転士のみに責任があるのかを論理立てて説明して貰いたい
2005-06-01 10:54:41 No.167458
167448へ

論点をずらすのは朝日新聞流の思考に毒されている証拠だ。みんなが会社を非難しているから、それが正しいと思い込む浅はかさを自覚したほうがいい。
   2005-06-01 11:02:34 No.167461
>>真相=雅

おかしなことを言ってますね
ちゃんと議論しましょうと言っているのに何故逃げるかね
・運転士のみに責任があるのかを論理立てて説明して貰いたい
   2005-06-01 11:32:54 No.167473
>>真相=雅

言いっぱなしは善くないね
ちゃんと議論しようと言ってるんだら
トンずらはだめだよね
発言に責任をもとうよ
運転士に責任があって、言いっぱなしのあんたに自己責任は無いわけ?
北撲滅隊 2005-06-01 14:44:49 No.167540
旧型ATSは少しの改良でスピート調整ができたという。
また、当初6月のATS−Pの工事予定に事故現場のカーブは含まれてないことも分った。
福知山線の過密ダイヤではスピート設定は遅れの原因となることからあえてカーブ付近に設置しない予定だったことが明らかとなった。
運転士の証言からも明らかであるが、回復運転は本人の技量、裁量に任せられており労使間の暗黙の了解の下スピード超過は日常的に行なわれていたことになる。
企業の過度な利益追求、安全軽視が招いた悲惨な事故であることは疑い様の無い事実である。
それを容認していた国交省もまた情けない。
JR西は勿論のこと国交省も同罪と言えるだろう。
1 2 3 4
YouTube 公式サイト正式オープン ベターライフ番組表 番組配信スケジュールはこちら チャンネル桜のあの人気番組がDVDに!!