「日本文化チャンネル桜二千人委員会」発足 南京の真実
SO-TV

旧掲示板

労働運動の再興を期待する

xxxxxxxxx 2005-05-03 06:54:49 No.155113
ここ十四五年の改革騒動ってのわ よーするに経営者側の論理なんだね。おかげで正社員わ減ってバイト様のものが増えて 平均すれば労働者いぢめっつーことになる。一部だけが大金持ちになり貧富の差わ拡大の一途。産経とか文春とか 似非保守の連中わ、労働運動に巣くった左翼イデロロギーが嫌いで労働運動攻撃をやってきたわけだが、まぁそりゃわかるが、がしかし、瀕死同然の労働運動をみれば、こりゃ行き過ぎだとももわなきゃイカンな。労働運動も左翼イデロロギーを脱して、保守思想に転換しアメリカニズム的経営手法に反対し日本的経営にもどせとゆぅべきだあゆ。
xxxxxxxxx 2005-05-03 08:13:03 No.155131
http://members.at.infoseek.co.jp/J_Coffee/
チュー公 2005-05-05 16:54:51 No.156027
んだ
xxxxxxxxx 2005-05-07 09:02:46 No.156920
似非保守わ労働者搾取イデオロローとなっとりゃせんか。とか。

労働者ってゆーことばわ左翼臭くて使いたくなぃけどね。
愚民 2005-05-07 18:57:40 No.157107
ペケペケさんもたまにはいいことを言うのだね。
今の企業は、特にバブル崩壊後は、正社員の数を
減らして、派遣社員やパートタイマーを増やした。
この目的は言わずと知れた人件費の抑制にある。
企業にとっては、高度経済成長の時代のように
終身雇用や年功序列のシステムを維持できなく
なってきた。そこで、高給を取っている正社員を
減らし始めたのだ。実はパートタイマーと言うのは
主に家庭の主婦が子育てをしながら時間を決めて
一定時間、時間給で働くから読んで字のごとく
パートタイマーなのだが、最近はパートタイマー
とは名ばかりで、フルタイムで働かされているのが
実情である。しかも、賃金はパートタイマーの
時と変っていない。実にふざけた話しである。
パートタイマーならば、正社員と違って、何時でも
解雇出来るから会社にとっては非常に都合が
いい事だらけだ。こんなことに対して政府は
パートタイマーの待遇改善をやろうとする
気配がない。日本の労働組合もこういう状況に
対して冷たい。労働者に対して、保守も革新も
右翼も左翼も関係なく声を挙げるべきではないのか。
xxxxxxxxx 2005-05-07 19:09:31 No.157111
おおせのとーりだあゆます。

こんだ 残業しても 残業代払わなくてもいいょ
つー法律もできるらしーょ
和魂洋才 2005-05-07 19:23:20 No.157117
外交人労働者ばど不要だ!!

徴兵制度を施行し、急増するニート君、フリター君仁山と魂を叩き込み、手に職をつけ社会に送り出せばよい!!!!!
愚民 2005-05-07 20:21:24 No.157136
>似非保守わ労働者搾取イデオロローとなっとりゃせんか。とか。

翻訳しておきます。
エセ保守は労働者搾取イデオロギーとなっているのでは
ないかと。
真に鋭い指摘であります。
大体、昔から保守思想は表向きは自国の伝統や
文化、歴史を保守していくべきだというのが
どこの国の保守派でも共通の論理のようですが
反面、支配者側の側に立ったイデオロギーでも
あるのです。だから、逆に労働者側は、それとは
逆の共産主義や社会主義に走るのです。
資本主義社会でもいわゆる弱肉強食むき出しの
社会で貧富の差が激しくなってくれば、
貧困層はそうなるのです。だから、保守層が
共産主義や社会主義に共鳴する人間を減らしたければ
出来るだけ貧富の差の少ない社会を構築するのが
一番良い方法なのです。



加藤コウイチ 2005-05-09 03:59:47 No.157693
ポイントとしては、経済のグローバル化(アメリカ化)以降は、日本を含む先進国において、より安い労働コストを確保できる方向に、世の中が動いている事だと思います。

ですから、比較的コスト割高な『純日本人的オッチャン達』は、組合活動などの労使問題には逆らわず、企業が利益を出した時の一時金で納得(我慢)してしまうのです。

国際的な経済競争ですから、追い上げてくる連中のコストアップ(生活レベル向上)を待つ事、そして組合が有る程度妥協するしかないと思います。

資源の無い国で組合が強くなり過ぎると、一部の西洋諸国の二の舞になると思います。
しかも、日本は少子化対策と社会保障では、西欧以下の水準ですから、その事が、労働運動への抵抗となっていると感じています。
(要は資源の無い国は、如何に安くモノ造りするか、頭で稼ぐかです。世界の工場、中国が真に民主化され、彼らの労働組合が強くなるのも、今後のポイントです。しかし、振り向けば、ヴェトナム、タイ,インド、ブラジルなども出てきます。)

現状や現実にたいして、今後、日本はどう成るのか?また、国はどうすべきか?
また、ここにお集まりの方々はどんな打開策を持っているか? …を議論されるべきではないでしょうか。

稚漏院傑顎斎 2005-05-30 21:59:29 No.166803
一揆するなら豊作にしろ
トマト 2005-05-30 22:26:05 No.166813
労組も、本音で議論しなくなったと思ふよ。自己保身が真っ先にあるので、安全な言論と行動を求める。組合幹部は、比較的のインテリであるが、(例外もあって、アホも偶にはおる。)ある程度の独裁的な人間でないと、今の時期は労組は無力でしかない。
非力で、理屈で正論を云ふても相手にされない雰囲気とは、将に、洗脳された羊の群である。狼も、余りにも多い羊の攻撃には勝てない。

今や、労組は、経営を考えろ!と云ふてみたが、キョトンとして、意味が分からない。労働者がパイの配分だけを要求する時代は終わった。労働者とは、どこで線を引くのかが問題だろう。正社員だけの福祉を目指すと、企業は、弱体化してしまう。経営は、労働者を分断統治をする。経営者も、自分の首を絞めているのだが、それは、かなり未来の経営者のクビを絞めておるのであって、自分は、もうすぐ、一時金を手にしてトンズラだ。

纏め役というものが居ない社会を作ったものだ。何のためにかね?カオス企業だ。向坂の亡霊が蠢く。血みどろの労働争議の方が、まだ、ましかもしれんのー。
xxxxxxxxx 2005-05-31 08:39:09 No.166952
グローバリゼーションに反対せなアカン
ちょっと考えれば分かるだしょ?国境をなくせば日本人より数十倍も貧乏低賃金のシナ人に平均化される。財界・経済人わそのほーがよかろーが、日本人従業員わたまったもんだわにゃぃ。日本人わ環境適応主義・順応主義の傾向がつぉくて、グローバリゼーションってもんを なんか自然現象のよーに考えとるが、こりアメリカ発新自由主義イデオロギーのもたらすもんだつーことを、よー認識せなあかん。
愚民 2005-05-31 17:44:09 No.167172
>こりアメリカ発新自由主義イデオロギーのもたらすもんだつーことを、よー認識せなあかん。

ということは、ペケペケさんは、新自由主義派には
反対なのですね。教科書「作る会」のメンバーは
新自由主義史観者の集まりです。彼らの考え方に
は反対なのかな。
しかしながら、ここでちょっと注意しなければ
いけないのは、自由主義とか、新自由主義とか
言いますが、自由主義の中身にも「経済的自由主義」
と「政治的自由主義」とに分けて
考える必要があるのです。「経済的自由主義者」が
必ずしも「政治的自由主義者」とは限りません。
「経済的自由主義」とは一つの経済面における
体制、制度であってそれ以外のものではありません。
戦前の日本は経済的には自由主義体制であったと
思いますが、政治的な面における自由、つまり
思想の自由・表現の自由・政治結社の自由とかの
政治面における自由というものは、相当制限を
受けていました。ですから現在の新自由主義者
と称する人達は、保守派でありながら、そういう
名前を名乗っているのは、経済面における
自由主義者であるということでしょう。
この人達が政治面にあける自由を尊重する
人達であるのかは別問題でありましょう。
xxxxxxxxx 2005-10-22 22:05:13 No.245301
新しぃ教科書を作る会ねぇ〜
う〜ん なんつーかなぁ
歴史認識を正すとか まぁ そーゆーことにわ大賛成だけんどね。がしかし、それだけでええのかっちゅーことね。ただいま進行中の危機わ、歴史認識問題わその一部であってだね、息の長い話しだ。緊急のことわ、アメリカ被れの経済主義者。新自由主義の売国奴どもが、世界5大文明の一つ、栄えある日本文明・文化を打ち壊し、アメリカ流の金銭・合理・守銭奴文明に「構造改革」しよーとしてることだ。この開闢以来の危機に際して、「作る会」わどーゆー姿勢なにょか? 危機の本質から眼をそらすつーことになっとりゃせんか? と ももふわけである。
 だいたぃねぇ〜 「自由」なんて言葉わ 本来、左翼用語だと わしわもってるぢぇ。「自由」とか、んなことより、人間のもっとも大切のことわ義務の観念だ。伝統に縛られよ。自由なんてもってのほか、ももぃあがりもはなはだしぃ。
xxxxxxxxx 2005-10-22 22:24:50 No.245309
あ、良いご本をご紹介しよ〜
 笠谷和比古「武士道と日本型能力主義」新潮選書。

少し引用:・・・・一つだけ確かなことがある。それは「失われた10年」が、企業に対する忠誠心を基本とする日本型経営システムの解体の10年であったということである。・・・・・・ いくら景気回復とゆぅことを口にしたところで、日本社会がかって備えていたような世界を席巻せんばかりのエネルギッシュな力強さはいまは見る影もない。引用おわり。

今様改革なんてものわ、人を道具・部品と見立てて、いかに部品の私欲をあおって部品の機能を発揮させるか なんつー米式合理主義なんだね。人間ちゅうものへの深い洞察なんてカケラもなぃ、市場原理主義者・経済主義者のことだ。
いちけいえいしゃ 2005-10-22 22:28:41 No.245311
労働者はきままだ。

集金日にも有給休暇だ。
会社が倒産しようが赤字だろうが、知ったこっちゃない。会社より自分の損得が最優先だ。
売上げが上がろうが下がろうが、自分のもらう給料が最重要課題だ。
他人の給料が自分より高けりゃ憤慨するし、安けりゃほくそえむ。人の昇給なんかより、まずは自分から。
返品なんか棚に隠しておしまいさ。経営者にはわかりゃあしねえ。
自分の会社の悪い所は人一倍探すくせ、他の会社は妬むだけ。俺もそのうちヘッドハントさ、なんて言い続けて数十年。
いつかは俺も独立だ、なんて思っている奴ほど腰掛け会社にゃ力もいれず。
会社の看板で仕事していて、自分の力と過信する。独立してみりゃ誰も応援してくれぬ。
充分に多い休みなのに、上場会社並みの有給休暇を要求し、俺には権利があると主張する。まったく国も馬鹿な規則をつくったもんだ。

【2:8の法則】
会社の売上げの八割は、二割の社員がたてている。残りの社員はやる気もないが能力もない。別にいなくてもいい社員。俺がやめたら困るだろう、なんて思い上がりはやめてくれ。
自由主義者 2005-10-22 23:47:21 No.245366
大体において、何処の会社でもそうだが
全社員の中で本当にやる気のあるのは
二割で、普通のが六割、後の二割は
会社にぶら下がっている連中である。
では、この二割の連中の首を切って辞めさせたと
しても、今度は残った連中の中から、新たに
ぶら下がり組が出てくる。これが実体である。
衰退なくして改革なし 2005-10-23 01:14:55 No.245417
パレートの法則(2:8の法則)ですね。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%91%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=
衰退なくして改革なし 2005-10-23 01:29:36 No.245424
既出でしたか。失礼しました。

下の2割を切れば新たな2割が出てくるように、上の2割を切れば新たな2割が出てくるんじゃないでしょうか?
xxxxxxxxx 2005-10-23 03:39:16 No.245438
なんかへんに科学的だね
もっと人間味わなぃにょか?
維新の元勲・井上がゆってるそーだが、
西洋では人を物か道具みたぃに見るなんてね。


三保 平清 2005-10-23 09:38:50 No.245498
   xxxxxxxxx殿
>労働運動の再興を期待する
◆労働運動とは何か。左翼共産主義運動の一手段にほかならない。私はこれまで、望まずして、そんな会社に短期間籍を置いていた事もあったが、すぐ辞めた。「こんなところいつまでもおられんわい」。そして今度は別の大手の会社に、派遣社員として、工場の生産ラインである期間働いた。その大手の会社には労働組合があったが、いわゆる「御用組合」、我々アルバイト社員は、時間が来ると一斉に仕事を終えて、ロッカー室にいちもくさん。

しかしその大手の組合があるはずの、会社の従業員は定時を過ぎても帰れない。いわゆるサービス残業。それも今から、何十年も前の話。我々はロッカー室で口々に喋りあった。「あいつら馬鹿じゃねえか」「毎日毎日ただ働きさせられて、それに何にも言えん。組合は飾り。アホやで」。

労働運動の再興?無用である。それで日本に共産主義革命でも起こせると思っているのですか。あなたの書き込みを見ていれば、アホでもあなたが何者か分かる。早くお国へ帰って、お国でそれをやってちょう。お国は今大変でしょう。先行きも景気もいいのか悪いのか、実は「薄氷の上」を歩いている。氷が割れてからでは遅いよ。
いちけいえいしゃ 2005-10-23 09:48:03 No.245502
組合を解散し、全員参加型の会社との終身雇用を前提とした相互協力機構をつくることだ。
一部の人間が代表して会社と交渉する組合型が、殆どの組合員と意志の疎通が無く、連帯感もないのは当たり前だ。会社側とうまくいくわけがない。結果として、殆どの社員は本当に欲しい待遇と自己啓発の機会を逃すこととなる。
会社は社員に終身雇用を前提とした「約束事」を明確にすることだ。徹底した適材適所の人員配置の見直しをはかり、多くはぶらさがりと理解したうえでの、それなりの適した役目を与えることだ。
理想と現実・・・会社と社員は一体であるほど強いが、お互いに甘えてはいけない。これらの相互協力体制についてこない一部の人間は容赦なく切り捨てろ。
能力がなくても一生懸命の社員は、少なくともまわりの足は引っ張らないが、どうしようもないのがグチをばらまく最低人種だ。

2:8を3:7にし、さらに4:6にしていくことが肝要だ。
いちけいえいしゃ 2005-10-23 09:59:57 No.245510
滅私奉公、これこそが日本再生の根幹となる。
サービス残業、大いに結構。それでこそ会社という船は安泰である。
会社は大勢の社員とその家族を乗せた船である。他人と同じ金で、いかに他人より少なく働き、楽をするかなどと話し合う人間こそいらぬ人間だ。そういう人間達が最も劣悪で、結果として大勢の社員の待遇を悪くしている張本人である。
xxxxxxxxx 2005-10-23 10:46:44 No.245529
まづ 幸福論をやらなゆけませんな
人の仕合わせとわなんなにょか?
永遠の課題でわあるが いま いっちゃん重要のコトちゃうか?

近代とわ 人間にとって ゆったぃナニなにょか?
xxxxxxxxx 2005-10-23 10:55:10 No.245536
傘谷和比古「武士道と日本型・・・あ、この板でわもーご紹介済みかにゃ

労働運動ってのわ、ま、ろーろっぱにおける階級社会が日本に感染したちゅーとこあるかもね。我が国わ否応なく西欧近代の真似をせざるを得なかった、同時に階級社会の何かをも移植したちゅーことか。
 それにしても今の経営層のやり方って、なんか日本的でわなぃのでわにゃいのか?小泉竹中糞コンビがやるアメリカ化政策・構造改革、これに対する勢力としてわ左翼臭を取り去った労働運動しかなぃのでわにゃぃか とももふのだが 諸賢のご意見やいかに。
小泉純之助 2005-10-23 11:40:57 No.245568
スレ題は感心しない。
労働運動なんか真っ平御免である。
国民が豊かで健康な生活を実現するには、勤勉であれば必要十分である。

×君はアメリカの自由主義を怖れている様であるが、日本国民が本来の勤勉さを取り戻せば、世界中に怖いものはないのである。
外資がいかに我が国で勝手にやろうとしても、資金を実際に運用するのは人間である。
日本に入ってきた資金を運用するのは日本人である。
勤勉な日本人には、無限に知恵と時間があるので、どのような資金であろうと我が国の利益として咀嚼することができる。
勤勉は知恵を生む。
そして、奉仕は富を生む。
国民各位にあっては、夫々の事業経営に勤勉に務められよ。
皇恩に感謝し、社会に奉仕することを心掛けよ。
繁栄と健康は自ずから得られるであろう。
パオさま 2005-10-23 12:01:40 No.245583
xxxxxxxxxさんっ。
>まづ 幸福論をやらなゆけませんな

>近代とわ 人間にとって ゆったぃナニなにょか?

「楽」と「楽しい」は違うって清水國明さんっがいってるだニね。
近代は「楽」は追求できても「楽しい」、即ち人の幸福は追求するうつわではなかったってことだニャ。

パオさまが今まで聞いた「近代化」というのもの定義の中で「なるほどニャあ」と思ったのは、「“近代化”とは“量化”である」というのだニ。
つまり“質”ではなく“量”で物事を判断するというのが近代社会の行き方なんだってことだニャ。
人間をすべて“平等”にみる“基本的人権”も、守られたか破られたか“一義的”に判断する“契約”というものの考え方も煎じ詰めるとみんな“量”に関する話といえるかも知れないだニね。
“量”は「多いか少ないか」をはかるために横並びに“平等”にものごとを取り扱うし、「多いか少ないか」は“一義的”に決まるものだしニャ。
“楽”っていうのもは、いってみれば時間と空間を極小にすることを追求するものだニャ。
まあ、いってみれば“量”の問題だニ。
でも幸福は“質”の問題だニャ。
同じ時間の長さでも、「退屈な時間は長く感じるけど、楽しい時間はあっという間に過ぎてしまう」って言い方がそれをよくあらわしてるニャあ。

それにしても「ナニなにょか?」なんて口調を使うところを見ると、xxxxxxxxxさんっはデジ・キャラット星人なんですとかニャ?
xxxxxxxxx 2005-10-23 22:48:53 No.245883
まぁ 一つの見方だろ〜ねぇ う〜ん

ま知ったかぶりすっと、ニーチェとか 今世紀の
最大の特徴わ 価値判断の能力の低下にある。 あ チェスタトンだっかなにゃ?「正統とわ何か」だったか、忘れたが。質ー価値 って言い換えればそーゆーことかもねぇ
 人間にとってほんとの価値は何なにょか?経済主義者が現代の神官になって なんや数式をちりばめた呪文をとなえ、お金がたりぃ〜んとか、アホ政治家がそれに唱和する。人間の心わますます貧しくなる、ちゅーとこだろぅねぇ う〜ん。
xxxxxxxxx 2005-10-23 22:54:32 No.245885
小泉純之助の馬鹿

自由主義を恐れているとか アホじゃなぃにょ。
自由主義とゆぅ名の金銭競争主義、こりが人類社会を堕落させる。わしわ こー のたまっておるわけぢゃ。
 何をもって競争の基準とするにょか、その基準わ如何に金儲けするか ちゅーことだ、そりが穢れた文明・アメリカちゅーことだ。賭博文明。

   もっと幸福論を

三保 平清 2005-10-24 20:02:09 No.246201
   xxxxxxxxx殿
>もっと幸福論を
◆あんたが不幸をばらまいている。あんたが消えたら、幸福が訪れるでしょう。
衰退なくして改革なし 2005-10-24 22:55:51 No.246254
一定の質と量を満たすためには1日(8時間)掛かると見積もられた仕事がある。

A:その仕事を7時間で終える人
B:その仕事を8時間で終える人
C:その仕事を9時間で終える人

A1:1時間は自分の時間と考える人
A2:1時間+残業を行い質と量の向上を図る人
A3:残業を行い地位や収入を守ろうとする人

B1:定時以降は自分の時間と考える人
B2:残業を行い質と量の向上を図る人
B3:残業を行い地位や収入を守ろうとする人

C1:残業終了後は自分の時間と考える人
C2:更に残業を行い質と量の向上を図る人
C3:更に残業を行い地位や収入を守ろうとする人

労働の対価は結果(質と量)に比例しなければならない。与えられた時間内の結果が同じならば、報酬は同一にすべきである。日本の経営者は過程重視を妄信(利用?)している。過程を重視した労働は将来の結果に何れ反映する。労働の結果は拘束時間に比例するとは限らない。

「階層の二極化」や「格差の拡大」は能力差(A、B、C)だけが原因ではない。思想(1、2、3)を区別しない労働環境も原因の一部なのだ。全員が一律に、結果(質と量)の向上を長時間労働で達成するという発想が間違いなのである。「可能性」と「継続性」は異なる能力なのだ。

日本の経営者は、労働の対価が「結果の平等」となることを容認するだろうか。日本の労働者は、必要に応じて働き、能力に応じて分配を受ける社会制度を受容するだろうか。当然、能力に応じて受けとる分配の差は、可能な限り少なくするべきである。

人間は、幸せと感じれば幸福であり、不幸せと感じれば不幸なのだ。十人十色、各人各様、人それぞれに幸福は違う。一定の要件を満たしているならば、他者への過剰な干渉は慎む。それが日本人の幸福を守っていたのではないだろうか。
xxxxxxxxx 2005-10-25 02:40:13 No.246315
↑なにゆってんだか

佐藤優によると、神皇正統記に、人を採用するにわ、まづ人格を見よ、ついで能力を見よ、とあるそーだ。
人わ機能か人格か ちゅー問題やね。
人を機能としてばっかとらえて、労働ー対価 なんつー欧米式のドライな つか奴隷社会な見方わ いづれ行き詰るであろ〜
 シナわ商人の国 ユダヤわ金貸しの国 日本わ職人の国だ。 金儲けより まづ腕を磨く お金わあとからついてくる。こーゆー国柄なのだほんまわ。
 
強者死すべし 2005-10-25 03:24:01 No.246323
スレ題とxさんに同意です。
傾向として会社は正社員を減らしパ−ト、バイト、契約社員を増やし社員の仕事を押し付けてきてますね。給金をそのままにして、しかもあることないこと因縁つけみたいにして天引き分を増やそうとする姑息。ご存知の通り(?)パ−ト等には組合はありません。経営者、社員の言いなりです。そういう意味でxさん仰ることは理解できます。

ここにレスなさっている方の職業を知る術はありませんが、さぞかしたいそうなお仕事なさってるんでしょうね?
デパ−ト、スーパーで新鮮な野菜、魚、肉が並んでいて、あなた方が気軽に手にとれるのは誰のおかげですか?それぞれの場所で作物をとる人、それを運ぶ人、そのままでは売れませんから、小売加工する人、何段階もの人の手を渡って最終的にあなた方の手に渡っているんですよ。そして直接作業をしているのはパ−ト労働者等です。明らかに負担が大きくなっている人達の労働の対価を増やすのはいけないことでしょうか?
難しい本を読んで理屈を語るのも結構ですが身近な所に目を向けて理論と現実を組み合わせて考えては頂けませんか?
TDB1103 2005-10-25 07:13:00 No.246339
今から20年以上前、7〜8年労働組合の役員をしていた経験から言うと、組合員の9割は自分勝手です。なぜ労働組合があるのか、組合がどうして必要なのか、といった視点から組合のあり方を考える人は1割もいるかいないかです。

現在の大手組合員の意識も、多分、自分たち正社員だけの「権利擁護組合」といった意識じゃないかな。つまり、自分だけ良ければそれでよしとする考え方だ。

今度、連合の会長になった高木剛さんはゼンセン同盟だ。ゼンセンは、伝統的に労働組合主義を貫き、労使協調と労働者の権利擁護を第一義に掲げてきた組合だ。今はどうだか知らないが、昔は、あそこはいいことを言うなと思ったものだ。

高木さんの登場で連合がどう変わるのか変わらないのか。一応、運動方針はいいことを言っている。参考までのどうぞ。

http://www.jtuc-rengo.or.jp/new/news/weekly/no104/02.html
ナポレオン・ソロ 2005-10-25 10:27:49 No.246386
>グローバリゼーションに反対せなアカン
 国際コミンテルンには賛成にゃアカンってか。
三保 平清 2005-10-25 09:50:42 No.246375
  強者死すべし殿
ここでその程度の説教はないでしょう。相手の術中にまんまと載せられている。
衰退なくして改革なし 2005-10-25 23:03:29 No.246679
必要に応じて働き、能力に応じて分配を受ける社会とは職人の世界です。何時、何処で、何故、どの様に、いくらで仕事をする必要があるのか、決めるのは職人自身です。過程を重視した労働は将来の結果に何れ反映するものです。それが「お金わあとからついてくる」ということではないでしょうか。

日本は、いづれ行き詰るのではありません。既に行き詰っているのです。欧米式のドライな奴隷社会では中途半端なのです。支配(指導)層に裁量の余地を与えず、キャリアパスを明確にした極めてドライな奴隷(徒弟)階層社会を考えるべきなのです。同一労働同一賃金は、職人の掟ではないでしょうか。
xxxxxxxxx 2005-10-26 03:03:03 No.246786
必要に応じて働き、能力に応じて分配を受ける。
でわちゃうくて、
能力に応じて働き、必要に応じて分配をうける。

たしか、こりが未来の共産主義につぃてマルクスさんがゆった文句だすな。

うるおぃのなぃご世の中ってダメダメょ
パオさま 2005-10-26 09:04:34 No.246846
>能力に応じて働き、必要に応じて分配をうける。

“家庭”がこれにあたるだニね。
けちょん 2005-10-26 15:13:54 No.246959
マルキシズムは嫌いです。きれい事でまとめられいますが、結局は支配層を王侯貴族から腹黒い成り上がりに替えるために考え出された破壊イデオロギーであります。
ソ連指導層の多くはユダヤ人であったと誰かがカキコしていましたが、革命後ソ連が歩んだ歴史を眺めると信ぴょう性があります。

彼らの説く『富の共有・分配』なんて大嘘でした。その本質は
「貴方のものは私のもの、私のものは私のもの」

そんなエゴイズムに基づく思想を掲げる労働組合も怖い組織であり、ヤクザと大差ありません。
労働運動の再興・・・それは日本の破滅です。
衰退なくして改革なし 2005-10-26 23:38:40 No.247176
能力に応じて働き、年齢に応じて分配をうける。
または、
能力に応じて働き、拘束時間に応じて分配をうける。

これが日本の建前でした。

能力以上の分配を要求するから殺伐となるのです。
己の能力を弁えた労働者が職人なのです。
xxxxxxxxx 2005-10-27 03:26:04 No.247237
マルクスさんの収奪論搾取論が生きてくるよーだな
子猫艦隊(私立理系・工学部だから社会科は苦手 2005-11-05 21:15:14 No.250053
 共産主義?社会主義? 名前は知ってるよ!
マルクスは、川崎フロンターレのフォワードですよね。

 今の日本は、資本主義/競争社会っていったってさー
お医者さんにかかれない人ってまずいないでしょー
 教育を受けられない人ってのも聞かないしー
所得も能力に応じて得ることが出来るしー
 富  の  再  分  配  ?  
ちゃんとした数字じゃないけどー(知ってる人フォローしてねコ)
 高額納税の上位16パーセントが全納税額の76パーセントをまかなってるって知ってた?(ウソ)
 累進課税方式だし、ちょっと稼ぐと住民税100万以上になっちゃうし、国民健康保険料はMAXになっちゃうし・・・こんなの社会主義国と変わらないよー
トマト 2005-11-05 22:21:25 No.250077
労働運動の問題は、日立の大畠君や三菱の加藤君に聞いて見る事だね。彼等は、左翼バカでも無いだろうし、連合の問題点を一番分かっていて、しかし、問題を解決する腕力の無さを感じて居ると思うね。太田薫の如き腕力でも、政治的策謀でやられた。太田は、右翼であれば、あれはまれにみる人材であった。人材が、左翼に流れたのが、日本の再興を遅らせてる原因であるね。

労働界は、地味であるから、国民からみれば、パフォーマンスも無いし、国民的英雄が出ない構造にある。連合は、大企業労組から、砂粒労働者の組織に力点を変えれば、日本を統一出来るだろう。「正社員労組」の「連合」は、所詮、既得権益の擁護団体に写るね。連合傘下で働いた者が、砂粒になって、また、連合傘下で働いて、再び砂粒になると云ふ事を経験すれば、客観的に見える。ずーと、労働貴族社員をやる者には、それは見えない。その立場にあれば見えない という経験をしなければ、分からんのだよ。人は、自分の立場からしか見えない、半分メクラであり、ツンボである。生まれてから、ずーとメクラの人は、メクラが常態であると錯覚して、他の世界は見えないのだ。
1
YouTube 公式サイト正式オープン ベターライフ番組表 番組配信スケジュールはこちら チャンネル桜のあの人気番組がDVDに!!