「日本文化チャンネル桜二千人委員会」発足 南京の真実
SO-TV

旧掲示板

日露戦争勝利百年

平野 [ホームページ] 2005-08-05 00:21:50 No.199892
一,日時  平成十七年九月三日(土) 午後一時(12時半開場)
一,会場  赤坂プリンスホテル新館二階・クリスタル・パレス
      http://www.princehotels.co.jp/akasaka/kotu.html
一,プログラム  講話 日露戦争勝利の意義(加瀬英明)
         挨拶 外国駐日大使、外国人の来賓挨拶 青年代表の決意表明。
         展示 連合艦隊全艦艇二百余隻の模型の展示
            日露戦争、ポーツマス講和会議のパネル上映
            大型スクリーンにビデオ上映など。

一、食事など   当時の兵士、国民が食したレトロ食品および「東郷ビール」「乃木の誉れ」「日露戦争勝利百周年記念ビール」で乾杯します
一、会は「君が代」斉唱に始まり、最後に「海ゆかば」を合唱します。
一、記念冊子   特別編集の記念冊子(24ページ)を参加者に謹呈します。
一、関連図書   また日露戦争に関しての珍しい図書、参考文献など多数を割引販売

一、「呼びかけ人」(五十音順、敬称略)荒木和博、池田十吾、井沢元彦、石井竜生、伊藤哲夫、稲田朋美、稲見友之、井原まなみ、井尻千男、井上和彦、入江隆則、植田剛彦、潮匡人、遠藤浩一、大高美貴、大原敬子、大原康男、岡田幹彦、加瀬英明、椛島有三、久保田信之、工藤美代子、クライン孝子、倉田信靖、佐々木俊夫、さかもと未明、高池勝彦、高市早苗、高森明勅、高山正之、田中英道、津川雅彦、柘植久慶、都倉俊一、中村彰彦、西尾幹二、西岡 力、西村幸祐、花岡信昭、花田紀凱、浜田和幸、福田逸、藤岡信勝、藤井厳喜、松嶋悠佐、水島総、三原淳雄、宮崎正弘、村松英子、宗像隆幸、八木秀次、米田建三、渡邊絵美ほか多数。(まだ多くの著名人に「よびかけ人」への賛同を交渉しております)。

一、参加資格  18歳から39歳までの日本国籍を有する男女で主旨に賛同される方。

◎申し込みはメールにて下記から登録できます!
 http://www.nichiro100.jp/index.html
poko 2005-08-05 00:29:08 No.199908
 日露戦争勝利の第一の要因は、英国を味方にし、米国に終戦の斡旋を依頼したことにある。
 第二の要因は、日本は自国の近くで戦い、ロシアはその中心部から遠く離れた極東でたたかったという点にある。
 こうしたことを忘れて、勝利におごり高ぶった無知、(世界の大勢に疎く、継戦能力を無視)無能(馬鹿の一つ覚えの作戦)かつ卑劣(法を無視し、テロで文民を脅迫した)軍人達が国を滅ぼした。
もっちゃん。 2005-08-16 20:38:31 No.208247
(*^_^*)丿Age.

一『誠』字にあり貫く。
みなとや  2005-08-16 21:13:28 No.208275
日露戦争に勝ったことでアジアの新興国が見直され
欧米との不平等条約は解消された。トルコの対日感情
がよいのは、国境を接しているので常に圧力はあったので大国ロシアに勝った日本に対しては特に好感を
持たれています。

ロシアの南下でイギリス植民地の権益を護る必要から
日英同盟は結ばれた。その結果スエズ運河を通過出来ず
日本海海戦に勝利できた。すべてうまく行き過ぎた。

>勝利におごり高ぶった無知、(世界の大勢に疎く、
>継戦能力を無視)無能………略。

残念なことに、1939年のノモンハン事変での
敗戦を隠していたことで、装備の近代化はソ連軍は
数倍優れていた。

そのまま第二次大戦に突入してしまった。

アメリカのルーズベルト大統領は講和の仲介をして
くれた。そのアメリカと皮肉にも30数年後に戦端を
開いた。世界情勢を見るのを誤った。


いさなぎ わかひと 2005-08-17 02:06:16 No.208486
現在は、海自と露西亜太平洋艦隊とはいい関係らしい、潜水艦の事故の時は、モスクワの反対を押し切って、先ず始めに日本に救援依頼をしたとか。
これも、日露戦の良い処の影響ならいいのだが。
加藤コウイチ 2005-08-30 19:48:00 No.217465
日露の勝因として、明石元二郎の諜報戦をまず勉強してから、意見を述べるのも、面白いかもしれません。

日本海海戦だけが勝因でなく、情報戦を通じて、ロシア革命を引き起こしたのが、その明石、日本人で有った訳ですから。

まさに、現在の日本人に必要な事柄ではないでしょうか?
ガーランド 2005-08-31 08:31:31 No.217720
昭和9年の「少年倶楽部」に掲載された日本海海戦の絵物語を紹介しているサイトです。一見の価値は充分にあります。

http://web.hpt.jp/neuronal2/kaisen.htm
もしもし 2005-09-01 15:42:22 No.218463
http://newleader.s-abe.or.jp/modules/news/article.php?storyid=36

安倍氏も夕刊フジの紙上で、日露戦争先勝百年にふれている。
もしもし 2005-09-01 15:43:37 No.218464
訂正します。すいません。 
先勝→戦勝
ナポレオン・ソロ 2005-09-02 17:55:59 No.219112
>pokoさん
 貴方の日露戦争の分析には、感情的に引っ掛かる所は有るにしても大方その通りでしょう。

 しかし、もし、「この戦争に負けていたら」という視点で観れば、先人の尊い犠牲に頭を垂れるしか無いのでは有るまいか、この戦争が間違い無くロシアのアジア侵略を阻止する為に行われ、多大の犠牲を出しながらも、奇跡的な勝利を得た事が、現在の日本を有らしめているのは間違いが無いのですから。
ハリマオ 2005-09-02 18:14:44 No.219118
9月4日(日)14:00 より日本青年館で
民族派青年団体による「日露戦争戦勝百周年記念政治集会」が開催されます。
愛国者の皆様のご参集を望みます。
珊 島 2005-09-04 19:07:51 No.220125

ガーランド様が教えてくれたHPを開いて見て今では全く見られなくなったあのタッチの絵が当時の情景とあの時代の雰囲気をよく醸し出していて「昔見たような絵だな」ととても懐かしく感じました。
http://web.hpt.jp/neuronal2/kaisen.htm

中でも私が驚嘆したのはある一枚の絵でした。宮古島久松5勇士がバルチック艦隊を発見する時の絵です。これまで久松5勇士の事は当時(昭和初期)新聞や雑誌でも報道され教科書にも載ったことがあると聞かされていただけに実物を見て驚いた次第です。(これは貴重な資料です。ガーランド様御礼申し上げます)

今から40年程前でしょうか三船敏郎が東郷平八郎に扮する東宝映画「日本海海戦」は久松5勇士が出ているということで島の映画館は連日超満員でした。島の首長を演じた俳優が「ここには無線はナャ〜ン」と島言葉を発するやいなや館内は笑いと拍手と指笛の渦で、老若男女何の屈託もなく誇らしく観たものです。

20年前の1985年、島では久松5勇士80周年記念として「久松5勇士を再現し先人が残した偉業を今一度振り返り後世に残していこう」とイベントが企画されトライアスロン開催と相俟って島は燃えていました。しかし県内マスコミはそれに冷ややかで「問題ありはしないか久松五勇士再現」というタイトルで批判の矢を浴びせました。

いわく「戦意昂揚のためには何でも利用する、という一つの例で国家が言い出せばデマでも真実になる類である」「何を今さら何の目的でという気がしてならぬ」「漁民の勇壮という表面よりも、その背景にこそ真実がある」「久松漁民は肉弾三勇士になぞらえて久松五勇士と称せられ愛国的英雄として映画や舞台でも盛り上げられ、国民の戦意昂揚に利用されていった」「軍国主義によってつくり出され戦意昂揚のために利用された久松五勇士はそっとしておくのが一番いい」等々です。これを読むと気が滅入るというか腹が立ってしまいますね。司馬遼太郎著「坂の上の雲」では暖かく肯定的に記されているのに県内マスコミはそれに言及するこなく全く無視していました。


珊 島 2005-09-04 19:09:34 No.220127

案の定といいますか地元識者の意見もあってイベントは急速に萎み「平和への使者久松五勇士」にすり替えられ書状を持ってサバニ(琉球カヌー)を漕いで石垣へ行くという有様になってしまいました。民主党参議院議員喜名昌吉の白船「全ての武器を楽器に」の走りです。あれから20年、100周年に当たる今年は久松五勇士の顕彰イベントはおろか県内外でも全く話題にも上がらず忘れ去られた存在となってしまいました。日露戦争100周年記念も日本国家は何一つ祝することはないので無理からぬことだとは思いますが「久松五勇士よ今一度」桜チャンネルの皆様方には紹介したくここに投稿する次第です。

追記:久松五勇士について

明治38年(1905年)5月那覇の商人奥浜が商用で山原船(琉球帆船)で那覇から宮古島へ向かう途中バルチック艦隊に出会す。奥浜はバルチック艦隊に捉えられるが中国人ということで釈放される。宮古島に着いた奥浜は島庁に直ちに報告するが島には無線機がなく連合艦隊に報告することができない。しかし隣の石垣島には電信局がある。国家存亡の重要な情報で一刻も猶予はならず島司は漁から帰って来た久松の漁師に石垣島まで行ってくれるよう頼む。5人の漁師はそれを承け170km 離れた石垣島までサバニ(琉球カヌー)を漕いで行く。八重山電信局は5人の報告を受け「敵艦見ゆ」の電報を東京の大本営に打電するが信濃丸が発した「敵艦見ゆ」の第一報に遅れること一時間であったという。この話しは当時誰にも知られることはなかったが昭和9年「大阪毎日新聞」の報道で全国に知られることとなる。

詳しくは司馬遼太郎著「坂の上の雲」第六巻「宮古島」の章参照を。


駿河山人 2005-09-05 07:59:35 No.220355
日露戦争について以下の発言があるが、
>勝利におごり高ぶった無知、(世界の大勢に疎く、
>継戦能力を無視)無能………略。

日本人の価値観ではない。異民族は日本の勝利がねたましく何とかケチをつけようと必死である。しかし史実は明らかである。無駄な足掻きである。
1
YouTube 公式サイト正式オープン ベターライフ番組表 番組配信スケジュールはこちら チャンネル桜のあの人気番組がDVDに!!