「日本文化チャンネル桜二千人委員会」発足 南京の真実
SO-TV

旧掲示板

日本って何でしょう

TAROU 2005-08-13 16:48:23 No.206328
>当掲示板は、日本の伝統文化の復興と保持を目指し、日本人本来の「心」を取り戻すべく集う自由な掲示板です。

とありますが、一体『日本の伝統文化の復興と保持』という時の「日本の伝統文化」とは
一体何を具体的言われるのでしょうか?

私には今ひとつ、よく理解できません。

そもそも、「日本の」と形容できるほどの現実を現在の日本人が持っているのでしょうか?
私には、現代日本人という時そこに、ほとんど無国籍で得体の知れない物質文明に
溺れたものしか見えません。
フリーハンド 2005-08-13 17:12:21 No.206340
日本の文化とは聖徳太子の「和をもって尊しとなす」
これが日本の最も基本的な文化です。
文化と言うより日本人の国民性です。
又、これは神道の基本でもあります。
日本は昔から諸外国の文物を取り入れて
日本流に消化して来ました。
時間が経つにつれて、本当の日本で発生した
文物てのようになり、あたかも日本人自身が
発明した文物であるかのようになりました。
大事なことは今日本にある文物が日本発で
あるかどうかではなく、諸外国から取り入れたもので
ありましても、日本人が自己流に調理して
自分達の文化・文明として活用しているということが
大事なのです。文化・文明がどこの産であるかと
言うことはそれほど重要なことではありません。
日本人の特長は、右の者でも左のものでも
調和させる能力なのです。これを「大調和精神」
と言います。これが大和民族の根本精神です。
だから「大和」と言うのです。「大和魂」とは
このことです。何でもかんでも意固地になって
強がりを言うのが大和魂ではありません。
念のため。
フリーハンド 2005-08-13 17:39:49 No.206354
発言者自身により削除されました
TAROU 2005-08-13 17:42:23 No.206357
レスありがとうございます。
コメントされた内容は理解できます。私の聞きたいのは、
言葉ではなくて、現実に日本と言い得て実体験できる
中身、目に触れて触れてということです。
これが日本です、これが日本人ですという現実を具体的に
毎日の家庭生活の中に存在していますか。
尊敬しうる生活はあったという証拠にすぎません。
しかしながら、現在のどこにそれを見出せるのでしょう?
雷神 2005-08-13 17:57:54 No.206370
>しかしながら、現在のどこにそれを見出せるのでしょう?

甘いですね。
それを見出せないのは己の心のレンズの向け方に問題があると言う事に気がつきましょう。

簡単な例を挙げます。
一部の女性がよく口にするでしょ。
日本の男って、ちっとも男らしくないわよ、って。
これはね、自分の周り、それも腹を割って話し込んだわけでもないのに、凡そそーであると決め込んでるだけの話。
実際、そのように断言するには凡そ6千万は居るかと思われる日本男児全てと腹を割って話し込まないとね(苦笑い
男らしいかどうかなんて、その人、1人1人に過去の体験談やらなんやら聞きださなければ分かる訳がない。

でも、実際にはそーではない。
己の偏見と上っ面だけの日常会話を通し、極々狭い範囲でしか見てない一部の男を通じて、それを全体であるかのように思い込んでるだけ。

もー1度言います。
見出せないのは己の心のレンズの向け方に問題があるだけです。

小学生ですか?www
TAROU 2005-08-13 18:41:06 No.206395
現実をありのままに見ることが偏見なんでしょうか。

過去に日本の国家戦略を遂行した実績をもとに
現代の日本人を推測することはできないと思います。

戦後六十年も憲法改正すらできませんでした。
ブルドーザで日本列島改造計画に突き進むことを
選択したのも日本人です。
ブランド製品に浮かれまくったのも日本人です。

勿論、これをもって全ての日本人とは言いません。
しかしながら、多数の日本人がそのように行動したことは事実です。
雷神 2005-08-13 18:54:40 No.206406
>勿論、これをもって全ての日本人とは言いません。
答えがここに出てるではありませんかwww

それとね、その下で貴方が述べてる『日本列島改造計画に突き進むこと』&『ブランド製品に浮かれまくった』これと日本精神とどのような関係があるとお考えですか?www

あのですね、資本主義社会に生きる人間で経済的利益を追求しない人間が居るとでも?
誰でもより良い暮らしを望みますよw
それと日本精神とは全く関係ありませんw

そもそも人類が何故地域社会を結成したか分かります?
1人で生きるよりも集団で生きる事が経済的にも安全保障的にも勝るからですよ。
そしてその結果としての『良い暮らし』があるのでしょう。
その良い暮らしの証たるブランド製品の購入に何か問題でも?www
さっぱり意味が分かりませんが?w
TAROU 2005-08-13 19:28:23 No.206416
日本精神と経済とは無関係。なのですか。

無関係な経済追求だから無国籍で得体の知れないものに
なっているんじゃないでしょうか。
(というか、初めのコメントがこれなんですけれど。)

雷神 2005-08-13 19:51:21 No.206424
>日本精神と経済とは無関係。なのですか。
そらーそーでしょwww

まー、俺が言う日本精神とは、例えばだよ?
戦陣訓に書いてある『総じて武勲を誇らず、功を人に譲るは武人の高風とする所なり。他の栄達を嫉まず己の認められざるを恨まず、省みて我が誠の足らざるを思ふべし。』
とありますね。
このような武士道精神と経済って関係してると思いますか?

それと、二行目以下はさー、日本精神と経済がリンクしてなければ意味を成さないかのような言い方(無関係な経済追求だから無国籍で得体の知れないもの、と否定的)ですが、例えばイギリスの場合、騎士道精神と経済がリンクしてなければ否定するのでしょうか?www

で、くどいようですが、もー1度言います。
上記の武士道精神と経済とどのような関係が?w
TAROU 2005-08-13 20:18:37 No.206435
フリーハンドさんの言葉を大切にしたいと思います。
けれど、手放しで認めることなど私にはできません。

人間が精神を養いそこに自らを見出そうとするなら
それを表現する生活文化もしっかりと無くてはなりません。
それが私の気持ちです。
雷神 2005-08-13 20:36:35 No.206444
>フリーハンドさんの言葉を大切にしたいと思います。
終わっちゃったの?嘘でしょ?w ここまで話し込んでそりゃーないでしょw
と、言いたい所だけれども、まー、最後に1つだけ。
上にも書いたけど、俺が思うに経済と○○精神は無関係だと思うよ。
インド人にインド精神ってのがあったとしてもインド精神と経済を結びつかせる意味は無いと思うしね。
君のここの部分はどーしても解せなかったのでね。

以上。
現実家 2005-08-13 23:37:53 No.206540
TAROUさん、現実の生活の中に現れているものには伝統的な日本文化を見ることができないというご意見ですが。たしかに、着物を着ている人が多くいるわけでもなく、雅楽のコンサートが一般に行われているわけではありません。しかし、日本は世界で唯一「・・道」というものが存在する国であり、僧侶でもなく俗人でもない中間にある一般人でも華道、茶道、剣道などの精神道を求めることが一般に多く見られる稀有な国だと思います。つまり、外面的な現象ではなく、人の心の持ち方などに日本文化の伝統は残っているのではないでしょうか?これらの文化はどちらかといえば渋いものであり、若い時代には理解が難しいと思います。私自身もそうでした。たとえば、クラシック音楽なども高校時代には興味がない人が多かったのが、大人になると皆オペラにあこがれたりしています。それと同じように、若い時には能や源氏物語に引かれることはめずらしいように思います。色々な人生を体験し、精神の目が養われるに従い、自然に自分の中にあるDNAが呼び覚まされこうした文化に目覚めてくるのだと思います。私自身はこうした精神道は日本人の持つ先祖崇拝である神道に根ざしていると考えています。このように考えると、日本の武士道も神道を土台にしたものであり、日本型経営など経済活動にも神道の影響が見られると思います。日本という国は神道という縦糸に外来の文化が横糸として折り合わされた多面的な文化なのでしょうね。若い時には無国籍な文化が氾濫していても、成熟するに従い日本の伝統の優れている点が見えてくるのではないでしょうか?もし、早くそれを体得したいのであれば、一度国を離れて外国で暮らしてみるといいのではないかと思います。
強者死すべし 2005-08-14 00:14:04 No.206562
スレを読んで一言
TAROUさんはあくまで表層的に他人を見ているか、テレビで喋っている人の言動でそのような感想を述べているのではないでしょうか?たしかに「日本の伝統文化の復興と保持」と硬い文体で言われるとなにか大仰なものを想像してしまいます。もっとたくさんの人と話をしてください。もっとお年よりの方と会話をしてみてください。文化というのは上の世代からの考え方、立ち居振舞い、その他の継承ですから。たしかに若い世代は派手で目新しいものを好みます。けれども社会にでて色々な人と話し合う内には変わっていくものです。もちろん変わらない人もいますけど。
>それを表現する生活文化もしっかりなくてはなりません。←TAROUさん そう!その考え方こそ形から入る日本人そのものですよ!立派な日本人じゃないですかぁ
test 2005-08-14 13:22:03 No.206805
太郎さんへ、
>一体『日本の伝統文化の復興と保持』という時の
>「日本の伝統文化」とは
>一体何を具体的言われるのでしょうか?

スイスの秘書オバハン
(ECは秘書軍団で動いている社会)の言うことを
引用し、日本文化のダメなところを指摘する。

「国際間で容認されるテレコミニケーション
プロトコールを取れない民族」だそうです。

WW2時代に「黙殺」なる御前会議の決定が
広島、長崎の原爆投下となり、かくも多くの
市民が被害を受けた一連の事実はこの粗雑な
日本文化から来ているとの分析です。

   
前後左右 2005-08-14 13:23:36 No.206806
小泉さんが、自民党をぶっ潰すと言いましたが、真にその通りになりました。日本には、言魂ということばがあります。旧約聖書にも、言葉は神なりきと言う一節があります。神は示すヘンにツクリが申すです。日本の文化は、基本となる言葉に多くふくまれています。日本人はそれを体現できる民族なんです。
フリーハンド 2005-08-14 16:50:18 No.206921
良く保守派の人が日本の文化、伝統を
守らなければならないと言いますが
その守るべき文化や伝統の中身について
どう考えているのか大変に興味があります。
おそらく、その守るべき文化・伝統の
中心は皇室制度・天皇制でしょう。
しかしながら、皇室・天皇制とかは
我々庶民の日常生活にとってはあまり
密接に関係性を感じるものではありません。
それはそれで守って行くべきシステムでしょうが
それとは別にもっと自分達の日常を支配
している日本の生活習慣やものの考え方
の方が重要な文化であり、伝統であります。
私は日本人の日常の生活を無意識的に
支配しているものこそが、真の文化伝統で
あると思います。それは一言で言えば
我々の国民性・民族性であります。
我々が何か行動する場合において、
自分では気が付かないが、その行動は
やはり国民性によって支配されていると思うのです。
日本の社会を支配しているこの国民性を
良くしなければより良き社会の構築は出来ません。
現在の文化・伝統を唯守るのみでは真の
保守とは言えません。自分達の文化伝統の
良し悪しを充分認識して良き部分を残し、
悪しき部分を改善していくことこそ真の
保守であります。何処の国民や民族で
ありましょうとも、長所のみの文化や伝統は
ありえません。唯単なる万歳主義は無用で
あります。
xxxxxxxxx 2005-08-14 17:11:47 No.206934
日本とわ何か、日本人とわ何か?

単に想像をめぐらすよか、前近代の日本、江戸時代に生きた日本人の心の風景を知るっちゅーこと有益だしょーな。

 で、わし、渡部京二「逝きし世の面影」葦書房をご推薦申し上げたぃ。
 幕末から明治初期、外来人の眼で見た日本・日本人、こりを、外国人の日記とか広範に収集したもんだ。ま、年代の違いもあろ〜が、戦後わずかに残っていた古き良き日本人のカケラを知るわしとか、つぃ目頭が熱くなる不思議な感動、なつかしさ、を覚ゆるスバラシの本だす。ぢぇひご一読おすすめすます。

  ●草花の匂える神の国●

こりが本来の日本の姿だあゆます。
ジャッカル 2005-08-14 17:15:27 No.206937
日本とは何か?日本人とは何か?
このジャッカルを見れば誰にでもすぐにわかるだろう。
半人前 2005-08-15 03:15:53 No.207181
現実に日本で体感できる事とありますが、ここで一つ指摘したいことが御座います。

主観的に物事を捉えるには、経験と思慮の深さに関係があると思います。社会一般の物事を捉えて全体を見据えると小さい出来事に目が行きません。また、それを全体の総意と結論付けると本質を見誤る危険性があります。

>「日本の」と形容できるほどの現実を現在の日本人が持っているのでしょうか?

体感する機会が少なくなって居ると思います。精神文化についてはフリーハンドさんの意見が表しています。聖徳太子が和宗という考えに至ったのも、茶道にわび、さびという考えが在るのも考え方が培われた経緯に日本人を捉える要素が含まれていると思いますので、当てはまる体験を探してみてはいかがでしょうか?




TAROU 2005-08-15 16:28:15 No.207455
こんにちは、あまりのレスにどう返答したらよいのか困惑しております、失礼をご容赦下さい。
またレス頂いた皆様ありがとうございます。

フリーハンド様のコメントは心情として私の気持ちに近いものが感じられます。又、test様の指摘はとても明快で示唆を感じました。
半人前様の前半部分本質を見誤るとの指摘有難く頂きます

最初にコメントさせていただいた通り、
>「日本の」と形容できるほどの現実を現在の日本人が持っているのでしょうか?
というのは、フリ−ハンド様が記された言葉を借りれば
>我々庶民の日常生活にとってはあまり
>密接に関係性を感じるものではありません。
と発言された感覚に相似する心情です。

常を離れた特別な体験は常ではないのです。
文献においての知見は体験ではないと思います。
大和        2005-08-15 17:45:41 No.207483
「和をもって尊しとなす」
日本人の国民性を象徴するものかもしれません。
しかし、これをもって全て上手く行く時代でもなくなりました。
一方では「和をもって何も決まらず」、「和をもって凶となす」が今の日本です。
政治、経済はいい例では?
「和をもって尊しとなす」は素晴らしいが、使い分けが必要でしょう。
雷神 2005-08-15 17:49:06 No.207487
俺俺は無視ですか?w

>勿論、これをもって全ての日本人とは言いません。
答えがここに出てるではありませんかwww
これと、半人前様の前半部分本質を見誤るとの指摘
全く一緒の意味なんですが?www

最初に言った俺俺のレスをよーく嫁w
穴が開くまで嫁w
実際、今こーして色々気がついた訳でしょ?
それはみんなのレスを通して自分の心のレンズの向け方が変わったからでしょ?
俺俺が言った意味はそれなんだよ。
最初にレスした時に述べた『己の偏見と上っ面だけの日常会話を通し、極々狭い範囲』が取っ払われた結果じゃんかw
最初の時点で答え出てるんだYOwww
       2005-08-15 18:32:45 No.207511
日本人のなんば歩きを復活させよう。
実に合理的な歩行だ。
疲れず、力がはいる。
だから江戸時代の人は一日何里も歩けた。
粗食でよく歩いた。
飽食で運動不足の現代の日本社会においてはもってこい。
最初は奇妙に映るかもしれないが、皆でやれば恐くない。
「和をもって尊しとなす」で行こう!!!
TAROU 2005-08-22 07:25:38 No.211872
No207487経済と精神無関係論様。
無関係といわれるあなたと何を話し合えるのかわかりません。故松下幸之助氏の著作お読みになられたことはありませんか?

No207511様の意思は凄いですね、なんば歩きがどんな
ものだか知りませんが頑張ってください。
憂国の士 2005-08-22 10:56:47 No.211946
>TAROU様

文化はシステムであり、全てが具体的な形をもっているものではありせん。もっとも手っ取り早く実感できる文化は「言語」でしょう。日本でいえば日本語ですが、いわゆる日本文化に共通するインターフェースとしての役割を果たしています。したがって日本語なくして日本文化を創造したり実感することはできません。文化について言及するとき、もう一つ大事なことは継承性です。これは文化を共有する民族によって子々孫々受け継いでいくものですが、少しずつ変化していきます。外部社会との接触の著しくなればなるほどその変化の度合いは大きくなります。文化も生物と同様進化していくのです。時には退行的になって活力の減退を伴うときがありますが、このような場合、伝統文化への回帰によってもとの活気を取り戻そうという力学が働きます。「日本の伝統文化の復興と保持」というのは現在の日本文化が誤った方向に進みつつあるという危機感からくるものですが、人によってはそう感じないのもいるでしょう。しかし、現実にはそう考える人が無視できないほどいるわけで、そう感じていない人が伝統文化とは何か具体的な形で示せというのは乱暴な話です。文化というのは具体的な形を持ったものとは限りません。その点では漢方医学の「気」の概念と対比するのがよいでしょう。気とは見ることはできないが常に身体の内部から周辺にかけて充満する生命活動に大きな影響を及ぼすものとされ、近代科学でも実体は捉えることができないものです。いわゆる殺気もその一種で、これは実感できるはずです。文化というのは考えれば考えるほどわからなくなる、それほど多様なものです。ですから具体例を示せというのは野暮で、むしろ異文化(たとえば朝鮮や中国など)との違いを指摘することで実感を深めていく方がアプローチとしてはよいと思います。
戦後生まれへ 2005-08-22 11:09:21 No.211952
戦後生まれへ

戦後生まれの日本人は、戦争の悲惨さを肝に銘じるだけで充分。
 中国人や韓国人に対して、卑屈になったり、後ろめたさを持ったりして、史実を歪曲してまで日本人を自虐的に貶めたり、正当な手段で手に入れたりした権利や財産を中韓に差し出す必要はありません。
謝罪に関しては、キャスターの筑紫などの戦中派が土下座でもすれば良いのです。

戦後生まれの日本人のすべき事は、史実に忠実な歴史を学んで、政治的意向で歪曲されまくった教科書を強制されて反日となった中韓の人々を助けて、本当の友好を結ぶ事です。




test 2005-08-31 05:47:17 No.217676
The All

日本とは、地球村大和藩です。
特殊ビス(ねじ)一本の空輸が滞ると、
全世界の工場ラインが止まる。

日本の新世代は「一連托生の地球村」を
気付かずに築いているのです。

産業の網目が細かくなると、国家間の戦争が
起こり難くなることに気付くべし!

本テキストの起草者は、エージェントスミスの
思想容認派ではないので、安心するように。
映画「マトリックス」を見ると、日本国とは
なにか、日本人の偏狭思想がよくわかるよ。

フリーハンド 2005-08-31 06:46:47 No.217688
もし良ければ小生が本格議論の
中で紹介している、「日本的霊性と世界宗教」
のスレッドの内容をお読みいただくと
多少は参考になるかも知れません。
という宣伝でした。
カンダダ 2005-08-31 07:29:44 No.217700
フリーハンド様

本格議論の貴方のスレ、発言しているのは貴方だけではありませんか?一人議論は下衆の言葉では●●●●といいます。
どんどこ自由談論に参加されて、破戒僧におなりなさい。
フリーハンド 2005-08-31 07:35:55 No.217703
あれは小生の「モノローグ」であります。
本格議論の中である方のやり方と同じで
自分一人ごちているだけであります。
只、内容がちと特殊な世界なので、皆様方の
議論の対象にはならないと思いまして
レスがあればご返事は反しますが
一応そういうつもりで少しづつ書きこんで
います。今後もそう言う風にするつもりでいます。
カンダダ 2005-08-31 07:51:52 No.217707
フリーハンド様

一人お芝居?独白?自費出版されたらよろしいのでは?まあ良しとしましょう。

では質問があります。私が昇っていた蜘蛛の糸は何故切れたのですか?私は重量オーバーが原因だと今も思っております。
バジル3世 2005-08-31 09:36:25 No.217740
フリーハンド様 

「日本の武士は決して死をおそれませんでした。うまく生きのびようとするよりもどうして立派な死にようをしようかと考えている武士は、死ぬべきときがくると桜の花のようにいさぎよく散っていったのです。だから本居宣長という人は、
  敷島の大和心を人とはば朝日ににほふ山桜花
という歌を歌って、日本人の心は朝日に照りかがやいている桜のようだと言ったのです。」『大日本国体物語』白井勇、昭和15年3月刊、博文館。

この大和心と大和魂とは違う物ですか?
フリーハンド 2005-08-31 15:09:11 No.217888
バジル3世様
大和心と大和魂との違いとは、簡単に
言うと度胸と勇気の違いでしょうか?
度胸とは要するに死を恐れないと言うだけの
ことです。これは暴力団やヤクザでも
持っています。しかし、勇気は単なる度胸と
違いまして、人間の本質、つまり人間の
生命は永遠であり、その根本は神の子であるという
ことを、そして肉体はその生命の器にしか
過ぎないということを理解した上で、死を恐れない
のが勇気です。真理に則った上で発揮されるのが
勇気であります。それは単なるくそ度胸とは
似て非なるものです。それから宣長の
言った大和心とは小生の解釈ですが
人間の心の本質は天照大神であるのです。
そのことを日本人の心の本質は朝日に照り輝いて
いると言ったのだと思います。人間の心の
本体は神と同一で、光りそのものであります。
ついでに申し上げますと、古事記に書かれている
「天の岩戸開き」とはこの光り輝く人間の
本心、つまり神の子しての本質を開眼して
この世を平和な神の世界にするという意味であります。しかしながら今の世はその人間の本質で
ありますところの天照大神がお隠れになっているために暗黒の世が続いているのです。これは宗教的に
言いますと、人間の生命の光が人間の過去世からの
カルマによって覆い隠されているからなのです。
日本人という本当の意味は、この国土に
住んでいるから日本人ではなくて、本心を開眼
した人はすべて日本人なのです。何故ならば
日本の本質とは、「霊の本」ひのもとなのですから。
フリーハンド 2005-08-31 15:13:44 No.217891
カンダダ様
>私が昇っていた蜘蛛の糸は何故切れたのですか?私は重量オーバーが原因だと今も思っております。

意味が不明です。私には全然意味がわかりません。
悪しからず。
バジル3世 2005-08-31 15:24:21 No.217898
フリーハンド様

うん。うん。この滑らかな流れで「ひのもと」にたどり着いていく。最近の日本の工業製品見ていると、開眼したなと思いますね。仕事が美しい。あなたの解釈もすばらしい。つくづく日本に生まれてよかったと思っておりますよ。
カンダダ 2005-08-31 15:43:12 No.217907
意味がわからない?俺が舌足らずなのは閻魔のせいやんか!聞きたいのは芥川の「蜘蛛の糸」のこの部分。
「蜘蛛の糸」より
一生懸命にのぼった甲斐があって、さっきまで自分がいた血の池は、今ではもう暗の底にいつの間にかかくれて居ります。それからあのぼんやり光っている恐しい針の山も、足の下になってしまいました。この分でのぼって行けば、地獄からぬけ出すのも、存外わけがないかも知れません。陀多は両手を蜘蛛の糸にからみながら、ここへ来てから何年にも出した事のない声で、「しめた。しめた。」と笑いました。ところがふと気がつきますと、蜘蛛の糸の下の方には、数限(かずかぎり)もない罪人たちが、自分ののぼった後をつけて、まるで蟻(あり)の行列のように、やはり上へ上へ一心によじのぼって来るではございませんか。陀多はこれを見ると、驚いたのと恐しいのとで、しばらくはただ、莫迦(ばか)のように大きな口を開(あ)いたまま、眼ばかり動かして居りました。自分一人でさえ断(き)れそうな、この細い蜘蛛の糸が、どうしてあれだけの人数(にんず)の重みに堪える事が出来ましょう。もし万一途中で断(き)れたと致しましたら、折角ここへまでのぼって来たこの肝腎(かんじん)な自分までも、元の地獄へ逆落(さかおと)しに落ちてしまわなければなりません。そんな事があったら、大変でございます。が、そう云う中にも、罪人たちは何百となく何千となく、まっ暗な血の池の底から、うようよと這(は)い上って、細く光っている蜘蛛の糸を、一列になりながら、せっせとのぼって参ります。今の中にどうかしなければ、糸はまん中から二つに断れて、落ちてしまうのに違いありません。
 そこで陀多は大きな声を出して、「こら、罪人ども。この蜘蛛の糸は己(おれ)のものだぞ。お前たちは一体誰に尋(き)いて、のぼって来た。下りろ。下りろ。」と喚(わめ)きました。
 その途端でございます。今まで何ともなかった蜘蛛の糸が、急に陀多のぶら下っている所から、ぷつりと音を立てて断(き)れました。ですから陀多もたまりません。あっと云う間(ま)もなく風を切って、独楽(こま)のようにくるくるまわりながら、見る見る中に暗の底へ、まっさかさまに落ちてしまいました。
 後にはただ極楽の蜘蛛の糸が、きらきらと細く光りながら、月も星もない空の中途に、短く垂れているばかりでございます。

TAROU 2005-09-08 05:50:37 No.222326
予想外の反応に戸惑いと驚きで、苦笑いしております。

人が自分の生き方を決めてゆく、選び取ってゆく選択肢は無限に
あるはずですが、自ずからその社会(小は家庭から)の制約を
無視することはできません、それを無視すれば「テロリスト」と
いう属性に近似してゆくことは間違いありません。

また、そのような属性であっても、勢力が強大になりうればそこに
主勢となりうることは、歴史が実証しております。

小さなレベルから大きなレベルに至るまで、大よそこの人間社会は
そうしたダイナミックなエネルギーによって活動していると考える
ことも不自然ではありません。

ここに書き込みしてから、明治以降の日本をいろいろ風変わりな
方向から眺めなおしてみて、とても面白いことに気がつきました。

もちろん、これは私なりの一つの見方なのですけれど皆さんの反応
が楽しみです。

それは、日本人が『一番が大好き』ということです。(苦笑)
「日本一」「日ノ本一」「世界一」・・・いろいろありますけれど
一番になることが妙に大好きな民族だと思いませんか?

他にもいろいろ書きたいことがありますが、シンプルにこの点に
ついては如何でしょう。
自分では案外この辺りの健全な意欲というか、意気込みというか
威勢のよさが案外大好きなんです。

台風被害が少なくて本当によかったですよね、選挙もテロなどの
事件が起きないで無事すむことを願いつつ。
紫紺の絆 2005-10-18 21:20:32 No.243467
天皇陛下を戴く国。
トマト 2005-10-18 23:02:21 No.243515
儂は正義である。そう思って行動する奴が、例え少なくても、多少は居たのが日本である。今の日本には、「儂は正義だ」という人が、2,3人くらいになった。10,000人くらいおれば、望みはある。
1
YouTube 公式サイト正式オープン ベターライフ番組表 番組配信スケジュールはこちら チャンネル桜のあの人気番組がDVDに!!