「日本文化チャンネル桜二千人委員会」発足 南京の真実
SO-TV

旧掲示板

総選挙と皇統問題

大和之人 [ホームページ] 2005-09-06 17:38:48 No.221327
             2005年 9月 6日 記

まもなく総選挙です。私の最大関心事項である皇統男系維持の観点から、どのように対処したらよいか考えています。
皇室典範改正に関する有識者会議の女系容認傾向を止めるには、小泉首相が退陣し、国民新党他の旧自民系がキャスティングヴォートを握る形で、新自民系政権が出来ることと思います。それにより、小泉首相の私的諮問機関に過ぎない「有識者会議」は、自動的にその根拠を失って解散。新首相が、民族の根幹にかなった男系維持の方策を建てるという前提で、活動を開始するということです。

残念ながら、そのような結果が出る可能性が高いとはいえないかもしれません。
それでも、選挙は重要です。私は、自分の選挙区に、旧自民系の候補者や新党があれば、これに入れるつもりです。それに迷いはありません。
問題は、こうした候補者や党のない、私のような選挙区ではどうするか、です。
女性天皇をマニフェストに掲げる民主党に投票するのは考えられないと思ってきました。
しかし、もし、民主党政権になり、女性天皇女系路線を推し進めようとすれば、今度は、自民党系から、遠慮会釈のない(小泉政権時代と違った)反論が出やすいのかもしれません。勝利した小泉路線下で、男系維持を叫ぶよりは、戦いやすいかもしれない。女系導入を軽々しく口にするような政権には、これ以上、その座についていてほしくない、そんなことさえ、考えてしまう日々です。
とにかく、まだ、どうするか、決めかねているというのが現状です。
「有識者会議」の中間報告なるものが、いかに、女系実現のためのガス抜きをねらったものでしかない、等についての詳論等は、私儀ホームページ「大和之人の意見」に書いておきました。お時間があれば、お読み下さい。

(本論と同一の内容を、ホームページにもアップしました)。

大和之人
いさなぎ わかひと 2005-10-07 00:41:10 No.237859
わが国の歴史的経緯を見るべきではと思います。
オモダル・カシコネの両アマ神の間には、お子がなかった
そこで、タカムスビ系の姫であるイザナミイサコの尊に同じく傍系のイザナキタカヒトの尊と結婚し皇位を継ぐようにとの命が下った。
これに習えば、愛子様を始め、真子さま、佳子様のお相手におふさわしそうなお子さまを今から選定し、お育てもうしあげる、と言う方法も在るのでは考える次第であります。
2005-10-20 21:41:14 No.244357
久しぶりにお邪魔します。

皇統関係については最近、当掲示板でも他にスレも立ち、議論が盛んになっていることは良い傾向だと思います。世間一般でも、関心が高まることを期待しております。

皇統に関する問題のみならず、最近の政府の動きには、あたかも「日本の正常化」に尽力している様に見えながら、その実「売国」を推進しているような感があり、不安な限りです。現状は、実に典範改正には危険な時期とも言えるかもしれません。

皇統に関する問題は、ともすれば哲学的な論争に陥りがちになると思われます。勿論、そうした議論が基本になるとは思いますが、政治の現状も無視できません。その意味で、大和之人様が「総選挙」という、政治そのものというよりもズバリ「政局」に絡めて、この課題を論じる切っ掛けを提供して下さったのは意義深いことだと感謝しております。

これまでの動向を見る限り、「有識者会議」には期待を抱かない方が良いでしょう。私は、「会議」が何を言い出そうがもう動揺しません。これからは、「会議」の結果を政治の現場がどう扱うか(或いは扱わないか)に注目していきたいと思います。そして、もう一つが政権の行方です。この問題だけでも、現政権は危険な存在ですが、それ以外にも様々な問題を孕んでいます。現政権の崩壊を真剣に祈る毎日です。

とにかく、これは長期に亘って監視していかねばならない問題です。「皇統の正統」の安泰が首尾よくはかられる運びとなっても油断してはなりません。また、どのような事態が発生しても決して諦めてはなりません。
海彦 2005-10-20 23:50:20 No.244436
○様
お久しぶりでございます。海彦です。

《引用開始》
最近の政府の動きには、あたかも「日本の正常化」に尽力している様に見えながら、その実「売国」を推進しているような感があり、不安な限りです。現状は、実に典範改正には危険な時期とも言えるかもしれません。
《引用終了》

私も、○様ご指摘の通り、有識者会議のみならず、現在の政府の姿勢に、非常に深い危惧を抱いております。

国の中枢であるはずの政府が、自ら進んで未曾有の「国体破壊」を進めようとしている。このような危機的状況は、我が国の開闢以来、殆どなかったのではないでしょうか。

今は、自分に出来る限りの抗議をしていますが、正直とても不安で、皇室・皇統の安泰を、八百万の神にお祈りする毎日です。

決して諦めないことは、心に固く誓っていますが、逆にこの危機を通して、一人でも多くの国民が、我が国の国体である天皇陛下と、皇統に関する知識と関心を深め、本来の大和心に立ち返ることを、切に願っています。





大魔神 2005-10-20 23:57:28 No.244440
万世一茎の天皇マンセー
2005-10-25 23:24:04 No.246692
どうも投稿が遅れ気味で申し訳ありません。

海彦様
>逆にこの危機を通して、一人でも多くの国民が、我が国の国体である天皇陛下と、皇統に関する知識と関心を深め、本来の大和心に立ち返ることを、切に願っています。

真に仰る通りです。この問題は乗り越えなければならないのですが、その為にも「単なる危機」に終わらせてはなりません。「災い転じて・・・」の諺があるように、今回の問題を通じて「皇統」を日本人が真剣に考えて、日本民族の精神復興を成し遂げるべきでありましょう。

前稿で申し上げた、「どの様な事態になっても油断してはならず、諦めてはならず」の意味についてもう少し詳しく補足しておきたいと思います。
即ち、この問題は「一回勝負」ではなく、恐らく数十年単位に及ぶ騒動となる可能性が大きいと思われる、ということです。
仮に、典範がどのようなかたちに改変されても(あるいはされなくても)実際の問題となるには相当の時間があり、それまでに再改正の動きや、新たな問題提起などがなされる余地が十分にあります。そうした側面も十分考慮しながら、政府や世論の動きを睨んでいかなければなりません。ですから法改正が良い方向にむかっても、好ましからざる方向に向かっても、或いは何も変わらなくても、決して安堵できませんし、諦めてはならないのです。

どうか、この板に集い、同じ危惧を抱く皆様には一方で政府の暴挙を食い止めるべく御力を注がれつつ、他方で最悪の事態も想定し、それでも「皇統の正統」を御護り申し上げるには如何にすべきかを常に念頭に置かれますことを御願い申し上げる次第です。
2005-10-30 08:18:25 No.248717
数日振りにまた投稿したいと思います。

皇統の永続と御繁栄を心より願う多くの方々の声があることは頼もしい限りです。ただ、我々市井の庶民としては、やはりこうした事態に対して一種の「もどかしさ」というべきか何とも遣り切れない気持ちを抑えることはできません。いつも事あるごとに官庁に意見を送られている精力的な方々には頭の下がる思いですが、抗議文を送付するにしても相手に無視されればお終いですし(それでも送るに越した事はないのですが)、それだけしか運動の方向が無いというのも不安に思います。

チャンネル桜の先生方の討論会では、最後の方で「新聞に一面広告を出して意見表明する」という案が出されていましたが、他にも一庶民が出来得る効果的な運動方法はないものでしょうか。これが北朝鮮辺りが相手なら「アサリの不買運動」でも効果あるのでしょうが、今回は日本の政府内部の勢力が相手ですし、例え不買運動をする相手があったとしてもこと「皇室」がらみでこうした運動を行って良いものか判断がつきません。

ただ、この問題を良い方向に進めて行くには何らかの形において、一個人が比較的容易にできる(単なる抗議などではない)「実力行使」が効果的であると思うのですが如何でしょうか。何か良いアイデアがあればご教示下さいませ。
2005-11-07 19:51:29 No.250665
大和之人様 皆様

お久しぶりです。
この掲示板(旧掲示板)も投稿が出来なくなるようですので、最後に書き込んでおこうと思います。
皇統問題については、最近は、万世一系の護持申し上げる上で明るい兆しが見えてきている事は、ご存知の事と思います。勿論、未だ状況は不透明ですが、ここまで「皇統の正統」に対する世間の理解が充実してきたのは、此処にお集まりの皆様を始めとした多くの心ある方々のご尽力によるところが大きい様に思われます。

スレ主の大和之人様には特に、「政局」という側面からこの問題を考察する切っ掛けを与えて下さいました。また、「郵政事業民営化」による総選挙騒ぎで世間もこの掲示板も「皇統問題」からともすれば離れてしまいがちになってしまいそうな時期に、よく関心を繋ぎとめ、啓蒙に努めて下さいました。私が言うのも変な気がしますが、日本人の一人として感謝申し上げます。
私も、可能ならば、これまで通り「○」の名(これは意味のある投稿名です。)新しい掲示板に参加していきたいと思います。
1 2
YouTube 公式サイト正式オープン ベターライフ番組表 番組配信スケジュールはこちら チャンネル桜のあの人気番組がDVDに!!