「日本文化チャンネル桜二千人委員会」発足 南京の真実
SO-TV

旧掲示板

新小泉政権に望むもの

駿河山人 2005-09-12 09:35:18 No.225108
今回の自民党の大勝は国民の危機感の表れと思います。政治、国防、治安、教育、文化、社会、経済など各分野における日本正常化の始まりになって欲しいと思います。ご意見は短めにどうぞ。小泉さんも読むかもしれません。
シン 2005-10-08 02:09:56 No.238286
こころ様、

>亀井さんが河野さんと一緒に首相の靖国参拝に反対なさったというのはいつのことなのか

 河野さんとは別行動ですが2005年6月2日ということです。
"参拝支持者の亀井静香元政調会長も「外交的配慮」には賛同" とありました。何かの取引か、小泉憎しだったのでしょうか。

元の記事はウェブでは見つからないのでこちらで内容を見てください。
■靖国問題:中国が外交攻勢、小泉首相の孤立感深まる
http://blog.satohs.jp/200506/article_48.html


>内側のあるべき国家観を示していない小泉さんと自民党には果てしない不安を感じるのです。

憲法の立案や構造改革の目的などが具体的に国家観を示していると考えます。

■愛国心、国防に決意 立党以来の保守色反映
http://www.sankei.co.jp/news/051007/sei097.htm
■構造改革解説パンフレット集
http://www.keizai-shimon.go.jp/explain/pamphlet/index.html
兵法塾 2005-10-08 02:22:17 No.238287
 小泉さんに100%を期待して,それに応えていないからと言って,全否定するのは,フェアではない。少なくとも,小泉以前と小泉以後では,保守派にとっての政治環境は隔世の感がある(もちろん,私も色々な点で不満はあるが。)。
 旧来の自民党政治がいいと言っている人は,ひきこもりのごとく掲示板でくだをまくだけでなく,実際に地方の政治の中で右寄りの主張を実践してみてはどうか(例えば,選挙で右寄りの候補者を立てることが一番望ましいが,それ以外ではもう終わってしまったが,扶桑社教科書採択運動など)。
 そうすれば,いかに旧来の自民党政治が日本の左傾化を促進してきたかがよく分かるはずである。
こころ 2005-10-08 19:45:10 No.238555
シン様がお示しになったサイトで、
憲法改正に関しては「自民党が強い保守思想へシフト」という産経の評価があります。反面、構造改革路線は完全な弱肉強食路線でしょう。真正保守と弱肉強食は相容れない概念ですよ。だから小泉さんははっきりしないんですよ。というかズルイんですよ。自民党が持っている保守路線、あいまいな保守路線の傘の中で、改革改革と叫んでいるから保守的な伝統を重んじる日本の美徳は堅持した上での改革だと誤解する人もいるんです。本当に小泉さんの「民にできることは民」だの「小さな政府」だの「規制緩和」だのを実現させたいなら小泉さんが自民党を出て、新党を作るべきだったでしょう。真正保守の伝統を培ってきた自民党の支持者を利用して違うベクトルの改革をしようとする。そのために真正保守の大事な政治家を政治的に殺した罪はまことに重い。
若い頃の小泉さんはリベラル派ではなかったと思います。もっと言えばなんでも反対反対ってタイプだった。二大政党制を作る小選挙区制度反対!国連の常任理事国入り反対!それがどう転んで親米リベラル派になったのか聞いてみたいですね。
なぜ靖国神社を参拝したいって言うのか、なぜ憲法改正をしようというのか小泉さんの言葉で聞きたい。
たぶん、ちゃんと答えられないと思いますよ。
シン 2005-10-08 20:26:58 No.238580
こころ様、

>構造改革路線は完全な弱肉強食路線でしょう。

 示させていただいたサイトのいずれの資料からでしょうか。それとも別の資料を確認しなければならないのでしょうか。
駿河山人 2005-10-08 22:46:08 No.238656
公明党の危険な癌ぶりが明らかなってきた。切除すべきだ。自民単独になれば次回の選挙はさらに勝つだろう。
日本の政治は国際的であり、野党は中共と朝鮮である。日本人は全員団結して与党にならなければならない。
こころ 2005-10-09 00:07:31 No.238689
シン様がお示しになった資料から構造改革が弱肉強食の競争原理であると言っているのではありません。私は小さな企業の経営者ですので、実感として、既に弱肉強食の競争になっているということです。
資料が必要なら「経済コラムマガジン」などをご覧になってはいかがでしょうか?
しかし、経済政策に限らず、憲法改正にしても人権擁護法案にしてもそれらが小泉政権の思うように進めばどういうことになるかを国民はまず自分の頭で想像しなければならないと考えています。
大阪の切捨て 2005-10-09 14:28:30 No.238914
新小泉政権に望むは

大阪の切捨てと、日本浄化。
シン 2005-10-09 16:16:54 No.238979
こころ様、

 「経済コラムマガジン」の紹介についてお礼申し上げます。その内容は玉石混交と感じました。これからも参考にさせていただきます。

>実感として、既に弱肉強食の競争になっているということです。

 弱肉強食になったと感じられる点はどういったことでしょうか。政府系金融機関の怠慢、大企業優遇、雇用環境の悪化、もしくはいずれかの制度の不平等性などでしょうか。
こころ 2005-10-10 00:12:21 No.239169
経済コラムマガジンをごらんになったら、
ぜひ、「亀井勝手連」にも足を運んで下さいませ。(^_^)
弱肉強食の競争原理の例は枚挙にいとまがないというところでありまして、シン様が挙げられた諸点ももちろんです。特に大企業優遇政策というか経団連の発言力が強すぎることには怒りを通り越してあきれています。
私は特に「規制緩和」による弊害を挙げたいと思います。規制緩和によるタクシー業界の競争。運転手さんの苦悩を先日TVで見ましたが、他の業種でも同じようなことがたくさん起こっています。規制は何でも撤廃して競争するのが「正しい」経済活動ではありません。守るべき規制もたくさんあります。改革は国民の幸福のためにあるのであって、経済合理性や利便性がイコール幸福ではありません。さらに国民はいつも消費者ではありません。生産者でもあり経営者でもあり労働者でもあるのです。ましてアメリカやアメリカ帰りに言われて規制改革とはいまだに敗戦国なんですね。
医療改革にも困ったものですね。「金のないやつは早く死ね」となりますよ、これは。
そうだ!!肉で思い出しましたが、アメリカの牛肉がまた来たら、どうしてくれましょう?
今回の選挙で自民党に真に国民の幸福を考える議員がどのくらい残ったのか名前を挙げてもらいたいくらいです。
一日も早く小泉内閣が終了して、日本のよき伝統を重んじ心のある政治をする政権になることを切望しています。
シン 2005-10-10 01:31:06 No.239196
こころ様、
 
 新たに紹介された亀井勝手連を読んで亀井氏が小泉純一郎氏を高く評価していることが良くわかりました。政治の流れから郵政問題で対立したことは両者にとって残念なことだったと思います。
 
「信念のあるステーツマン・小泉純一郎は、私の最も認める政治家のひとり」
Fr. http://www.nb-j.co.jp/katteren/ronbun/page1.htm
 
 
>私は特に「規制緩和」による弊害を挙げたいと思います。

 信長が行った規制緩和は新旧の両立でした。小泉内閣の構造改革特区は地域から望まれてその地域に認める規制緩和なので他の地域は従来の規制が効いたままです。信長の配慮と同じ意味があると考えます。こういった部分は有効と思われますがご指摘のタクシー業界はどのような状態でしょうか。
 
 
>改革は国民の幸福のためにあるのであって、経済合理性や利便性がイコール幸福ではありません。さらに国民はいつも消費者ではありません。生産者でもあり経営者でもあり労働者でもあるのです。ましてアメリカやアメリカ帰りに言われて規制改革とはいまだに敗戦国なんですね。
 
 改革が何をもたらせば国民の幸福になるのでしょうか。欧米では生産者もしくは消費者の立場で政治判断が行われるようです。いずれかの立場か両者のバランスを取ることではないのでしょうか。なおソフトランディングは当然考慮されるべきと思います。
 
 
>医療改革にも困ったものですね。「金のないやつは早く死ね」となりますよ、これは。
 
 日曜討論でフェルドマン氏が日本の健康保険は保険でないと主張されたことが印象的でした。氏の意見では自動車保険のごとく少額の費用は個人負担とし、高額のサポートを保険で行うべしとのことでした。一考の余地ありですね。
 
 
>一日も早く小泉内閣が終了して、日本のよき伝統を重んじ心のある政治をする政権になることを切望しています。
 
 人によることを期待してはいつ立派な総理が現れるかわかりません。それより選挙制度や総理の権限の過不足など政治形態を論じたほうがいいでしょう。
こころ 2005-10-10 03:01:52 No.239215
シン様
いつもお付き合いいただきありがとうございます。
亀井さんは「以前は」小泉さんを評価「していた」というべきでしょう。過去形ですね。何せ最初に小泉総裁を誕生させたのは田中真紀子さんと亀井静香さんの力ですから。(~_~)
「小泉内閣への緊急提言」あたりになると評価も全然違いますね。亀井さんも真紀子さんも私は大好きな政治家なのですが、小泉政権を誕生させてしまった責任はどうするんだよぉ〜〜???ということになるとおふたりに対して苛立ってしまいます。(ーー;)

タクシーの規制緩和の件は、大阪のタクシー事情について先月NHKスペシャルで放送されましたが、いや〜!!なんとも気の毒というより悲しい番組でございました。
>>「規制緩和」が思わぬ混乱を生み出したタクシー業界。2002年の改正道路運送法の施行で、「新規参入」「増車」「価格」の3つの自由化が図られ、多様なサービスが生まれるはずだった。しかし現実には、激しい安売り戦争と供給過剰が起き、運転手の給与が激減。暮らせなくなった運転手のなかには、繁華街で客引きをする者、家に帰らず空港や駅に寝泊まりする「タクシー・ホームレス」まで現れた。
 こうした混乱が特に目立つ「規制緩和の実験場」と呼ばれる大阪。運転手の平均年収は300万円を下回り、少しでも収入を上げようと必死だ。一方近畿運輸局は、運転手たちの長時間労働は何より乗客の安全を脅かす、として監査や是正を求める動きに出ている。
 番組では運転手、タクシー会社・当局、3者3様の動きと思惑を追い、
規制緩和をもたらした厳しい現実を見ていく。
(NHKスペシャルの番組紹介)
規制改革がすべて悪いとは思いませんよ。でも、おっしゃるようにバランスが大切で、現在の考え方は国民=単なる消費者なのではありませんか?
タクシーでいえば乗客が便利であればそれでいいと。。。働く人のことを少しでも考えたのでしょうか?
こころ 2005-10-10 03:20:58 No.239220
続き、
長すぎると叱られたので(>_<)
2つに分けました。( ^^) _旦~~

規制緩和には「特区」というのもありますが、それは
要するに実験台ですね。実験は成功すればいいですけど、失敗したらその地域の住民は不幸ですね。
小泉さんはよく「政治が一部の人の利益になってはいけない」というのですが、一部の人って誰だ?と言いたくなるのです。
シン様、小泉さんほど毀誉褒貶の激しい首相は今までいなかったでしょう。この前の選挙も自民党が議席では圧勝しましたが、得票数でいえば、半数の人が小泉批判票でした。ネットでも小泉さんを褒め称える人も大勢いますが、小泉批判の板やブログも負けず劣らず多いですね。なぜ、これほど評価が分かれるのか?
この点も議論されてしかるべきではないでしょうか?
制度は大事です。法律も大事です。でも、人はもっと大事です。真剣に国家を考える人たちが政権を担わなければ早晩日本は崩壊してしまうのではないでしょうか?
あっ!!こんな時間!!
もう寝なくては。。。
連休も関係ない零細企業でございまする。
ではまた。(^^)/~~~
鳥男 2005-10-16 09:09:21 No.242118

早く消費税を上げて日本も独自の有人宇宙飛行を実践して欲しい(スパイ防止法の無い日本では軍事と宇宙開発が技術流出しにくいので技術立国にはそれの強化が不可欠)。かつてコロンブスは複数の船舶でアメリカ大陸に行った。宇宙もそうなる他無い。例えば、火星に人を送る時、一機だけで行くのは自殺行為である。最大九人乗れる宇宙船を三つ造って一機に三人ずつ乗せ、開いたスペースには火星で使う様々な機器を乗せて行く。途中、何らかな事故があった場合、他の宇宙船に乗り移り帰ってくればよい。日本がその内、一機を造って火星の莫大な利権を確保して欲しい。宇宙の利権は、世界平等が常識だろうが、そんなのは人が常時滞在したら容易に崩れ去るのは間違いない。「先占の法理」が結局なし崩し的に適用されるだろう。更に、日本政府は、日本人がそのうち宇宙ステーションに常時滞在するようになる訳だから事故があった場合独自に救出にいける体制が望ましいのは間違いない。有人宇宙飛行に掛かる費用は消費税0、25%分位だろう。理工系離れを防ぐことにもなるし、消費税を上げるいい理由にもなって結果財政再建に寄与する事になる。アメリカは宇宙と軍事に莫大な税金を投入しながら財政状況は日本よりも良く、アメリカ合衆国の借金はアメリカ国民一人当たりで日本人の半分以下である。
名無し 2005-10-16 10:46:25 No.242165
北朝鮮対応は厳しくなってきたのはよいことだ。
国民にもっと危機を知らせるべきである。国民はマスコミの安全神話に騙されてきた。実際は大変なことになっているのだ。
1 2
YouTube 公式サイト正式オープン ベターライフ番組表 番組配信スケジュールはこちら チャンネル桜のあの人気番組がDVDに!!