「日本文化チャンネル桜二千人委員会」発足 南京の真実
SO-TV

旧掲示板

国民新党を応援するスレッド

TDB1103 2005-09-15 16:59:35 No.227363
自民党はニューリベラル(新自由主義)政党に変貌した。新自民党である。1年後小泉退陣で復古に期待する人もいるが、最早元には戻れないだろう。

民主党主流派はもともとニューリベラルである。新自民党と殆ど変わらない。新自民党との違いを打ち出すため、かつての自民党路線に大胆に変貌を遂げられればいいが、先ず無理だろう。

新自民党も民主党も、小さな政府と構造改革の本家をお互いに競い合うつまらない政党である。伝統的保守主義者、譲り合いと共存共栄の社会を良しとする有権者が投票する政党がない。

そこで国民新党に期待したい。全国に支部を作り、大胆な政策を打ち出し、伝統的保守主義者の受皿になってもらいたい。大きく飛躍してもらいたい。ネット上でささやかに応援する目的でこのスレッドを立てた。
TDB1103 2005-10-25 20:10:20 No.246590
>一草莽さん、月刊日本ですか、早速買います。

>ポンポインターさん
>亀さん、ケインズ理論の理解者にして、旧態然たる護送船団、本能的なる反創価学会派ではあるが、根は「浪花節男」まあ、昔堅気の「頑固親父」と見るが、一番に素直ではないかな? 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

亀さん応援ありがとうございます。亀さんは不器用で純情な人だと思います。アメリカに楯突くなど、保守系の政治家ではいませんよね。損ですから。

しかし、歴史の転換期には、亀さんみたいな損な役回りを引き受ける人が必要です。代議員の評価は歴史が決めます。亀井静香は損な役回りでも、しっかり歴史に評価されるでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
No.246581を削除しようと思ったが、削除キーが違うと表示された(笑)。う〜ん、大文字小文字の違いかな?
2005-10-26 00:53:10 No.246752
>「日本独自の外交、路線、選択があって、初めて独立国家の存在意義があり、各国から評価も得られるのだ。これから我が国は、世界で果たすべき役割は何かを真剣に考え、その一貫として対米外交を再構築しなければならない。」

>「経済・金融は言うに及ばず、生活様式から価値観に至るまでアメリカナイズすれば、対米隷属化はさらに容易に進む。」

 日本国には日本独自の文化が有り、独立国です。米国の属国ではありません。亀井さんの仰っている事は、至極当然の事です。

 亀井さんの様に、正論を唱える政治家が少なくなってしまった事を憂慮します(亀井さんの様な貴重な政治家は、大切にしなければ)。

>今月の月刊日本は植草さんの「小泉首相よ、祖国を売り給うことなかれ!」という論文も載っていて、なかなか面白かったです。

 「月刊日本」面白そうですね。
愛国党 2005-10-28 21:28:52 No.248062
>日本国には日本独自の文化が有り、独立国です。米国の属国ではありません。亀井さんの仰っている事は、至極当然の事です。

 全頭検査を実施する事無く、理不尽な圧力をかけて、危険な牛肉を押し付けようとする米国の「いつもの」やり方には反吐が出ます。

 売国政治家達が、理不尽な圧力を掛けられる度にヘラヘラと笑いながら従って来たせいで(ポチの様に従って来たせいで)、米国はつけ上がったのです。

 米国の帝国主義には、最早我慢出来ません。幾ら温厚な日本人でも、軽んじられ続ければ怒るのです。一度日本国民が激怒すれば、ただでは済まないのだと言う事を米国人は思い知るべきでしょう。

 米国は、世界の警察官やらローマ帝国なんぞを目指さずに、「大人しく」真っ当な製品や農産物を作って貰いたい物です。
2005-10-29 01:10:14 No.248187
>全頭検査を実施する事無く、理不尽な圧力をかけて、危険な牛肉を押し付けようとする米国の「いつもの」やり方には反吐が出ます。
>米国の帝国主義には、最早我慢出来ません。

 愛国党さんのお怒りは、ご尤もです。健康や命に関わる事なのですから、日本人はもっと怒らねばなりません。
まとはずれ 2005-10-29 05:09:34 No.248227
 アメリカを弁護する気は さらさらないのですが

 牛の全頭調査については 牛の数が 日本120万頭
 アメリカ3500万頭と 桁違いなので アメリカはできないのだということを聞いたことがあります

 その点を教えてください
シーハイル 2005-10-29 05:35:42 No.248231
まとはずれ さんへ No.248227

>牛の全頭調査については 牛の数が 日本120万頭
 アメリカ3500万頭と 桁違いなので アメリカはできないのだということを聞いたことがあります

はじめまして。横レス失礼します。米国はやらないだけですというのが正解です。ブッシュ共和党の大きな支持母体のひとつが食肉業界ですが、ここも大手が牛耳っております。絶対数が多すぎてやらないだけです。モンタナ、ワシントン州の小さな農場主は「全頭検査はできるのに米国政府が認めない」と言っております。つまり大手農場主に不利になる政策判断はしないということです。日本も米国も同じですね。だから、日米両政府ともに不真面目ということがいえると思います。

日本の消費者が米国産の不買運動でもやるしかないと思いますが、水俣病、薬害エイズ、アスベスト問題等官僚、政治家の不作為を目の当たりにしてきた日本国民は、将来狂牛病が多発してからまたまた問題にするという愚行の道を選ばざるをえないのでしょうか?その頃小泉、竹中はあの世でなんと言うのでしょうかね。
まとはずれ 2005-10-29 06:24:18 No.248237
 シーハイル 様

 早々にご教示ありがとうございます

 日本の狂牛病対策は 輸入基準 全頭調査など 世界でもトップの厳しさということは 耳にしております

 これを外圧に負けて 後退させつつあるのは 憂うる状況ですね

 狂牛病禍に見舞われたイギリスのその後は どうなったのか 知りたいところですが
 マスコミも最近は 狂牛病について報道しなくなりましたね 狂牛病がなくなったとは思えないのですが・・

 日本の消費者が 牛丼屋さんを いくつか潰すくらいの覚悟で不買運動するとは 思えません

 厚労省 農水省に圧力を掛ける方法を 模索しなければいけませんね

 国民新党に 食糧自給率のアップ 農林水産業の保護育成 国民が安全な食を得られるような輸入体制の確立を期待したいところです
TDB1103 2005-10-29 08:46:54 No.248274
牛丼で言えば、すきやは豪州産、松屋は中国産の牛肉を使っているようです。吉野屋は米国産で牛丼販売を再開するようです。

吉牛は食ったらあかんようですな。
高知県民 2005-10-29 10:15:28 No.248305
すごく、おそろしい状況ですね。今の日本て、神頼みするしかない状況のような・・・

とこで、前に亀井さんが、皇室は京都に戻っていただいたほうがいいといううことをおっしゃっていましたが、皆さんは、どう思われますか。
私も京都、奈良、大阪あたりが、いいと思います。(不便だったら、首都も大阪あたりに移したらいいんじゃないでしょうか。兵庫県が、日本の中心なんですよね。)昔の人が、いいエネルギーを感じて、あの周辺を都にしていたと何かで読んだことがあります。
ポンポインター 2005-10-29 13:26:46 No.248376
1840年のアヘン戦争の故事を思い出すべし。
許乃済の「弛禁論」
●健全なる体にとって完全なる害悪であるアヘンを嗜好品としてこれを喫煙吸引する人間が馬鹿である。政府はこんな自らの健康を管理できぬ、国家不用人民は放置すれば宜しい。輸入品に莫大なる関税をかけ、悪害物の流入制限と税収入らの国庫への潤いを考えるべきが最上の国策である。

黄爵滋の「厳禁論」
●ある程度の警告期間を定め、なお、これに従わずアヘンを常用する人民は死刑にすべきである。人民がこの刑罰を恐れ、アヘンを吸わなければ、アヘン輸入の害(人民の害ではなく、輸入過剰による銀の国外流出による、国家財政の害)は、自然におさまる。

林則徐の禁制品取締論
●欽差大臣(特命全権大使 後には両広総督)として広州に着任した彼は、アヘンそのものを輸入禁制品と触れを出し、これに従わぬイギリスのアヘン商人のアヘン在庫品、2万箱を強制押収(1箱2両だったかな?相場原価のアヘン代は支払う)し、これを公開処刑(大衆を集め、虎門海岸にて焼却)する。

さらに商人エリオットに誓約書(2度と清国に持ち込まない)を要求、これを拒否した商館団員(アヘン貿易)を、広州の外人居留地区より追放、広州湾にて船上生活するイギリス人家族に、水、食糧は提供する。まあ、一種のみせしめ処分ですね。

さあ、アメリカ牛肉が危険かどうかは私はわからない。
だが、危険そうな話であるから、用心して輸入しない方がよいような気持ちがするが、結局は林則徐の禁制策がイギリスとの戦争になったということである。うーん、私は杞憂かもしれませんが、イギリス人よりアメリカ人のほうが激変しやすいタイプと思いますがな・・・・。
許乃済の弛禁論、黄爵滋の厳禁論、これも問題やけれどな


大福恵比寿 2005-10-29 23:07:00 No.248520
>とこで、前に亀井さんが、皇室は京都に戻っていただいたほうがいいといううことをおっしゃっていましたが、皆さんは、どう思われますか。

現憲法下ではむずかしいのではないでしょうか?天皇には国事行為がありますから。

週明けには内閣改造があるといいますが、国務大臣の認証式は天皇の国事行為です。皇室を関西に移すというなら国会も官庁も関西に移すことになりますね。

でも私は首都移転には賛成です。
はぁ? 2005-10-30 00:33:14 No.248604
内閣改造が天皇の国事行為としての任命?チンピラウヨの言うことは頭悪いな。
ちなみに 2005-10-30 00:34:30 No.248606
国事行為であるのは「認証」であって、「認証式」というセレモニーそのものは国事行為ではない。
心眼 2005-10-30 01:51:33 No.248641
>天皇陛下の国事行為を、小泉首相が私物化して、衆議院解散を行い、その結果の内閣改造である。憲法違反の疑いがある衆議院解散利用しての内閣改造を、天皇陛下が国事行為として任命して宜しいか。

憲法第54条によって衆議院の解散は、総理大臣が決定すると明記している。54条の総理大臣の決定に基づき第6条で天皇が衆議院の解散の公布を行うと規定されている。陛下の国事行為は内閣の助言と承認を得て公布を行うことであって、第4条によって国政に関する権能を有しないと明記している。

解散権は小泉総理にあるのだから、解散しても憲法上問題はないし、陛下は憲法に基づき解散を公布したものであり、憲法違反の疑いの余地などない。

自民新憲法草案でも基本はおなじである。総理が解散を決定し陛下が公布することになる。民主政治ならこれが普通である。君主政治が理想だと思っている人間にとっては受け入れられないだけだろうね・・・。

2005-10-30 02:00:16 No.248643
天皇は国家の道具であって意思などはない。内閣の助言と承認のもとに決められたことを行う機械なのだよ。
シーハイル 2005-10-30 02:27:57 No.248653
まとはずれさんへ

>日本の消費者が 牛丼屋さんを いくつか潰すくらいの覚悟で不買運動するとは 思えません

その通りですが、要は原産地を見て買うか買わないかと言うことですね。問題は加工食品には「原産地証明」の義務がないということです。熱加工してもプリオンは残るのです。大変な問題です。

 >厚労省 農水省に圧力を掛ける方法を 模索しなければいけませんね

誰か犠牲者がでて初めて動くのが日本の役人ですよね。政府、与党が輸入賛成であれば国民の意向などなんとも思わない役人の体質を果たして正攻法でかえることができるかどうかということでしょうが・・・。小泉は本気で日本国民のことなど考えてい無いと思います。それにしても、ライスが牛肉問題で日本にクレームをつける姿は「女を下げた」と思います。日本の族議員の鏡を見ているようでした。

 >国民新党に 食糧自給率のアップ 農林水産業の保護育成 国民が安全な食を得られるような輸入体制の確立を期待したいところです

そうですね。私もそう思います。食糧安保の問題は古くて新しい問題ですが、国連の複数の機関の調査では、人口増加予想と相俟って、2025年には世界的な食糧危機を予測しております。1970年代に、日本と同じ自給率であった(約60%)ドイツ、フランスが限りなく100%に近づけているのに対し、日本は逆に45%と低下しております。世界の食糧輸出国よりそっぽを向かれたら日本国民はどうなるのでしょうかね。真の日本外交が問われているのに八方塞ではお先真っ暗と言わざるをえません。まさしく政治の怠慢であったと言うことだけは間違いないと思います。

国民新党の綿貫、亀井は筋を通しましたね。平沼もまだまだ総理の芽は残っていると思います。彼らのような、信念を貫く政治家と小泉の信念(我)の違いがわからない国民が多いということは困ったものだと私も思っております。





大福恵比寿 2005-10-30 22:40:53 No.249131
>国事行為であるのは「認証」であって、「認証式」というセレモニーそのものは国事行為ではない。

たしかに憲法には「認証」としか書いてありませんね。しかしセレモニーなしに「認証」はありえないでしょう?つまらない投稿ですね。

>内閣改造が天皇の国事行為としての任命?

この人は理解力がぜんぜんありませんね。「任命」なんて言葉をどこで言いました?

>天皇は国家の道具であって意思などはない。内閣の助言と承認のもとに決められたことを行う機械なのだよ。

大事なことを忘れてますね。天皇は日本国と日本国民の象徴なんです。だから総理大臣といえど天皇陛下には頭を下げなければならないのです。わかりますか?単なる機械ではなく、いわば全ての国民と国家をその一身に体現している存在なんですよ。
TDB1103 2005-11-03 15:51:08 No.249280
>心眼 2005-10-30 01:51:33  No.248641
>憲法第54条によって衆議院の解散は、総理大臣が決定すると明記している。

そんなことどこにも書いてありませんよ。内閣総理の解散権が書いてあるのは唯一69条。

【第69条 内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、10日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。】

69条に基づき、第7条の解散がある。
【第7条 天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。
3.衆議院を解散すること。】

第7条をもって内閣総理に解散権があるというのは解釈を拡大しすぎ。故に7条解散は憲法違反と言われる。

小泉総理はそれを意識したかしないかわからないが、事前に「郵政民営化法案否決は内閣不信任と見なす」と言っていた。69条解散と同じですよと・・・

ちなみに言っておきますが、紙(憲法)に何が書いてあろうとも、天皇陛下の存在はそれを上回ります。
心眼 2005-11-03 18:15:20 No.249314
現在の憲法は、だれが解散を決定しそれを判断するか曖昧な表現だからこそ憲法を改正し総理に解散権があることを自民新憲法で明記することになったのです。

どの国も議院内閣制をとっている国ならば、国会には
内閣を不信任し罷免する権限があるのと同時に内閣には、国会を解散する権限が与えられているものである。

国会にだけ内閣を罷免でき、内閣には国会を解散できる権限がなければ内閣は短命に終わらざるえないでしょう。郵政法案否決は事実上の不信任であり倒閣運動であると認識された以上、不信任案が可決される前に
国会を解散し総選挙で民意を問うたのは賢明な判断でしょう。

現憲法によって陛下には一切の国政に関与する権限は否定されています。主権は国民に移った以上、国民から選ばれた政治家に国政の権限があるのです。新憲法で総理に国会の解散権があると明記したのは妥当である。戦後の解散もすべて総理大臣が決定してきたのであって陛下が決定したことなど一度たりともありません。皇室は憲法の枠内でのみ活動することが許されるのであって憲法を超越することなど立憲政治では許されない。
TDB1103 2005-11-03 20:38:29 No.249355
>皇室は憲法の枠内でのみ活動することが許されるのであって憲法を超越することなど立憲政治では許されない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

国民主権の立憲民主制ではそのとおりでしょう。それが一番いい。でも、最後の砦は皇室です。

例えば、ある政党が選挙で議会多数を握り、外国軍の進駐を要請したとします(今は要請しない軍隊が居座っていますが・・)。そして国民を支配下に置く。そうして国が国でなくなる恐れがある場合、陛下が立ち上がれば国民は陛下の御心についていきます。

それが憲法を上回る皇室の存在です。だから我が国は強い。皇室は我が国の最後の砦たる存在なのです。故に、外国人は我が国を支配することは出来ない。だから売国奴を使う。
TDB1103 2005-11-07 19:47:42 No.250661
スレ主です。国民新党応援のため、上げておきます。
TDB1103 2005-11-07 19:58:03 No.250684
上げておきます。で、過去のコピー。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
>ワイマール共和国議会は、小党乱立でいずれも過半数が取れず連立政権が続いていた。連立政権は合意形成に手間取り、非効率だが、これは民主主義のコストである。しかし、ヒトラー率いる国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)は、1933年の総選挙で単純化したスローガンを掲げて比較第一党になるや国家人民党と連立して過半数を握り、「全権委任法」を成立して立法府を無力化した。単純でわかりやすいスローガンに若者達が賛同して、ナチスは合法的に政権を取ったのである。

小泉総裁率いる自民党は、小泉総裁に全権を委任する(つまり総裁の方針には逆らわない)方向に進んでいる。70年前のドイツの歴史を考えれば、自民党内良識派の行動は今後の日本の趨勢を決すると言っても過言ではない。「総裁に従います」では、国会議員ではない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

国民新党は、良識的保守層を取り込んで一定の勢力を確保すればよい。いずれ道は開けます。
TDB1103 2005-11-07 20:08:38 No.250711
まだ書けるん? なら上げときまっせ。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
YouTube 公式サイト正式オープン ベターライフ番組表 番組配信スケジュールはこちら チャンネル桜のあの人気番組がDVDに!!