「日本文化チャンネル桜二千人委員会」発足 南京の真実
SO-TV

旧掲示板

違法は貴様だ!大阪高裁 大谷正治を罷免せよ!!!!

愛国主義者 2005-09-30 12:08:38 No.234738
諸君!憲法に庇護されながら
左翼思想に染まる裁判官を糾弾しよう!
罷免に追い込まなければならない!!
大阪高裁に抗議を!!
渡辺 2005-10-30 00:34:41 No.248607
法律フリークさんへ

「靖国問題」で高橋哲哉氏などが「合憲判決は一件も存在しない」などと言っているのは、デマゴークの手法だという事がわかってくだされはいいです。合憲判決などする必要は無いのですからね。









昭和の殉難者 2005-10-30 00:37:10 No.248608
法律フリークさんへ

ヤッパリですな。
あなたのレベルで記述します。

「我が国の国語」は「わがくにのこくご」と読みます。

あなたの大好きな中韓朝は、自国語をどの様に表記しているでしょうかね。
中国では自国語を「国語」といっているでしょうかね。
北京語とか上海語とか広東語とかあるらしいが、どうなっているでしょうかね。

朝鮮半島では、ハングル文字ですから、「国語」とは当然表記しませんですな。

「刑事罰」と「刑事責任」を区別できないレベルの低い方は、納得させるのは非常に難しいですな。
法律フリーク 2005-10-30 00:40:26 No.248609
渡辺さん

「職務行為」の定義が現時点では明確ではないですが、かりに靖国神社参拝が首相の職務行為であり、かつ参拝が宗教行為であるとしたら、国家機関たる内閣総理大臣が宗教行為を行うことについて、憲法20条3項適合性が司法審査の対象になるのは自然なことです。

ですから、「合憲判決などする必要はない」というのは、政治信条の問題としては理解しますが、法律論としてはそうも言い切れないところがあると思います。

まあ、「合憲判決がない」という事実が「だから憲法違反である」という主張の補強として使われるとすれば、それはまさにデマゴーグの手法であるというのは同意です。
法律フリーク 2005-10-30 00:44:04 No.248611
レベルの高い昭和の殉難者さんの「刑事罰」と「刑事責任」の定義をおしえてくださいな。さらに、刑罰規定のない民事法規に違反したときに問われる「刑事責任」とやらについても、放送法32条などの具体例で説明してくださいな。

あなたは人の揚げ足取るばかりで、自分の主張の説明をひとつもしていないよね。根拠なく中国だ朝鮮だと言い出すのは、貴方のいう「レベル」とやらの程度を如実に示しているようです。
法律フリーク 2005-10-30 00:46:34 No.248615
また、「主文に違憲と書いていなければ違憲判決とはいえない」という妄想についても、その立脚する論理や根拠となる法条を示していただき、さらに現実に存在する「主文で違憲とは述べていないが一般的にも専門的にも違憲判決と解されている判例」をどう理解するのかもご教示くださいな。
昭和の殉難者 2005-10-30 00:52:01 No.248618
法律フリークさんへ

あなたが言われる『で、「主文に違憲と書いていなければ法令違憲の判決ではない」という珍説の根拠はまだでしょうか?過去の最高裁大法廷判決で、一般常識では違憲判決とされているものでも、主文に「違憲」と記載されていたものは皆無なのですが、あなたの常識は一般常識とは異なるようですね。』の件で、
まだ回答が無いと絡んで見えますがキッチリ書き込んでいます。
『あなたは非常に重要な事を指摘されました。
この「 在外日本人選挙権剥奪違法確認等請求事件」では、私も、この選挙権制限は違憲であると思っていました。
しかし、最高裁は違憲とした判決は出していません。
理由は主文に明示されていないからです。

もし我々が思っているように、主文に違憲と明示するなら、即ち、違憲とする判決を出したなら、
NORさんが記述されているように
『選挙を無効にしてしまうと、「公選法の改正」自体が行われなくなり、かえって、違憲の状態が促進される。』となり、突き詰めれば、違憲状態の選出制度で選出された現在の国会議員は全部失職する事になります。
これでは法秩序は破壊されます。
よって、最高裁では「憲法違反」という判決を出さなかったのです。
結果、その違憲状態で選出されたとされる国会議員が採決した法案も、全部有効となって、現在も法秩序は維持されているのです。』
とNo.248542で書き込んでいますよ。

よく読んでグダグダ言いなさいよ。

 
渡辺 2005-10-30 00:57:29 No.248620
靖国訴訟はたくさん起されていますが、ほとんどの判決は「違憲という判決をしていない」ということですかね。今後も合憲という判決の必要性は皆無ですからね。

昭和の殉難者さんも、もともと違憲の判決の方が例外だというような感じで言ったのだと思いますよ。昭和の受難者さんの行為が合憲だという判決氏は出ていませんし、例が悪いかもしれませんが、日米安保が合憲だという判決は出ていませんし、天皇陛下の伊勢神宮参拝が合憲だという判決も出ていませんしね。昭和の殉難者さんが言いたかったのは、そういう意味なのかな。それで厳密な言葉の使い方をしなかったから、それをつかれているのかな。

まあ、当事者以外には、あんまり意味の無い議論かもしれません。



法律フリーク 2005-10-30 00:58:15 No.248622
そんなの根拠じゃなくって貴方の妄想ですよ。一般常識でも、法律常識でも、「主文に違憲と書いてなければ違憲判決ではない」などという理解は存在しないのですから。

過去の違憲判決の実例が何度も提示されていますが、貴方の論理では、それらは違憲判決ではないということ?
渡辺 2005-10-30 01:07:57 No.248628
法律フリーク さんへ

こんにちは。議論を楽しみたいですね。いろいろと教えてください。ちゃんとした議論なら足らないところや盲点を、指摘してくださる方がありがたいです。

合憲の判決の必要性について『法律論としてはそうも言い切れないところがあると思います。

ということですが、それなら例の大阪高裁でも、なぜ被告が敗訴したのだと理解しておられますか。

昭和の殉難者 2005-10-30 01:12:28 No.248630
法律フリークさんへ

私は説明しました、
『レベルの高い昭和の殉難者さんの「刑事罰」と「刑事責任」の定義をおしえてくださいな。』の件
あなた宛に先ほど 2005-10-29 23:49:47  No.248565 で
[法律フリークさんへ
あなたは
『罪刑法定主義に基づけば、刑罰規定のない法令の規定に違反したとしても刑事罰を受ける(刑事責任を問われる)ことはありえません。』
と言われています。
私が言いたいのは、刑事責任を問われても「全部が刑事罰を受けるわけじゃない。」と言っているのです。
あなたは「刑事罰」=「刑事責任を問われる」と思っておられる様ですが、我が国の国語は意味が違うのです。
問われた結果で、「罰」が有るか無いかが決まるのです。]と、説明しました。

少しは読んでくださいよ。

あなたこそ、「刑事罰」と「刑事責任」を区別できないようですが、その具体的な理由を説明しなさいよ。

法律フリーク 2005-10-30 01:18:49 No.248631
勝手に「刑事罰」と「刑事責任」は違うと言い出しておいて他人に「説明しろ」ですか?刑罰規定のない法令に反した場合の刑事責任とは何かについて、まずはそういう珍説を持ち出したほうが説明するのが筋でしょ?
昭和の殉難者 2005-10-30 01:47:45 No.248640
法律フリークさんへ

あなたは私にさんざん法律の勉強せよと仰ったでしょ。
あなたは法律の専門家でしょ。
裁判の判決とは、主文以外に拘束力がありますか。
その主文で明示された拘束力の有る判決を指して、
死刑なら「死刑判決」。
請求権棄却なら「請求権棄却判決」と言うでしょ。
大谷判事の判決はどう見ても「請求権棄却判決」ですよ。
あなたはマスコミが違憲判決といっているからとほざえて入るが、朝日新聞(人民日報日本語版)の記事をまるまる信用する「オメデタイ方」だから、その様な常識外れを言うのです。
大谷判事に聞いてみなさいよ。
必ず、俺は主文に明示して有る通り「首相の靖国公式参拝は違憲」という判決は出さなかった。
と言いますよ。
何べんも言いますが、その証拠にその後小泉さんは靖国へ参拝したじゃないですか。
敗訴した台湾の原告も何も言っていないじゃないですか。
あなたこそ、主文を飛ばした「○○判決」と言う例を出してからほざきなさいよ。
法律フリーク 2005-10-30 01:53:28 No.248642
このスレッドで複数の方が提示している「法令の違憲を認めた判決」では、主文には「違憲」とは一言も書いていません。また、判決というのは主文だけをさすのでもありません。主文以外でも、事実認定や理由での法令判断が既判力を持つ場合があることも常識です。

法律の常識を知らないことは恥でもなんでもないけど、知らないくせに知ったかぶりをする、あるいは無知を開き直る、貴方のような方は、知的誠実さがまったく欠如していると言うしかないですね。
昭和の殉難者 2005-10-30 02:01:45 No.248645
法律フリークさんへ

『刑罰規定のない法令に反した場合の刑事責任とは何かについて、』の事

法律に違反したと言う刑事責任は有るが、刑罰規定がなければ刑事罰を科すことが出来ないだけの事ですよ。

さあ、あなたも、「刑事罰」と「刑事責任」を区別できないようですが、その具体的な理由を説明しなさいよ。
昭和の殉難者 2005-10-30 02:11:31 No.248649
法律フリークさんへ

なあ〜んだ、

『このスレッドで複数の方が提示している「法令の違憲を認めた判決」では、主文には「違憲」とは一言も書いていません。また、判決というのは主文だけをさすのでもありません。主文以外でも、事実認定や理由での法令判断が既判力を持つ場合があることも常識です。』と、書いて有るけど、

主文を飛ばした「○○判決」と言う判例は無いわけだ。

あなたは「嘘つき」の典型ですな。
法律フリーク 2005-10-30 02:20:42 No.248651
「法律に違反したという刑事責任」?何ですか、それは?そういう一般的な刑事責任なるものが存在する根拠をお示しください。

また、「主文を飛ばした『○○判決』という判例」というのも、貴方の脳内日本語のようですが、何を言いたいのでしょうか?主文のない判決なるものがあるとでも妄想していたのですか?

で、主文に「違憲」と書いていなくても、判決の中で法令が違憲であると判断され、なおかつその判断が拘束力を持つことがあるということは理解できましたか?というか、法令が違憲であるという判断がなされても、主文で違憲が明示されることなど基本的にはない、ということを理解していますか?
昭和の殉難者 2005-10-30 10:27:42 No.248750
法律フリークさんへ

あなたは法律の専門家気取りで私に法律を勉強せよとほざいていたが、
あなたにそんな事を言える資格があるの?。

あなたは何十回とこの欄に書き込まれましたが、
「刑事罰」「刑事責任」「民事責任」等の用語では、あなたが理解しているその意味を、ほとんど説明されていないようですな。
実を言うと全く理解をしていないのでは?。

『一般的な刑事責任なるものが存在する根拠をお示しください。』との事、

こちらが聞きたいですな、私が言いもしない『一般的な刑事責任』とはどんなものですか。
説明してくださいよ。

嘘つきの 法律フリークさんへ


昭和の殉難者 2005-10-30 10:45:16 No.248758
法律フリークさんへ

『主文に「違憲」と書いていなくても、判決の中で法令が違憲であると判断され、なおかつその判断が拘束力を持つことがあるということは理解できましたか?というか、法令が違憲であるという判断がなされても、主文で違憲が明示されることなど基本的にはない、ということを理解していますか?』との事。

ほほう、
大谷判事が出したとする「首相の靖国公式参拝は違憲」の判決に、小泉さんの参拝行為を拘束する命令でも出されましたか?。
一般常識では、命令が無ければ拘束できませんが、
国語では、拘束できなければ拘束力が無いと言いますが、あなたのお国では、それでも拘束力があると言いますか?。
「それでも有る。」と言うなら、あなたはその法的根拠を説明する義務がありますよ。
又、その証拠を明示する義務もありますよ。
健次郎 2005-10-30 12:18:13 No.248806
公知の事実には証明は不要であったはず。
orz 2005-10-30 12:58:38 No.248816
法律というのは、言うなれば職人芸的な領域でもあるわけで、法律を語りたければその職人芸を学ぶ必要があると思うのですが。
昭和の殉難者 2005-10-30 21:44:42 No.249097
健次郎さんへ

あなたは誰に向かってほざえて入るの?。

『公知の事実には証明は不要であったはず。』
と言う事、これ何に対しての意味ですか。

何か、逃げ腰ですな、突っ込まれるのを非常に恐れている感じですな。

『公知の事実』とはどんな事実ですか .
『証明は不要』らしいが何の証明ですか、
少しはまともな国語を使いなさいよ。

もう少し国語を勉強して書き直しをしなさいよ。

あなたは自分の恥を晒している形ですよ。

少しは「羞恥心」を持ちなさいよ。

昭和の殉難者 2005-10-30 22:16:42 No.249115
orz さんへ

『法律というのは、言うなれば職人芸的な領域でもあるわけで、法律を語りたければその職人芸を学ぶ必要があると思うのですが。』との事。

あなたは、人にその様な事をほざく資格が有るの。

あなたの発言は、かなり時代遅れですよ。

言うなれば、「大岡裁きに素人は口出しするな。」と言っておられるようですな。

少しは新時代の事を考えなさいよ。

これからは、全くの素人が陪審員側に座る「裁判員制度」が間もなく始まりますよ。
素人だから、裁判員になるなとは言えませんよ。

これからは司法関係者は、素人にも分かる説明をしなければ、公正な裁判は受けられなくなりますよ。

こんな時代の趨勢も読めない「orz 」さん、
あなたこそ、法律を素人にも分かるように「説明の仕方」を学ぶ必要が有りますよ。

「素人に対して法律を学べ。」と言う前に、
自分が、「人」に、キッチリと説明できる事を学んでから、その様な寝言をほざきなさいよ。
NOR 2005-10-30 22:39:21 No.249130
法律フリーク 様へ

一応、確認しておきますよ。
問1
裁判所では、小泉総理の靖国参拝に関して憲法判断がされた事はない。
本当に、これでいいんですね。



右翼の私にとっては、なんて、ラッキーという話ですね。

じゃあ、浄土真宗の住職さんが
小泉総理の靖国参拝によって、損害を受けた、として国を訴えた裁判では、
憲法判断をするまでもなく、損害はない、という判決だった訳ですね。(^o^)(^o^)(^o^)

私は、てっきり、私的参拝であり、合憲である事が明白であるから、
損害に関しては判断する必要がないのだ、という論旨だと思っておりましたがね。 (^o^)(^o^)(^o^)



もう一度問いますが、
問1
裁判所では、小泉総理の靖国参拝に関して憲法判断がされた事はない。
本当に、これでいいんですね。

問2
浄土真宗の住職さんが、
小泉総理の靖国参拝によって、損害を受けた、として国を訴えた裁判では、
憲法判断をするまでもなく、損害はない、という判決だった。
本当にこれでいいんですね。
としかず 2005-10-30 23:19:07 No.249154
NOR 様へ

>問1 国宝の寺院は宗教法人の持ち物。国宝の宗教施設の補修費は国が8割負担する。2割は宗教法人の自己負担。政教分離を定めた日本国憲法において、現在のこの状態をとしかずさんは、合憲と判断しますか、違憲と判断しますか

国宝なら良いのではないですか?
仏教に関係のある国宝もあるし、神道、キリスト教、あるいは宗教に関係のない国宝もありますから。
特別な宗教かけに偏れば問題でしょう。

>問2 問1の答えが合憲である、というものである場合、なぜ、愛媛玉串訴訟が違憲で、補修費が合憲なのか、ご説明下さい。

愛媛玉串料違憲訴訟の最高裁大法廷判決文です。
私はこの判決を支持します。

被上告人らは、本件支出は、遺族援護行政の一環として、戦没者の慰霊及び遺族の慰謝という世俗的な目的で行われた社会的儀礼にすぎないものであるから、憲法に違反しないと主張する。確かに、靖國神社及び護域神社に祭られている祭神の多くは第二次大戦の戦没者であって、その遺族を始めとする愛媛県民のうちの相当数の者が、県が公の立場において靖國神社等に祭られている戦没者の慰霊を行うことを望んでおり、そのうちには、必ずしも戦没者を祭神として信仰の対象としているからではなく、故人をしのぶ心情からそのように望んでいる者もいることは、これを肯認することができる。そのような希望にこたえるという側面においては、本件の玉串料等の奉納に儀礼的な意味合いがあることも否定できない。

 しかしながら、明治維新以降国家と神道が密接に結び付き種々の弊害を生じたことにかんがみ政教分離規定を設けるに至ったなど前記の憲法制定の経緯に照らせば、たとえ相当数の者がそれを望んでいるとしても、そのことのゆえに、地方公共団体と特定の宗教とのかかわり合いが、相当とされる限度を超えないものとして憲法上許されることになるとはいえない。

 
としかず 2005-10-30 23:20:01 No.249155
戦没者の慰零及び遺族の慰謝ということ自体は、本件のように特定の宗教と特別のかかわり合いを持つ形でなくてもこれを行うことができると考えられるし、神社の挙行する恒例祭に際して玉串料等を奉納することが、慣習化した社会的儀礼にすぎないものになっているとも認められないことは、前記説示のとおりである。ちなみに、神社に対する玉串料等の奉納が故人の葬礼に際して香典を贈ることとの対比で論じちれることがあるが、香典は、故人に対する哀悼の意と遺族に対する対する弔意を表するために遺族に対して贈られ、その葬礼義式を執り行ってる宗教家ないし宗教団体を援助する為のものではないと一般に理解されており、これと宗教団体の行う祭祀に際して宗教団体自体に対して玉串料等を奉納することとでは、一般人の評価において、全く異なるものがあるといわなければならない
昭和の殉難者のファン 2005-11-06 18:27:18 No.250289
昭和の殉難者さん、荒唐無稽な妄想法律論、はやく再開してください。
昭和の殉難者 2005-11-06 23:26:21 No.250333
昭和の殉難者のファンさんへ

最近掲示板の仕様が変更されたので、書き込みが出来なくなっていますので、今日取りあえず書き込みます。

反論しますが、荒唐無稽な事を言っているのは、私の相手、即ち、「法律フリーク 」さんとか「としかずさん 」その他です。

この方々は、法治国家の絶対的原則である、「事後法 適用禁止」も刑事責任の事もご存じない方なのです。

こんな方が正常な方々ですか。

あなたは私のファンらしいですが、私の発言を「荒唐無稽」としか、受け取られない方。
私はあなたに真剣にお願いします。
少しは常識を勉強してくださいな。

NOR 2005-11-06 23:50:28 No.250340
間に合いませんね。
新掲示板の方へ移動するより他ないでしょう。

ところで、
昭和の殉難者のファン 2005-11-06 18:27:18  No.250289

--------------------------------------------------------------------------------
昭和の殉難者さん、荒唐無稽な妄想法律論、はやく再開してください。

(^o^)(^o^)(^o^)
これはつまり、負け犬の遠吠え、という奴ですな。

何とか昭和の殉難者さんを、罵ってやりたい、けれど、筋の通った反論はできない、と、こういう事ですな。

まあ、よーするに、としかずさんや法律フリークさんでは、昭和の殉難者さんにとてもかなわないと、思ったって事です。

そこで、スレをイタズラに伸ばして、議論を長引かせようという、まあ、牛歩戦術ですな。

こういう手合いに構っていると、スレがイタズラに伸びて読者が飽きてしまいます。
そして、それこそが、相手の目的なのです。

せっかく優勢なのですから、
さっさとまとめに入ってしまう方が得策でしょう。
とはいえ、もう間に合わないでしょう。

続きは新掲示板でやるのが得策だと思います。
昭和の殉難者のファン 2005-11-07 01:05:34 No.250353
???昭和の殉難者さん、筋はぜんぜん支離滅裂だったでしょ?民事と刑事の区別もついてないみたいだたし、主文に書いてなければ意味はない、みたいな暴論を得々と吐きまくっていたし、法律フリークさんや健次郎さんのまっとうな批判には何一つ答えていなかったのは、過去ログ見れば明らかですよ?

まあ、同類のNORさんには、殉難者さんが勝ったように見えたのかもね。
としかず 2005-11-07 01:38:32 No.250356
昭和の殉難者様

相変わらず目茶苦茶ですね。

>最近掲示板の仕様が変更されたので、書き込みが出来なくなっていますので、今日取りあえず書き込みます。反論しますが、荒唐無稽な事を言っているのは、私の相手、即ち、「法律フリーク 」さんとか「としかずさん 」その他です。この方々は、法治国家の絶対的原則である、「事後法 適用禁止」も刑事責任の事もご存じない方なのです。

私は、あなたと事後法のことは議論していませんよ。


昭和の殉難者のファン 2005-11-07 01:48:24 No.250357
「事後法適用の禁止」は刑事法に関する分野だけというのは常識に属する事項ですよ。
昭和の殉難者のファン 2005-11-07 01:50:30 No.250358
それに、刑事責任(刑罰を科すための要件としての責任)と民事責任(ここの議論の文脈では民事法上の不法行為責任)とはまったく別のもので、それを混同しているのは昭和の殉難者さんですよね。
健次郎 2005-11-07 05:46:00 No.250369
昭和の殉難者様
証明の不要な公知の事実の内容を知りたいとの事。
それは英米法一般に知れ渡っている「法の支配」と言う原則です。
それは基本的人権を最大限保障し、(12条、13条以下)
その手段として適性手続を厳格に履行することを要求し、(31条以下)
憲法を最高法規としすべての国家機関を拘束し(97条、98条、99条)、
その違反に対して憲法裁判所ではなく、司法裁判所の判断を最大限尊重する(76条、から82条)という原則をいいます。
日本国憲法は英米法の系統化の憲法ですのでこの原則は当然採用されています。各条文が有機的に配置されているのでわかり難いのかも知れません。

なお「司法はしゃべりすぎ」の著者であられる横浜地裁の井上判事はしゃべらなすぎを理由に再任が危ういらしいです。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
YouTube 公式サイト正式オープン ベターライフ番組表 番組配信スケジュールはこちら チャンネル桜のあの人気番組がDVDに!!