「日本文化チャンネル桜二千人委員会」発足 南京の真実
SO-TV

旧掲示板

三人のバッシングは、いじめでは・・・?

無事を祈る 2004-04-21 10:25:55 No.25138
人質事件が一段落ついて、これから反省がはじます。

政府は、自己責任として、一人20万程度の経費負担を、
請求するもよう。

交通違反じゃあるまいし、なんとも中途半端な金額。
しかし、自己責任に深く踏みこまず、少しはお仕置きするという、
絶妙な額。

いかにも日本的で、なんの精神もなく、ただバランスを取っただけ。

この掲示板では、今もバッシングが続いています。
これは、日本社会のゆがみ、80年代頃から現れはじめた、
“いじめの”そのものではないでしょうか?

頭を冷やしたこの時期に、こんな意見が出始めています。  
ざ・どりふたーず 2004-04-21 13:31:51 No.25185
No.25154のスレ主さま

よくぞおっしゃって下さいました。仏紙「ル・モンド」のことですね。
私もネットニュースで読むなり、「日本の事情を何もわからんくせにエラそうに説教たれるんじゃね〜よ!」って気分でした。

自分の国の人間が同様の騒動を起こして、ビデオ録画や声明文の分析結果や様々な観点からそれが「自作自演」の可能性もあるとされた場合、フランス政府は一体どういう態度にでるのでしょうか。
それが見てみたいものです。
ユーラ 2004-04-21 10:47:35 No.25145
いじめ?確かに根拠のない中傷や非難もあるでしょうけど、彼ら3人の行動には明らかに行き過ぎた点や不自然な点があったことは事実なのだから相当キツイ意見が出てきても至極当然のことだと思います。多くの書込みは単なるバッシングとは違うんじゃないかな・・・

2004-04-21 11:25:11 No.25154
外国の新聞が、彼ら三人を日本人が批判するのはおかしいとか書いているらしいね。あいつらは、何も分かっていない。それとも分からない振りをしているのか。
三人やその家族に対する批判は、テロリストと同じ要求を政府に突きつけたことや、ここぞとばかりに自己の政治的要求を実現しようとした団体に対してのものだ。外国人も人質になっているが、彼らの家族がテロリストと同じ要求を政府に突きつけたり、テロに屈して軍隊を引き上げろというデモを起こしたりするか?テロリストよりも自国の政府を激しく批判するのかよ。
日本のそういった特殊事情を顧みることなく、ただ三人が批判されている事のみを取り上げて、日本批判を繰り広げる。それがジャーナリズムといえるのか。馬鹿丸出しだ。
きっと何でもいいから、日本叩きをしたいだけだろう。どうせ朝日やTBSあたりが海外の薄っぺらい日本批判に同調して、三人を擁護する論調を続けるだろうな。
「おフランスも、こう言ってるザ〜マス」
どうしようもねーな。馬鹿マスコミは!
疑問 2004-04-21 16:15:13 No.25244
外国人まで君たちに反対したからと言ってこんどは外国の批判か?
>「日本の事情を何もわからんくせにエラそうに説教たれるんじゃね〜よ!」
って、外国が日本の事情をどこまで知っているのかアンタは知ってるのか?
日本の事情を分って無いのだろう、と勝手に思ってるんじゃないのか?
そう勝手に決めつけて批判するのか?
勝手に決めつけて批判するのはヤメたらどうだ?
自分の好きなメディアだけを信じて、自分にとって気に食わない報道をするメディアだけを批判するのはやめたらどうだ?
外国が国際的な意見を世界に流す時、その国の事情も知らずに簡単に言動すると思ってるのか?
もっと考えろ。そんな軽率に言動していたら今頃世界はおかしくなっている。
世界の国々が批判する君たちの意見に反対だという事を素直に認めろ。
君たちが考えてるのは狭い日本という国の小さな考え方にひたすらこだわった大きな意地だろう?
もっと大きくなれよ。
2004-04-21 16:29:02 No.25247
イタリア人が殺された時、イタリア人が、イタリア政府を非難していたのをテレビで見たことがある。
ku_ro 2004-04-21 16:35:14 No.25249

その通りですよ。だから実際外国特派員クラブでの記者
会見では、まず家族の政治姿勢を問う声が湧き上がった
のです。
「あなたの支持する政党は?」等など。
つまりほとんどのの外国メディアが、なぜ人質家族が
「自衛隊撤退」という政治問題を主張するのか、という
疑問をもったわけですよ。
その上で、数少ない例外がフランスのル・モンド誌と
ドイツの記者の意見なのです。それはそれで少数意見と
してはいいでしょうが、日本のマスコミが特定の意見し
か報道しない事もあなたの批判が当てはまります。また
そういう行為を情報操作と言いますね。
ku_ro 2004-04-21 16:39:25 No.25255
発言者自身により削除されました
疑問 2004-04-21 17:11:38 No.25267
ku_roさんの言いたい事がいまいち理解出来ない、、、。
ku_ro 2004-04-21 17:23:48 No.25270
あ、すいません。
言いたかったのは、実は今回の件に限っては、日本の
マスコミも極めて悪質な情報操作をしている、と言う
事です。
ガンダム 2004-04-21 17:33:39 No.25276
 ルモンド紙がなんと言おうと、あまり気にしない方がよい。あのような連中は、日本が民主主義的に遅れた国だから、教えてやるという見下した気持ちで言っているだけ。
 死刑制度や厳しい難民認定でイメージが悪いだって言っているが、他国の国技である相撲を馬鹿にする排他的なフランス人に言われたくないね。
 ただ、難民認定はなんとかしたほうがいい。特にチベット人は助けてあげてほしい。
2004-04-21 21:31:28 No.25392
アメリカ以外の白人戦勝国は、東南アジアで日本に敗れ、戦後も経済で追い抜かれた。
偉大なる白色人種が、有色人種ごときに・・・!
だから何でもいいから日本を叩きたい。そうすることで、自己の優位を確認したい。根底にそういった人種差別意識が、あるのじゃないか?
2004-04-21 21:44:37 No.25400
階級闘争輸出国にはブ〜イングを。
カラードの分際でブランド品たくさん買うし、ワインもたしなむし、嫉妬からくるんでしょうね。自由、平等、博愛が聞いて呆れるなんとかで、イタチ野郎とはよくいったものだ。
後一言、かの国には略奪、搾取の品々の博物館はあるが、我が国にはございません。
知ったかぶり 2004-04-21 21:51:28 No.25404
ルモンドなんて、インテリ新聞(蔑称)!
読むならフィガロですよ。まともなフランス人はフィガロを読んでいる。
RAM 2004-04-21 22:04:16 No.25410
どうみても、小泉首相の方がメディアによる暴力的ないじめに遭ってて、かわいそうだ。。。
無事を祈る 2004-04-22 13:45:42 No.25578
皆さん、レス遅れましてすみません。
(以下、名前を省略させて頂きます。)

>多くの書込みは単なるバッシングとは違うんじゃないかな・・・

おっしゃるように、批判されて当然なことは、家族も含め沢山あったと思います。

バッシングと言うのは、たとえ根拠が正当でも、批判が過度になり、そこに感情的な連帯が加わってさらに批判を高めていくことと思います。

>外国の新聞が、彼ら三人を日本人が批判するのはおかしいとか書いているらしいね。あいつらは、何も分かっていない。それとも分からない振りをしているのか。

>「日本の事情を何もわからんくせにエラそうに説教たれるんじゃね〜よ!」

>勝手に決めつけて批判するのはヤメたらどうだ?
自分の好きなメディアだけを信じて、自分にとって気に食わない報道をするメディアだけを批判するのはやめたらどうだ?
外国が国際的な意見を世界に流す時、その国の事情も知らずに簡単に言動すると思ってるのか?

>つまりほとんどのの外国メディアが、なぜ人質家族が
「自衛隊撤退」という政治問題を主張するのか、という
疑問をもったわけですよ。
その上で、数少ない例外がフランスのル・モンド誌と
ドイツの記者の意見なのです。

▼ドイツの記者。
出迎えの冷たさに驚いている、
この批判、ドイツでは有りえない。

▼韓国の記者。
自国でも以前、似たケースがあった、
自己責任はごく一部の意見だった。

▼アメリカの記者。
ドイツと同様、出迎えの冷たさに驚いている、
この批判、アメリカでは有りえない。

(日本テレビ、ザ・ワイド4/20から。)

各国記者が持った疑問と、上記の記者の感想は、矛盾しないのではないでしょうか?

つまり、国家の政策変更を求めたことへの疑問と、国民の批判への感想。

>マスコミも極めて悪質な情報操作をしている、と言う
事です。

この見解、一つ前の理由から、白紙に戻りますね。
 
ku_ro 2004-04-22 14:24:02 No.25591
イラク人質被害者の家族が、十四日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で記者会見したところ、厳しい質問を受けたという。「自衛隊撤退を要求していたが今も同じ立場か」「どの政党を支持しているのか」などなどと。

 ▼家族はしばし沈黙し、「安否にかかわるような質問は避けてほしい」と答える場面もあったという。外国メディアの記者が厳しい質問をしたのは、「自己責任の原則」をこの事件の前提として考え、“甘えるな”と戒めているからだ。同時に、家族たちの思想的背景や環境を知りたいからだったろう。

 ▼ところが日本のマスコミはそうではない。十五日もある新聞は「人質の家族/これ以上苦しめるな」と題した社説を掲げた。家族の元には“嫌がらせや中傷”の手紙や電話がどっと舞いこんでいるからだという。しかしそらぞらしいというか、見当違いというか、おかしな社説である。

 ▼なぜなら家族の元に全国から“意見”が殺到した責任の半分は、そういう新聞自身にあるからだ。再三の退避勧告を無視してイラク入りした三人の無分別にまるで反省がない家族の言動を、テレビや新聞はたしなめるどころか一緒になって政府を批判していた。

 ▼視聴者や読者の反応を確かめてごらんなさい。ほとんどの人が強い不快感や違和感をおぼえている。家族の言動を助長していたのは、テレビのキャスターやコメンテーター、そして一部新聞の情緒的な社会面作りだったのである。

 ▼家族への抗議には確かに心ない嫌がらせや中傷もあろうが、しかしその言動をたしなめる声も多く含まれているはずだ。そこで「ご迷惑を深くおわびします」というふうに改まってきたのだろう。三人はようやく解放されたが、示唆することは多い。

http://www.sankei.co.jp/news/040416/morning/column.htm

外国マスコミから厳しい質問が飛んだ事を報じず、「冷たかった」という意見ばかりが報道される事からそれは疑問さんが言う「自分の好きなメディアだけを信じて、自分にとって気に食わない報道をするメディアだけを批判するのはやめたらどうだ?」
という批判はマスコミにも当てはまるのではないか、と思ったしだいであります。

無事を祈る 2004-04-22 15:15:20 No.25614
今、三人の人質達を映したビデオに、
様々な疑問が持たれています。

紛れ込んでいる、日本語のような言葉。
(イントネーションは、少し違うようです。
切迫した現場には、不自然に冷静のようにに聞こえます。)

使ってる機材の出所などなど・・・。
これらは、今後の調べを待つしかありません。

帰国時の彼らの姿には、目を覆いたくなるものがありました。
一人は、深深と頭を下げた後、戻すことが出来ないほど、憔悴しきっていました。
解放時より、母国に帰ってきた方がはるかにダメージを受けている。

私は、彼女が自ら命を絶つことを心配しています。
どんな理由があるせよ、立ち直って欲しい。
真実を伝えて欲しい。
 
無事を祈る 2004-04-22 15:53:00 No.25637
ku_roさん

日本外国特派員協会で記者会見、私見なかったの残念です。
従って、これに関してこれ以上言うことは、ただの想像・主観になるので、控えさせて頂きます。

>家族への抗議には確かに心ない嫌がらせや中傷もあろうが、しかしその言動をたしなめる声も多く含まれているはずだ。そこで「ご迷惑を深くおわびします」というふうに改まってきたのだろう。

「その言動をたしなめる声」を聞き、「ご迷惑を深くおわびします」となったことに、異存はありません。

私は、「心ない嫌がらせや中傷」に、大きな問題を感じています。

>「自分の好きなメディアだけを信じて、自分にとって気に食わない報道をするメディアだけを批判するのはやめたらどうだ?」
という批判はマスコミにも当てはまるのではないか、と思ったしだいであります。

これは、とても難しい問題。平行線になりそうですね。

そもそも、情報とは、情を伝えること。
客観的な、事実だけを伝えることは、一見正しいようですが、現場の臨場感、切迫感、人々の感情が分かりません。

より真実に近づこうとすると、どうしても主観が混ざるジレンマがあります。

より片寄らない報道を求めるには、私たちが多くの情報を比較検討するしかないように思います。
(もちろん、マスコミがそう努める事は、言うまでもありませんが。)

ちなみに、マスコミの問題点、放送時間の都合で、多くの情報のワンカットだけを伝える姿勢にもありますね。

先日のブッシュの記者会見、ご覧になりましたか?
1時間ほどの会見全てを見ると、各局が放送したワンカットとは、全く違う印象を持たされました。
 



イジン 2004-04-22 15:54:14 No.25638
「自分の好きなメディアだけを信じて、自分にとって気に食わない報道をするメディアだけを批判するのはやめたらどうだ?」

というこれ、なんだか分る、、、。人間は左翼だろうが右翼だろうが、なぜか自分と一致する意見や情報が入っている報道を喜んで見て、気に食わないものを、批判する「クセ」があると思う。

>という批判はマスコミにも当てはまるのではないか、と思ったしだいであります。

というのもかなり分る。これって、マスコミにも同じ「クセ」があるんだよね。

私は、三人はバッシングされている、というのには賛成してます。正当な批判が出来る人は、バッシング程行かずに、言う事だけを主張して落ち着いていますが、頭がどんどんおかしくなってきちゃってる、感情が入って、怒ってる人達は、批判を通り越しているような言動をしている人が沢山いるみたい。
>たとえ根拠が正当でも、批判が過度になり、そこに感情的な連帯が加わってさらに批判を高めていくことと、、、、って、ほんとうに、それがバッシングですよね。好い事ではないと思うな。
あの三人は犯罪者だ、とか家族個人の情報を出し、あいつは教師らしいぜ、ロクな教師じゃねえだろうな、とか、今井童貞は帰って来るな、とか人質事件本質と全く関係のない事まで持ち出してこぞって責めまくっているのは、バッシングでしょうね。「自己責任」と、落ち着いて主張できる人は、しっかりとした意志を持っての批判者であって、バッシングではないとは見ています。

私にとって、大きな事件が起きたり、有名になったりしたら、バッシングが出てしまうのは避けられない事だと思いますが、聞いていて絶えられないものもあるし、嫌がらせなどの電話、手紙などは、問題外です。
直接家族や被害者に行く嫌がらせは、立派な犯罪と見てます。
少なくとも私が住んでいる国では、「ハラスメント」として、立派な犯罪です。元は自分がまいた種であっても、「嫌がらせ」を受けた者は、嫌がらせをする人間を訴える事が出来ます。もちろん成立すれば牢屋行き、叉は罰金、そしてしばらくの間は、行動が制限させられるでしょう。批判者ではなく、「嫌がらせ」をする者は、自分達が犯罪者であると、知って欲しい。
無事を祈る 2004-04-22 16:07:12 No.25641
一つ前
「ku_roさん 2004-04-22 15:53:00  No.25637」の1行目訂正。

「私見なかったの残念です。」は、「私、見なかったの残念です。」です。
 

ku_ro 2004-04-22 16:32:27 No.25650
 今回の件では特にマスコミの情報操作がひどかった気がしましたね。
特にTBSと朝日は・・・。TBSと朝日が、家族の主張をタレ流した事によって、一般民衆の感情を逆撫でした面も多々あると思います。その意味で、マスコミこそがバッシングを誘発した部分もあったのかな、と。
 少し前はそんな情報操作もうまくいったんですけどね。これだけネットが発達してくると、見抜かれてしまうんですよね。それを「ジリジリと自分の領域が侵されていく焦燥感」と表現したライターがいましたね。
 この人質事件でこれだけ大量の情報が流れたのに、家族の会見場を常に仕切っていた民青系人物がいた事などがほとんど報道されませんでした。何に遠慮しているのかわかりませんが。
 ニュース番組も視聴率至上主義で、主観込めた報道の方が結局視聴率を取れる、という事なのかもしれませんけどね。私としては、判断はこちらでするから、とにかく色々な情報を流してほしい、とだけ希望してます。
ku_ro 2004-04-22 16:34:39 No.25652
発言者自身により削除されました
桶車所有者 2004-04-22 16:57:23 No.25660
 考えてみたら、わが国におけるバッシングは大きく二つに分かれると思う。
 一つは、大多数の国民感情によるもので当に世論と言う奴だ。旅順攻撃時における野木閣下に対するバッシングやポーツマス講和会議における小村寿太郎へのバッシングなどはそれだが、今回のも「国民感情の発露」と言う意味では同じだろう。それに気がついたからこそ家族も内心は兎も角多度を豹変させたのだと思う。人は感情を持つ生物で、尚且つ聖人君主なぞ、天然記念物よりも珍しい存在である事を考えれば、善し悪しは別として、バッシングは存在し続けるし、ある意味民意が表出したものと言える。
 一方もう一つが、ある思想的背景を持って、闘争戦術として組織的に実施されるバッシングであり、ヤクザノ取立てや日本におけるマスコミ報道、そして人質家族を支援した諸団体が好んで使った方法としてのバッシングだ。

まぁ、つまり、バッシングを批判するより、されるのが嫌ならされないような言動をして大人しくする。新年を持って何かやりたいならバッシングを受けるのを覚悟せよと言うことだ。ある意味、行動する人にとってバッシングを受けることは自己責任を負うことに等しいと思う。
ナナメウエ 2004-04-22 18:14:08 No.25693
海外の記者からの感想として”人質たちの帰国に対して日本人の反応が冷たい”というものがあるようですが
うがった見方をすれば、それこそまさに我が国における左翼思想の浸透のたまものと言えるのではないでしょうか?
国家、同胞という共同体意識が希薄になっているという解釈も出来なくはないでしょうか。
原風景 2004-04-22 19:49:02 No.25728
ことバッシングや出迎えの冷たさについて、
今回の事件は特殊なケースだと考えている。

当初から違和感があったビデオ映像に加えて
日本のサヨクそっくりの主張。
あれあれ?と思っているところにサヨク家族の主張。
準備していたかのようなデモ、署名提出。

中道的なマスコミは警鐘として(?)、
サヨク的なマスコミはこの時とばかりに
サヨク家族の主張をありのままにたれ流した。

普段政治的な行動や考え方をしない、
いわば普通の人々は、自分の中にある
「サヨクに対する嫌悪感のようなものを」
微妙に感じ取った。

結果、サヨク家族は叩かれ、人質三人は帰国しても
余り歓迎されなかった。

仮に誘拐されたのが余り政治的な背景を持たない
自衛隊派遣に中立的な考えのボランティアだったら
どうだったろう。
自己責任論は出ただろうがここまでのひどい
バッシングは起きなかっただろうと私は考える。
少なくとも私は「良かったね!!お帰り!」と
喜びを持って迎えることが出来ると思うのだが。

ただし、いくら違和感のある家族でも、
迷惑電話をかけたりするのは正しい行為ではなく、
ましてや住所を晒したり、罵詈雑言をネットに
書き込むのは許されるものではないと思う。

私は誰かの「真実」など知りたくない。
「事実」だけを知りたいと思う。
無事を祈る 2004-04-22 23:22:43 No.25826
イジンさん。

>正当な批判が出来る人は、バッシング程行かずに、言う事だけを主張して落ち着いていますが、頭がどんどんおかしくなってきちゃってる、感情が入って、怒ってる人達は、批判を通り越しているような言動をしている人が沢山いるみたい。

私も、この掲示板見てびっくりしました。
下品で、恥知らず・・・、否ですね。

>直接家族や被害者に行く嫌がらせは、立派な犯罪と見てます。少なくとも私が住んでいる国では、「ハラスメント」として、立派な犯罪です。

イジンさんは、アメリカですか?
下品なバッシングをしている連中、一度外国に行ったら、
自分がどんなに偏狭か、気づかされるでしょうね。

桶車所有者さん。

>ある意味、行動する人にとってバッシングを受けることは自己責任を負うことに等しいと思う。

現実は、そうかもしれませんね。
だからこそ、批判は、慎重にしたいものです。

ナナメウエさん。

>うがった見方をすれば、それこそまさに我が国における左翼思想の浸透のたまものと言えるのではないでしょうか?

ほんとに、うがった見方ですね。うっとうしいから止めましょうよ。

>国家、同胞という共同体意識が希薄になっているという解釈も出来なくはないでしょうか。

そうとも言えるかもしれませんね。
同じ国民という意識より、「迷惑」の方が勝ったのでしょうか?

原風景さん

>普段政治的な行動や考え方をしない、
いわば普通の人々は、自分の中にある
「サヨクに対する嫌悪感のようなものを」
微妙に感じ取った。


サヨクより、身勝手と取ったんじゃないですか?
その形容詞(サヨク)止めません。

>ただし、いくら違和感のある家族でも、
迷惑電話をかけたりするのは正しい行為ではなく、
ましてや住所を晒したり、罵詈雑言をネットに
書き込むのは許されるものではないと思う。

本当に、そうですね!良識を持ってもらいたいですね!
 
1
YouTube 公式サイト正式オープン ベターライフ番組表 番組配信スケジュールはこちら チャンネル桜のあの人気番組がDVDに!!