「日本文化チャンネル桜二千人委員会」発足 南京の真実
SO-TV

旧掲示板

左翼と右翼の接点って何?

B 2004-05-10 00:07:22 No.31273
この掲示板を見ていると打倒右翼という人とこれだからさ左翼はという人の意見が完全な平行線を辿っています。

たまには自分たちの共通した箇所を考え合って、溝を埋めることができるような建設的な議論をしてみるのは如何でしょうか?

敵を知れて自分も分かる、最高の話題になると思いますが、こういうことを提起すると平和主義者と両方から罵倒されるのでしょうね、こまったこまった…
2004-06-05 10:50:40 No.37793
>昆布だし様

300題目、ありがとうございました。
5月10日7時頃にこの掲示板を掲げてから、皆様のご指導ご鞭撻により、この日を迎えることが出来ました。

それから、この掲示板を支えてくださった皆様。
本当にありがとうございます。感謝の言葉が見つかりません。

Bは題数ばかり気にしているというご指摘がありそうですが、別に題数を伸ばすこと『だけ』を目的としている訳ではありません。
ただ、この掲示板が続けば続くほど、皆様の今まで生涯をかけて獲得されてきた知識を、主観客観を交えてお話いただけるので、無知な私にとって非常に有益になると考えているからです。

現に匿名希望の無記名の方8名を含む48人格の方に書き込みをしていただき、いつものようにその高度な、または幅広い知識の書き込みに対して消化不良を起こしながらも必死に喰らいついていっている状況です。

この1ヶ月間は私の人生に匹敵、いえ凌駕するほどの知識をいただき、他力本願ですが自己研鑽できたと信じています。

また、私の能力のないばかりに、広がりすぎた掲示板をどう着地させればいいのか毎日頭を悩ませております。

今後も皆様がBには飽きたといわれるまで、この掲示板を続けていこうと考えていますので、気が向きましたら参加してみてください。よろしくお願いします。

追伸
もしかしたら、私がこの掲示板を続けているのは、本当に着地点が見つかっていないからかもしれませんが、それは気づかないふりをさせていただきます。
2004-06-05 11:13:45 No.37801
ちなみに、今まで私に知識を無償で提供してくださり、人格形成を助けてくださった方々を尊敬をこめて、あげさせていただきます。

(0〜99)
GT-9800F Saito Hide 頑張れ!ミラクルメッツ 祐子 柿渋 蒼の騎士 鈍色穴熊 カレー 啓蒙主義者 ? げんふうけい アルトアイゼン・リーゼ さるばとーれ 右翼は不潔、左翼」は清潔 大逆 つながった りんりん ナナメウエ 他山の石 サキュバス KAZ

(100〜199)
河内屋蒼湖堂 松五郎 加賀見忍剣 pianissimo 桃太 のっぺらぼう 猿女の母 江湖 欅松の伝説

(200〜299)
すみませんが 原風景 ロコロコ・コミック RAM 昆布だし おべろん クロタロー まとはずれ

〔:敬称略〕
他山の石 2004-06-05 11:15:16 No.37804
B様

300題目突破、おめでとうございます。

>今後も皆様がBには飽きたといわれるまで、この掲示板を続けていこうと考えていますので、気が向きましたら参加してみてください。

このスレまだまだお続けになられる予定なのですね。
それでは私もささやかながら今後とも応援させて頂きます。
他山の石 2004-06-05 11:16:18 No.37805
加賀見忍剣 様

最初は貴殿が示された個々の論点について、それぞれ私見を述べようかと思っていたのですが、貴殿が既にこのスレを離れられているということと、「右翼にも左翼にも分類可能」という結論自体には全く異存がないので、ここでは貴殿と私の相違点についてのみ私見を述べさせて頂きます。

先ず貴殿は、「右翼・左翼の色分けは全く意味がない」と仰いますが、現実にそういった言葉が存在し、多くの人達がその言葉を用いて議論したり、レッテル付けしたりしている以上、本来の言葉の意味をきちんと整理しておくことは決して無意味だとは思えません。
いや、本来の言葉の意味を正しく理解せずに自分勝手にその言葉を使い続けることは、不要な摩擦や混乱を生じせしめ、むしろ危険なのではないでしょうか。

あと、”狭義の右翼と左翼”の関係は体制が入れ替わると逆転現象が生じますが、”広義の右翼と左翼”の関係ではそれが生じません。すなわち、その民族・国家に固有の文化・伝統に基づいた価値・理念を追求する個人または団体(勢力)が”広義の右翼”なのであり、それとは反対に民族や国家を超えた世界市民レベルの普遍的な価値・理念を追求する個人または団体(勢力)が”広義の左翼”なのです。B様の言葉を借りれば、”右的思想”と”左的思想”に対応しています。
ですから急進的な左翼勢力が体制側に付いた場合、徐々に右傾化していき(ボリシェヴィキがそうですね)、反体制派自由主義勢力に対して左翼、トロツキスト等世界同時革命論者に対して極左冒険主義というレッテル付けをするのではないでしょうか。

上述のように現実世界では(レッテル付けを除き)広義の右翼と左翼の関係が逆転することはないのですが、個人レベルでは貴殿が仰ったように「右翼→左翼、また左翼→右翼への転向あるいは再転向は極めて容易です」。とりわけ極右から極左、極左から極右はそうでしょうね。
この理由を説明するには、”普遍性と伝統性”の関係を、ユング心理学の”アニマとアニムス”の関係に置き換えてみると説明できるのではないでしょうか?
また、反対勢力(論争相手)に安易に右翼とか左翼のレッテルを付けてしまう理由のひとつに”シャドー”という概念を用いて説明することも可能ではないかと思っています。
2004-06-05 11:45:32 No.37811
>他山の石様

早速のご表明、ありがとうございました。

しかし、他山の石様の書き込みの内容はいつも専門用語の洪水なので、インターネットで調べてみないと字面しか理解できないため、すぐに重箱の隅をつつくような問いかけは出来ないことが残念です。

ですが、私はこうやって、皆様に成長させていただいています。

本当にありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

おべろん 2004-06-05 14:51:15 No.37843
B様
亀レスで申し訳ない。文章とタイピングが下手なので常体記述で失礼する。
>おべろん様の自説ですと、1990年代初頭が日本のターニングポイントだったのですね。
諸説あることは承知しているが、いずれにせよ上から下までだらしなくなったのは1990年代初頭からとみた。

>ただし、表立っての予算を割り当てたらその機関が何をしているか説明する義務が発生するので、活動しにくくなりませんか?
おっしゃるとおり。法技術的に困難。本来ならば国民が大人になって、国民の合理合意に基づいた機関設置が望ましい。いずれにしても公然部分と非公然部分の建ては必要。非公然活動は少数精鋭で行うべきものと考えているので、公然部分による裏金作り程度で何とかなるのではないかと考えている。

余談だが、警察の一組織に任せるというのは誤り。あれだけの大所帯だと簡単に情報が漏れる。余談ついでにいうと、軍隊アレルギーになってしまった戦後日本人にはわかりにくいが、ヨーロッパなどの左翼連中は、軍隊には民主的イメージを持てるが、警察は非民主的という感覚だそうだ。

2004-06-05 18:55:52 No.37912
>おべろん様

警察が非民主的ですか、何となくわかる気がします。
警視庁に勤めている知人が、うるさいガキは暗闇に連れて行ってボッコボコにすることがあるっていっていましたから。

でも、江戸時代の官吏や戦中までの特高の被疑者に対する拷問シーンを思い浮かべたのはなぜでしょうか?

イメージ不足なのでしょうか?
2004-06-06 05:36:58 No.38014
>猿女の母様

大変遅くなりましたが、猿女の母様の下記投稿に関しての私見を申し上げます。

(抜粋開始)
上記解釈の確定により英国同様、国権の発動における内閣の君主に対する優越性が確立し、名目上は君主国でありながら、実質上は共和国となりました。
では、天皇がもし、緊急事態以外で天皇大権を発動なされたとしたら?
立憲政治の常道をはずれ、瓦解しデモクラシーの否定となってしまうのです(当時の日本にデモクラシーはまだ無く、国民はデモクラシーを欲していたかは?ですが)。
つまり、立憲政治の瓦解→デモクラシーの否定→専制性または独裁制と為りえたのです。
以上、揚げ足取りで重箱の隅と思われますでしょうが、Noが可能という解釈ですと、「天皇の戦争問題」に於いての判断をする上で、混乱を招きかねないとの老婆心から、失礼を承知の上で発言をさせて頂きました。

上記抜粋において『Noが可能という解釈』までは言及していませんでした。申し訳ありませんでした。
私にとって『良きに計らえ』という言葉が、物悲しいフレーズに聞こえていた理由はそこですね。

2004-06-06 05:49:44 No.38015
(続きです)
しかし、『天皇の戦争問題』については、大変申し訳ありませんが枝葉においてはその通りなのですが、根幹において同調できないのです。

天皇の戦争問題を戦争責任と置き換えて話をさせていただきます(そう意味ではなかったのならば申し訳ありません)。

当時の天皇の聖断ということは、絶対でした。
大政奉還から戊辰戦争、西南戦争にかけて、官軍(:天皇をいただいた勢力)が掲げた錦の御旗に対して、敵対勢力は戦闘継続の意欲をかなり削がれたといいます。

昭和に入り、その天皇制が『英国同様、国権の発動における内閣の君主に対する優越性が確立し、名目上は君主国でありながら、実質上は共和国となった』にしても、臣民は天皇のお言葉を信じて戦争を受け入れました。

上記は世論が先だったのかもしれませんが、天皇の追認によりお墨付きを与えてしまったのです。

それゆえ、天皇には戦争責任はあります。
2004-06-06 06:07:10 No.38016
(続きです)
ただし、大東亜戦争(:それ以外の戦争は勉強不足なので割愛させてください)に限って言えば、ABCD包囲網やハル・ノートなどにより窮地に陥った国体を護るための防衛戦争と認識しています。

それゆえ、敵国に対する戦争責任という法的な概念はまったく存在しません。

あるとしたら、天皇がマッカーサーにお伝えになった御言葉『私はどうなっても良いので国民をお願いします。(:私の記憶なので正式な言い回しではない可能性があります)』でわかるように、米国に対してではなく、国民に対しての道義的責任が発生しているだけです。

しかし、大部分の国民は天皇にべったり依存していた訳ですから、その理由により道義的な責任も薄れるのではないかと思っています。

当時の憲法で頂点と認められている天皇が、戦争に対する責任がないということは、部下の管理能力がない社長が『この不祥事は部下が勝手にやったことだから』と記者会見でのうのうと言ってのけることと同じことになります。

天皇は当時のご自身の境遇と立場をよく理解されており、日本国民を救うこと・日本国を存続させることのみを考えておられる点でも私は素晴らしい方だと尊敬させていただいております。

朝早く書き込みましたので、また足らない部分が多見されると思いますが、その点は容赦ください。
猿女の母 2004-06-06 13:58:25 No.38069
B様  

お忙しい所を早速のご返答、申し訳ないと共に有り難うございました。

No37552、No37562のなかで、私が言わんとしていた事が私の文章力のなさゆえにB様に伝わらなかった事、深く恥じ入っております。

No37552より
>>天皇に提出した案件において、日本にとって有益かどうかのイエスorノーを即断する、
>ここがご一考願いたい箇所です。

この文中の「イエスorノーを即断する」と言う部分をご一考願いたかったのです。

この「イエスorノーを即断する」と言う文言が入る事で、天皇に通常時も拒否権の発動が可能なように見えてしまうと言いたかったのです。

率直に申せば下記の文章であったなら、私はなんら思う所は無かったのです。

天皇に提出した案件において、最終的な裁可を行う機関だったと理解していますので


>>上記抜粋において『Noが可能という解釈』までは言及していませんでした。申し訳ありませんでした。
私にとって『良きに計らえ』という言葉が、物悲しいフレーズに聞こえていた理由はそこですね。
>これは、Noが事実上言えなかった事を、ご理解していただいたととってよろしいのでしょうか?

(続く)
猿女の母 2004-06-06 13:59:06 No.38070
(続き)

>>天皇の戦争問題を戦争責任と置き換えて話をさせていただきます(そう意味ではなかったのならば申し訳ありません)。
>申し訳ありませんでした、戦争問題ではなく戦争責任です。私の書き間違いですので、勿論異存はございません。

しかしながら、No37552の私の書き込み部分を今一度ごらん頂きたいのですが。

>>「天皇の戦争問題」に於いての判断をする上で、混乱を招きかねないとの老婆心から、失礼を承知の上で発言をさせて頂きました。
>戦争問題を戦争責任に変えても、私の「天皇の戦争責任」についての見解は何ら発言しておりません。

少しくどくなりますがNo37552、No37562のなかで私が言いたかった事は

平常時において天皇大権を発動し、上奏された案件に対して拒否(No)が言えたかどうかと言う、本当に重箱の隅をつつくような事ですが、天皇の戦争責任を考える上では重大な事をご一考願いたかっただけなのです。


私自身、歴史観を押し付けるような議論は好みませんし、B様の本意とする歴史観が分からなかった事、最近歴史観で保守的な見方と違う立場の方々が多い事等もあり、かなり迂遠で分かりづらい書き方となってしまい、お時間を取らせてしまった事重ねてお詫び申し上げます。これからはなるべく理解していただけます様に文章を練って投稿させていただく所存ですので、これからも宜しく御願い申し上げます。


大逆の記憶 2004-06-06 15:04:58 No.38074
おべろん様に一票。
ロコロコ・コミック 2004-06-07 13:09:57 No.38282
猿女の母様:横スレ失礼します。「天皇の戦争責任」に関しては、私も貴女に同意で明白になかった、と判断しております。
加賀見忍剣様:はじめまして(でしたっけ?)。貴方の論、楽しく読せて頂きました。いずれ、貴スレでお会いしましょう。
2004-06-07 19:57:17 No.38344
>猿女の母様

お返事が遅くなりまして申し訳ありませんでした。

猿女の母様が仰っているポイントについてはその通りと理解しています。
焦点のぼやかした回答をしたことにつきまして、お詫びいたします。

ただ、猿女の母様が私を諭すために、戦争問題の敷居に足を掛けられましたので、甚だ不本意ながらポイントだけではなく、流れとしての私の見解を述べさせていただきました。

この問題は、私達にとって諸刃の剣ともいえますので、猿女の母様にはご自身の見解は求める気は毛頭ございません。

ただ、私も会社の運営側に組していて、責任の所在を明確にすることを求められるポジションにいることから、当時の天皇陛下と比することは不敬にあたるのですが、天皇陛下と同様に自分の意向と異なる決断をすることは多々あります。

これらは、刻々と変わる社会情勢において、その瞬間における次善策に対する裁可であることから、流れ(経緯)としての整合性を総合的に判断した結果、自分の意見とまったく反対の意見を採用してしまうことによります。

ですから、『No!』と仰ることが出来ないような状況下であったかもしれませんが、私はあのときの天皇陛下のご聖断は正しかったと理解しています。



猿女の母 2004-06-07 21:01:41 No.38353
B様

まず、最初に何度も貴重なお時間を取らせてしまった事、重ねてお詫びいたします。

そして、私の言葉を聞き入れて下さって有り難うございました。

B様のご見解も理解したつもりでおりますし、それ以上は勿論当初より望んでいたわけではありません。
私自身、大枠について同じなら良いのでは、と考えております。敢えて同士討ちを避けて頂いた事、重ねて御礼申し上げます。

日本には色々な見方があり、それを発言する自由もあります。
そして今の日本を創る礎となって下さった、全ての方々に感謝の意を込めてこの話を終わりとさせて頂きたいと思います。
 


小林秀雄の言葉 2004-06-12 23:16:54 No.39499
ジャーナリズムというものは、インテリの言葉しか載っていないんです。あんなところに日本の文化があると思ってはいけません。左翼だとか、右翼だとか、保守だとか、革新だとか、日本を愛するのなら、どうしてあんなに徒党を組むのですか。日本というのは僕の心の中にある。諸君の心の中にみんなあるんです。こんな古い歴史を持った国民が、自分の魂の中に日本を持ってない筈がないのです。

第19回合宿教室講演(昭和49年、霧島)より抜粋
2004-06-13 02:07:26 No.39522

お久しぶりでございます。
さて、皆様の意見をいただいて、私の理想とする保守的愛国者像(私の概念としての右翼)は確立できたのですが、破壊的愛国者、もしくは類廃的個人主義者像(私の概念としての左翼)の位置づけが確定せずに困っています。

どなたか、この掲示板の主旨に立ち戻って素晴らしい意見を披見してくださる方はいらっしゃいませんか?
他山の石 2004-06-13 12:06:44 No.39594
B様

またまた難しい設問を提供されてしまいました(汗)。
B様のご要望にまだどなたも応えていらっしゃらないので、先ず私から意見を述べさせて頂きますね。

>さて、皆様の意見をいただいて、私の理想とする保守的愛国者像(私の概念としての右翼)は確立できたのですが、破壊的愛国者、もしくは類廃的個人主義者像(私の概念としての左翼)の位置づけが確定せずに困っています。

狭義の左翼は共産主義勢力であれ自由主義勢力であれ常に反体制的・反国家的立場を意味するので、一般的な意味で”愛国的”とは対極的な概念です。
このため、ここでは私のいう広義の左翼について考察したいと思います。

●広義の右翼=その民族・国家に固有の文化・伝統に基づいた価値・理念を追求する個人または団体(勢力)

●広義の左翼=民族や国家を超えた世界市民レベルの普遍的な価値・理念を追求する個人または団体(勢力)

これを見ると、右翼(愛国主義者)と左翼(世界市民主義者)は対極の概念であり、左翼と呼ばれる人には一見愛国者はいないように思われますが、一般に”愛国”というのは愛国主義とは異なり、”自分の生まれ育った郷里やその延長線上にある国家に愛着を覚えるという素朴な感情”なので左翼と愛国者は決して相矛盾しないのです。

あと、右翼左翼の分類は必要ですが、個々の人間は杓子定規に填められるものでは決してなく、ある部分はいわゆる右翼的ではあってもある部分は左翼的あったり、また普段は右翼的立場を標榜する人がある時だけは左翼的立場をとることだってあり得ます。

また、個人レベルでも徹底的にいずれか一方にしかシンパシーを覚えないという人はまずいないのではないでしょうか。

多くの(広義の)右翼的人間は世界平和に反対しているわけで決してはなく、また人類共通の価値・理念に無関心なわけではありません。彼らは時にそれらの理念に少なからず心を揺さぶられながらも本能的にその偽善性や欺瞞性を見破る眼力が養われている人たちであり、一般的に(広義の)左翼と呼ばれる人たちは少年少女時代に培われる理想的・普遍的な理念を追求する姿勢を大人になってからもずっと保持し続けている人たちなのではないでしょうか。

(続く)
他山の石 2004-06-13 12:07:38 No.39596
(続き)

ですから右翼と左翼は(分類上は)対立する概念ですが、ここの別レスでも指摘したように、一個の人間の心の中では決して対立している訳ではなく、それらの要素は相互に有機的に絡み合い、ただ政治信念を顕在化する上で敢えて右翼もしくは左翼の立場を鮮明にしているに過ぎないのではないでしょうか。

このスレで議論を進めていく上ではどうしても右翼左翼の概念を明確化する必要があり、とりあえず両者を分類してはみたものの、生身の人間は決してそのような枠に単純に収まるものではないので、B様の悩みはその当然の帰結なのではないでしょうか。
げんふうけい 2004-06-13 13:13:06 No.39606
B様

他山の石様のお考えに賛同します。(今回はなんとか理解できました。うれしぃ!)
B様の理想とする保守的愛国者像がひとつに絞れるのに対して、B様の概念としての左翼はそれ以外の様々な姿をしていて、最大公約数的にひとつに絞るとすれば、その姿は現実には到底あり得ないような怪物の姿になってしまうでしょう。

実際的にはこのスレで皆様が提示して下さったような多彩な軸を元に個別に判断していかなくてはならないのかなと思っています。

その上で。
究極的には「自分以外に愛すべきものを持っている人」と「自分以外に愛すべきものを持っていない人」に分けられると考えています。

この、「愛すべきものを持っていない人」こそ私の考える破壊的愛国者、もしくは類廃的個人主義者像なのですが、どうでしょう?
2004-06-14 00:11:44 No.39727
>他山の石様

〔抜粋しました〕
生身の人間は決してそのような枠に単純に収まるものではないので、B様の悩みはその当然の帰結なのではないでしょうか。

加賀見忍剣様も同様なことをおっしゃっていたことで、他山の石様の上記ご指摘のとおり簡単に分類できなくなってしまったのでしょう。

これに関しましては、悩みは深まるばかりです。

2004-06-14 00:15:10 No.39728
>げんふうけい様

いつも平易な文章での寄稿、ありがとうございます。
かなりの部分において、的を得ていると感じました。

利私(個)と利他(公)についてよりどちらに傾いているかを基本軸にするわけですね。

その線で考えてみます。
他山の石 2004-06-17 13:06:33 No.40348
B様

私のいう広義の右翼と左翼の指向性すなわち伝統指向と普遍性指向を、貴兄が考察されている人間の性向に当てはめると、次のように分類することもできるのではないでしょうか。(実はこれ自戒の念を込めて書いております。)

”理屈を超えた義理人情的な世界を好む感性型人間” vs. ”人間理性を信じて疑わず論理を偏重する悟性型人間”
げんふうけい 2004-06-17 17:54:12 No.40396
他山の石様
「げんふうけい」vs「原風景」みたいですね。

非常に興味深い視点だと思います。有り難うございます。
よく考えて、勝手に自省(自制?)の材料にさせて頂きます(笑)。
BASIC 2004-06-17 20:19:48 No.40424
うぅん?

これは結局、げんふうけい殿と原風景殿との共通点を確認するためのスレだったのか?

いいなあ、有名人は。。。。。
げんふうけい 2004-06-17 22:10:43 No.40462
ゆ ゆ ゆうめーってアータ!何をゆうてはんの(笑)。

BASIC様
このB様のスレはとても良いスレです。
私のスレタイ外れにつきあわなくても良いので
過去レスを読んで、何か発言してみて下さいませ。

B様、皆様。スレ外れ失礼しました。


BASIC 2004-06-18 04:38:57 No.40503
げんふうけい殿

どこのスレだったか記憶が定かでなく、レスすることが困難だから、別スレだがここで回答をしたい。

自分のHNの由来だが、この掲示板のある有名人の発言に行為を感じ、その人のHNを英語にしようとしたが、辞書を引く能力もなく、また無断転用であり、例え英語でもHN全部をもらうのは恐れ多いとの観点から、漢字3文字の最初の1字を自分の英語の語彙力の範囲内で探してきたものである。
よく自分の名前の一字を使用することを許すという恩賞の取らせ方があるじゃないですか、あれを本人の同意もなく勝手にやっただけです。
以上、BASICでした。
BASIC 2004-06-18 05:25:49 No.40507
行為⇒好意

間違えてもた、申し訳なし。
BASIC 2004-07-16 23:40:21 No.48244
懐かしいね。懐古主義はいけないんだけどね。
でも、これって尻切れトンボのスレだよな。
げんふうけい 2004-07-17 08:25:52 No.48317
私のせいです。反省・・・。

B様、どうぞ「Bの法則」のご発言を続けてください。
お願いします。
原風景 2005-11-07 19:33:04 No.250632
チャンネル桜の掲示板をご覧になっている皆様。

このスレッドはとても良いスレッドです。
どうか最初からご覧になってみて下さい。

http://www.ch-sakura.jp/bbs_thread.php?GENRE=sougou&ID=31273&P=0

世の中で右翼左翼と両極端の様に言われる思想の形態が、本来どのようなものなのか。そして思想とは、人とはどのようにあるべきなのか。未だ私は答えを見つけられません。今でも私はこのスレッドを読み返す事がよくあります。そして考えます。

「右翼ってなぁに?左翼ってなぁに?」

物事をよく考えずに生きてきた私”げんふうけい”は、このスレッドで大きく成長させて頂きました。私はこのスレッドをいつでも、そして今でも眩しく、そして懐かしく見返します。

未熟な私が桜掲示板で様々な皆様と出会い、自らの未熟を知りつつも投稿を続け、皆様とお話しする機会を持てたのは、ひとえにB様の温かい人柄によるこのスレッドがあったからです。

B様、持ち上げすぎかな?でも本音ッスよ。
現在リアルタイムで桜掲示板をご覧の皆様、後でゆっくり読んでみてネ(笑)。お勧め。
2005-11-07 19:48:33 No.250663
原風景さま

こんばんは!
こんなレスまで掘り出していただきまして、まことにありがとうございました。

びっくりしますね、自分がスレ主だったということを。
たかが333レスなのに、当時は人気スレッドに肉薄していたのですよ。信じられますか?
また、無知なBに対して平易な言葉で牛が反芻するが如くあらゆる言語を駆使して教え諭していただいたことには非常に感謝しています。

            ありがとうございました。

左の検証の続きは?と良く問われます。
これに関しても皆さまにご意見を頂こうかと考え始めています。

そのときには原風景さまとげんふうけい様、どちらで参加していただけるのでしょうか?
それができるようにスレ建ては『地獄の掲示板』でないといけないのかなぁ?なんてほくそ笑んでいます。

皆さま、本当にありがとうございました。


                   B 拝
1 2 3 4 5 6 7
YouTube 公式サイト正式オープン ベターライフ番組表 番組配信スケジュールはこちら チャンネル桜のあの人気番組がDVDに!!