「日本文化チャンネル桜二千人委員会」発足 南京の真実
SO-TV

旧掲示板

他国から共感されない日本外交

ふくろうおじさん 2003-10-23 10:29:08 No.4582
APEC閉幕で,次の点が明白になった。

・シナとロシアは,北朝鮮の現状維持を強く望んでいる。
・シナとロシアは,北朝鮮と米国が接近することも
 望んでいない。
・シナとロシアの間で,北朝鮮に対する宗主国としての
 暗闘が,今後,有り得る。
・米国は,北朝鮮が,ポータブル核や生物化学兵器をテ
ロ組織に密輸しない限り,間接手段で北朝鮮を追い込
 む方針を変えない。
間接手段とは,北の内部崩壊を促し,将軍を生け捕り
 にするという既定方針。
・日本が拉致問題を主張するのは,シナ,ロシア,米韓
 にとって,問題を複雑にするのみで,やや迷惑。
シナやロシアは,絶対に日本側に立たないことで,宗
 主国としての信頼度を維持する。
米韓はかかわりあいになりたくない。
・その他の諸国は,拉致問題に関し,日本に同情していな
 い。

なぜ,他国が日本外交に共感しないのか。なぜ,拉致問題を首脳宣言に明記できなかったのか。これは,日本外交の明らかな敗北であるから,ここで総括したい。
外人は,拉致に関する日本の外交態度を『 tell on 』 と揶揄する。
『tell on』 とは,言い付けることである。
昔,小学校で,クラスの可愛い女の子を,我々,悪童連が泣かしたりした。すぐに,優等生の女子生徒たちが,先生のところにご注進に及び,言い付ける( tell on )。
特攻帰りの若い先生が飛んで来て,悪童連にビンタを一発ずつお見舞いし,一件落着。

日本外交は,あの優等生の女子生徒と同じことをやっている。首相や外相が,国連や会談で,『北朝鮮が悪いことをやりました。北って,いけないんです。でも,私たちは良い子だから,相手を暴発させるような強硬な手段はとりません。日本の立場を理解して下さい。』

そうして,日本政府は,国内に向けて,『拉致問題に関し,各国の理解が深まった。』と自画自賛している。

他国の感想を,やや下世話な表現で,代弁してみよう。

『日本政府さんよ。なぜ今頃,国連で,しゃあしゃあと,「ミサイル問題,核問題,それに拉致問題に懸念してます。」などと,他人事のような演説をするのか。
なぜ,今頃になって,APEC の席で,拉致問題を文章化することにこだわるのか。
文章化しただけで効果があるのか。
拉致は25年も前から始まり,今も続いていることは,我々は百も承知だ。
日本政府は,自分で汗も流さず,摩擦も起こ
続き ふくろうおじさん 2003-10-23 10:31:36 No.4583
日本政府は,自分で汗も流さず,摩擦も起こさず,まして血など流さずに,25年も前から続いていることを,なぜ,告げ口に来る? Don't tell on North Korea ! Do it yourself ! You, coward jap ! 』

何事も穏便に,相手の理解を取り付けて,という態度で臨む福田長官を見ていると,総会屋相手に無事実務をこなす庶務課長の姿がダブって見えて来る。

かといって,私の選挙区では民主党に投票する気にもなれず,小泉改革は進めてもらいたいし,困ってしまう。

福田長官,今度のAPECの結果をよく総括して,強硬策に転じてほしい。拉致問題は,日本が孤独に戦わねばならない戦争なのです。お願いします。

庶務課長的発想から脱し切れない自民党しか頼りにできないとは,まことに情けない。

日本の外交政策からは,国民の憤激が見えて来ないのだ。他国は,国民の憤激が沸点に達しているとは理解していない。
日本が強硬策に転じ,あわてて中露や米英が止めに入る(仲介に出て来る)くらいで丁度いいのだ。

良い子ぶるな,優等生女子ニッポン!


防人梓隊 2003-10-23 13:46:45 No.4591

ふくろうおじさん 様

全面的に賛成。
ひとつ付け加えたいのは、米国の事。
アメリカは日本が北朝鮮問題でおたおたおろおろして、米国に頼りきり、何でも従い、イラクに金を出したり、MDシステムを一兆円出して買ってくれれば言うこと無し。このまま北朝鮮を適度に「泳がして」おけば、日本は何でも言うことを聞くわ、金は出すは、日本の金で米経済を支えてくれるは、感謝はしてくれるはで、北朝鮮をぶっつぶすより、今の「危険な」状態をしばらく保つのが一番と、ちゃんと計算をしております。
 良い子ぶって優等生女子ニッポンを演じているつもりが、臆病で卑怯な(でも金持ってる)馬鹿と見下されているのでは?
 庶務課長と女渉外係長をまずクビにしましょう。
2003-10-23 14:47:04 No.4592
最近小泉首相などからしきりに「日米同盟」という言葉が聞かれるが、一般のアメリカ人の極東情勢への関心は薄いと思う。それに加えてアメリカは人種が違う。いざとなったら助けてくれるとは限らない。日本も専守防衛などと言葉の遊びに耽らず、強力な打撃力を有した軍備を進めるべきだと思う。
何しろ戦争に勝つには相手を降伏させるしか方法がないのだ。敵首都を占領するか、爆撃でガタガタに破壊するくらいしか勝つ方法はない。
自分の方で「戦争を放棄する」といっても、敵国が攻め込んでこないという保証はどこにもない。日本は軍事力を強化すべきである。
1
YouTube 公式サイト正式オープン ベターライフ番組表 番組配信スケジュールはこちら チャンネル桜のあの人気番組がDVDに!!