「日本文化チャンネル桜二千人委員会」発足 南京の真実
SO-TV

旧掲示板

チャンネル桜への要望:科学立国への応援を

あきのり・T 2003-11-04 09:45:57 No.4966
歴史はオリエントにはじまる。

 日本の御皇室の伝統と日本の歴史を考えますと、非常に科学(自然観察)を強く意識したものと感じられます。
 例えば、エジプトのピラミッドと古代中国の都が何故、四角形か?考えました。(方形:方は四角。)なぜでしょう?これは、時間概念である:日の出(東)・日没(西)・昼(南)・夜(北)を空間概念に投影した思想ででしょう。
 江戸時代までの迷信として、明治は表舞台では新暦へ切替で捨ててしまった?ように思えますが、古代や旧暦の思想では、時間は空間ですし、空間は時間です。私見の直感ですが、アインシュタインの相対性理論に通じると思います。光の速度で空間を進むと時間が相対化される?とういう。
 また、イスラムのモスクやキリスト教の寺院の天井・ドームはなぜ丸いのでしょうか?古代中国の易経の思想もそうですが、これは天をイメージしたものでしょう。天は丸い円として古来人類に意識されて来ました。
地球の自転によって、北極星を中心に周囲の星が円を描いて動くように見えたことからでしょう。
天は円であり動くもの。地は動かず四角いもの。天動説ですがそうイメージされてまいりました。
 日本ではなぜ皇帝ではなく、帝を「天皇」と申し上げるのでしょうか?
 学校教育では、日出づる処の天子の国の中国皇帝への対抗として習いましたが…。自然・神々に、より忠実であろうとした日本精神(科学的で合理的な精神)を私は感じます。
 仁徳天皇陵は「前方後円墳」これは良く見ると天である円と地である四角を統合するかのようなデザインです。
 日本の歴史において、なぜ周囲からも、御皇室は長く日本の中心であると考えられたのでしょうか?
これは宇宙の中心に見えた北極星(古代の宇宙観で天子・神々の皇帝である天帝のおられるところ・北斗七星のある)この星は、動かない中心とみなされていました。
天は中心は動かず、周囲の星がめぐります。
変わらない保守すべきものと、改革し動かして行くものです。
 古代思想では、地上の人事もまた、天の動きと連動しているものとみなされていました。人間から自然に働きかける祈りや文学(和歌)も生まれました。
 万葉集の「やすみしし わがおほきみの あしたには」
これは「八隅知之 我大王乃 朝庭」で…
「八つの方角(天下の隅々)を知っている 私たちの帝」という空間と時間の代表・天と地の象徴で
続きです(あきのり・T) 2003-11-04 09:47:47 No.4967
「八つの方角(天下の隅々)を知っている 私たちの帝」という空間と時間の代表・天と地の象徴である神聖な四方八方の方角が枕詞・尊称にされています。日本の神話・古代はヤタガラス・ヤマタノオロチ・八幡神他…数字の八が
主役です。アマテラス(女神・太陽・火)スサノオ(男神・海・水)が、三人(宗像神社の女神)と五人の神(皇室のご先祖の男神)をお生みになり…火と水で「か・み」ではないかという考えもあります。
 御皇室の伝統は、当時の自然科学思想です。
ヤマトの国(東)これは私の空想で「山止」という字をデザインに当て字にしたいと思いました。西の国のことを「モロコシ」といいますが「諸々のものを寄越す 越えてくる」と考えると面白いと思います。西の国からは、ODAを与えることではなく、シルクロードからのモノをいただくべき…でしょう。

 キリスト教世界で有名な魔女狩りのような反日問題や、十字軍を思い起こさせる文明の衝突を考える時、日本は世界の中の偉大な文明であることを忘れてはならないと思いますし、中世の次に文芸復興の科学の時代が来ることも確かではないかと思います。
 
 教育改革についても、科学教育を振興させていただくよう希望いたします。
またカナのミスが 2003-11-04 09:53:04 No.4968
不注意でお見苦しい点、おわびいたします。:
あきのり・T
参考:北の星空の写真 2003-11-04 10:31:34 No.4969
(あきのり・T)
 産経新聞10/31金曜日の第一面に長野県(信州:神州)から見えたオーロラの写真が、北の星空をうつし出しています。大変美しい…。動かない中心(北辰)と360度の環状の周囲の星の動きが見事です。これが日本の思想の原型だと思えます。
 日本の思想は儒教ではなく、科学思想でした。科挙ではなく神まつりの科学です。
南極観測船.M 2003-11-05 12:53:45 No.4999
田舎者には難解すぎるため理解不能だが、科学立国ということで一言。

南極観測船「しらせ」の後継鑑の建造ができないために、南極観測を中断する可能性が高い。

経済回復のための起爆剤が要求されているときに、可能性があれば投資しておくべきではないのか。

南極で有益な生物資源が発見される可能性は、そんなに低いのだろうか。

内需拡大が要求されているときにだけに、南極観測船の建造は悪くない話です。

必要がない道路を建設して、不法投棄を誘発するより歓迎されます。

反日国家に馬鹿げた経済援助を提供するより、はるかに歓迎されます。

大陸棚の資源調査でもそうですが、わが国の政治家や官僚は、意図的にわが国が海洋国家であることを無視したがる。

メディア業界は、隣国の宇宙開発には関心を示すが、わが国の海洋調査船には関心がない。

特集番組を編成しても良いくらい、世界的にも優れた技術と研究内容だと思われる。
返信感謝 参考文献 2003-11-07 00:46:11 No.5048
南極観測船.M さまへ(あきのり・T)
親切さがない私のとんだ文章にREを感謝。

参考文献です:
国民の芸術 田中英道 著 産経新聞
天皇のまつり 吉野裕子 著 講談社学術文庫

 神話をここまで科学的にした日本の偉大さが証明されつつあります。昔の日本人は、古代中国の科学を一番重視したと思います。そして現在も未来も科学で行きましょう。
1
YouTube 公式サイト正式オープン ベターライフ番組表 番組配信スケジュールはこちら チャンネル桜のあの人気番組がDVDに!!