「日本文化チャンネル桜二千人委員会」発足 南京の真実
SO-TV

旧掲示板

国連常任理事国入りを目指すにあたって

一国民 2004-08-04 00:21:23 No.53030
日本政府の国連改革提案の1つ=安保理メンバーの増加(常任理事国5から10へ)(非常任10から14へ)、2つ=敵国条項の削除、3つ=分担金の見直しについて。2,3は必ず実現してほしいですね。2、3の件は、日本の要求が通らなければ、一方的に分担金を減らす実力行使さえ行うくらいの覚悟で望むべきであると考えます。ところで、日本が常任理事国になる場合、強制力(軍隊の派遣、実力行使)の提供なしというわけにはいかないでしょうね。世界の常識では。日本、日本人がそこまで進んだ考え方をとれるのでしょうか?本来日本のような経済、ハイテク、平和指向の大国は安保理でも応分の負担、仕事、指導を行うべきなのでしょうが、平和づけ、個人主義、拝金主義に染まっている現状ではなかなか意識改革は難しそうですね。
RAM 2004-08-04 02:50:29 No.53051
>日本の要求が通らなければ、一方的に分担金を減らす実力行使さえ行うくらいの覚悟で望むべきであると考えます。

当然ですね、日本は既にアメリカの財布ですので、これ以上国連の分まで面倒見切れません・・・

それに北朝鮮拉致問題一つ解決してくれない国連に、これ以上協力する必要も感じません。

日本にこれ以上の出血を強いるなら、それ相応の見返りがないと、もう国庫が持ちません。。。
啓蒙主義者 2004-08-04 07:20:01 No.53076
常任理事国は5から7が良いと考えます。
(日本とドイツを加える。)
非常任理事国を14にするのは賛成します。
つまり、5X3=15を7X3=21にする訳です。
ここで問題なのはVETOです。
現状ではVETOは一カ国でもNOを言えば成立しますが、
これは強すぎます。
私案としては「VETOは7カ国のうち3カ国が賛成すれば成立する」が良いと考えます。
-----
日本が常任理事国になるには、軍事強国にならねばなりません。具体的に言えば核装備が必要です。考えてください。
現在の常任理事国はすべて核装備をしています。
このような強国でなければ、常任理事国はつとまりません。
アメリカの核の傘の下にいて、アメリカの顔色を見ながらしかものを言えない日本が常任理事国としてふさわしいか
どうか、明白ではありませんか。
自分の意志で物を言うには核装備が必須となります。
日本が本気で常任理事国になろうとするなら、核装備が
前提条件になります。
刀をさしていない侍は、絵にならない上、相手にしてくれません。
タナトス 2004-08-04 09:51:23 No.53096
無益な事や。脱退せい!

常任理事国になどなれるわけないんや。カネ集られるだけやがな。
左陣五郎 2004-08-04 11:26:53 No.53123
私も日本は核を保有してから常任理事国になるべきと思っております。核を持って国連外交に専念し、米国と国連の仲立ちをし、EUとも歩調を併せ、 この国連と自国の核により中国との和平をおこなう。これが理想です。、

それ以外は、仮になったとしても、上記のタナトス様と同じく、無核の常任理事国日本は、ただ金を毟り取られるだけの存在ではないでしょうかね?
茶々 2004-08-04 13:54:11 No.53161
常任理事国などなる必要はなし。まして
核装備などもっての外である。
日本が核装備するのをアメリカが黙って
見過ごしてくれると思うのは甘過ぎる。
現在日本に米軍が駐留しているのは何のためか。
日米安保条約に基づくのは勿論であるが
それ以外にも目的がある。それは日本が過去のような
全体主義的な軍国主義にならないための
監視の役割もあるのだ。そこに核装備などの動きが
あればアメリカは早速つぶしにかかるだろう。
近藤 2004-08-04 14:01:22 No.53163
>日本が本気で常任理事国になろうとするなら、核装備が
>前提条件になります。
逆ではないでしょうか
常任理事国でない日本が核武装できるとは思えません。
常任理事国になったならば
もし中国などに非難されても拒否権を行使することができます。(拒否権の無しの常任理事国なら入る必要はありません)
左陣五郎 2004-08-04 15:03:17 No.53181
茶々さま
そこで尖閣列島で中国と「コト」をおこすのですよ、通常戦力ならば、陸戦ではなく外海の東シナ海での攻防戦、中国は逆立ちしても日本には勝ち目はありません。開戦は中国が避けるでしょう。
中国にすれば、この尖閣列島を限定した上での、日本に対する核攻撃の脅ししか手がありません。当然にアメリカに了解(民主党政権と想定する)を求めるでしょう。
日本はアメリカに下駄を預ければ宜しい。アメリカがノーと言えば、尖閣列島の防衛はなり、日本は今後ともにアメリカの核の傘に入ればいいであります。
アメリカが日本に尖閣列島を諦めよとの場合、中国の核に脅された日本、自衛のために核装備をおこなう、これアメリカ議会が反対できるでしょうか? 共和党を納得させることができるでしょうか?
私、この手で東シナ海に日本の国益が守られるならば、アメリカの核の傘の下、日本独自の核装備はあわれることないと思いますが、アメリカが日本を守ってくれない可能性が高いと想定、このアメリカは日本を守らないという矛盾をついて日本独自の核装備をアメリカに承知させるという
選択策も大いに可能と思いますよ
アメリカは日本の核装備を許さないとの考えは、インド・パキスタン・イスラエル・北鮮らの核保有国が増える現状、そろそろ引出しの中にしまうべく、新しい考えがアメリカ人の間にも出てくると思いますよ
日本、インド、パキスタン、イスラエルは仕方なし
北鮮、南アフリカ リビア イラク イランは駄目だ!
との分類方法がね。アメリカは中国と対決するのが負担となる時代がね
葦原豊 2004-08-04 21:34:49 No.53281
常識的な軍隊を持つことが条件でしょう.
明け烏 2004-08-04 21:59:42 No.53287
現状では日本は「常任理事国」にはなれない。
それは分担金とか国際貢献とかに全く関係のない理由で常任理事国になれないと思います。

大きな理由は中国が日本の常任理事国に反対を表明していることが最大の阻害条件です。
現常任理事国でもあり核大国でもあり、アメリカが決して無視できない国である中国が反対をしている限り他の四カ国がいかに日本に賛成しようと実現はありえないと思えます。

日本が中国との劇的な和解がなるのなら、可能性は高まるが、中国と日本の握手などは恐らく未来永劫にありえないでしょう、そのうちに統一朝鮮国が登場し中国の後押しで極東から常任理事国へ名乗りを上げる可能性も高く、日本を阻害する要因は非常に高いのが現状です。

軍備は対中国への備えと来るべき尖閣、沖縄をめぐる軍事対決にぜひとも必要なことです、また韓国との軍事対決すら覚悟せねばならず、日本の軍備拡充は必須であるようです。
しかし、この事と常任理事国とは比例する問題ではありません、日本はきっぱりと常任理事国をあきらめ、くだらない分担金やODAを自らの軍備に回し自存自衛の備えを始めることが重要です。
ドイツも常任理事国への希望は既に捨てております、日本も下らぬ夢に国益を損なうことなく、アメリカとの強固な同盟こそ国の柱と心得てアメリカの理解しうる軍備に集中すべきときです。

決して食べる事の出来ない人参など捨てましょう、日本の向かう道は外にありと感じるしだいです。
茶々 2004-08-05 05:39:28 No.53353
若し、日本が常任理事国になることが
意味があるとすれば現に理事国である五大国とは違った
意味を持つ国家としてならばよいでしょう。
それは日本の使命である世界に平和を訴える
リーダーとしての使命を果たすべく、世界から
期待される理事国としてならばいいでしょう。
現在の五大国と同じスタンスの意味で理事国になっても
只同じような理事国が一国増えるだけで
大した意味はありません。日本の外務省やらは
世界における日本の発言の重みが増して喜ぶかもしれませんが、その理事国としての発言権の重みをどの方向で
用いるかが問題です。
1
YouTube 公式サイト正式オープン ベターライフ番組表 番組配信スケジュールはこちら チャンネル桜のあの人気番組がDVDに!!