「日本文化チャンネル桜二千人委員会」発足 南京の真実
SO-TV

旧掲示板

TBSまで たけしVS石原都知事 保守番組?

あきのり・T 2004-08-11 22:38:34 No.55184
 昭和時代からの遺言:(新聞の番組案内では石原慎太郎と呼び捨てで都知事という敬意がなんだかありませんが…
都知事は、お名前だけでブランドなのか。

 本日21時からTBSで水曜プレミアというのをしていたんですね。気が付いてスイッチ今入れてみましたが…
文化の話題のようですが対談はなかなかタックルの雰囲気。「東京オリンピックあたりから日本人は他力本願・天は自ら助くる者を…」

 これはタックルの影響で?保守層を狙った懐かしさをテーマにした番組のようです。やはり保守系のメディアの人気にあやかるようになったのか…。
 筑紫哲也の左番組だけでは視聴率は取れない。
 NHKプロジェクトXにしても、実質日本人の誇りの物語。保守の先生がたや各掲示板の投稿のおかげもあると思います。
 チャンネル桜さんが取り上げたテーマに他の放送局が習う日が近いと期待しています。
奥州 2004-08-11 22:51:31 No.55188
TBSと石原都知事。

サンデーモーニングでの捏造による訴訟問題がありますね。

TBSのご機嫌取りではないですか?
あきのり・T 2004-08-11 22:52:13 No.55189
 提供企業さんに注目…
アイフル(これはタックルもそうですね)
コニカ・ミノルタ
ソニー(おや、冬ソナの韓国の俳優使ってる!)
あきのり・T 2004-08-12 08:55:37 No.55250
提供企業さん:イオン・ジャスコ(おやおや…)
大正製薬…

 リクルート事件をスクープしたのが朝日新聞の記者さんたちだと番組では、国家権力への監視と彼らを評価する映像を流すも、たけし殿は
国のあるべき位置・進路を担う政治家は、金ぐらいもらっていても別にいいよ…という趣旨のクールな発言。
都知事にしても
「新企業のリクルートが政治への働きかけの意図はよくわからない。拉致など考えられん、なかったといいはる政治家は、チャイナ・コリアコネクションで金銭をもらっていたとしか思えない。誰がもらっていたか?それはハマコーさんに聞いて欲しい…(笑)」(意味としてはこのような話でした)

↑たけしさん阿川さんに都知事の対談、ハマコー氏の話題まで出るあたり完全にタックル化してましたね。番組はリベラル層向けの国家権力批判の熱意を取り上げても、出演者のコメントは…しらけたムード。自分もそう思いました。
 日本の企業や国家の悪を暴くのも結構ですが、外国がもっと悪いことをしてきている時代になぁ…という感覚。今は国家・国益を守る時代でしょうという気分が出演者から明確に伝わって来ました。

 都知事によると「都の役人は、国を恐れなくなった。国とケンカして来い」と言ってるそうです。(責任持ってやるからという意味で)やはり指導者が変わると違ってくる。
 民主党の躍進にはがっかりですが、東京の場合、都知事が圧勝したことも有権者の選択であったことを心強く思い出すことができました。
 また、視聴者の素朴な疑問・気分をよくたけしさんたちがあらわしてくれていました。そのあたりが他局にまでタックルメンバーで番組を作った理由でしょうか。心有る・芸術家・タレントさんの愛国に感謝!

 保守はすばらしい同盟軍・援軍を持っていることがわかります。
おつむ 2004-08-12 14:39:31 No.55334
あきのり・T様

私もテレビをつけて?あれっ?タックル??と思ってしまいました。時代の流れに合わせTBSでさえこのような番組を作らざるおえなくなってきたのではないでしょう。内容以上に二人のコメントがさえていたのはさすがでしたね。

言論統制が当たり前の日本のマスコミであのような番組をやっと作れてもそれに対してのまともなコメントできる人が少ないですね。それが一番大きな問題だと思います。タレントがコメントするのを聞いてがっかりという事がよくあります。司会がたけしさんで石原都知事がゲストと聞いて安心して見ることができました。

前にたけしさんが欧米人の視点ではない戦争映画を作りたいといっていたのを覚えています。きっとすばらしい映画を作っていただけるでしょう。楽しみにしています。

朝日のリクルートスキャンダルの件は、TBSとしてのせめてもの抵抗だったのではないでしょうか・・・。

東京オリンピック招致にご尽力されたフレッド和田さんのとった行動は(彼はアメリカ人にはなっていたけれど、)正しい愛国心の示し方を教えてくれるものだったと思います。これを見ても、まだ愛国心=軍国主義と考える人がいるのでしょうか?私は感激で涙がとまりませんでした。(いつも、プロジェクトXも同じ気持ちでいつも見ています)

ちなみに先週のウルルン滞在記(TBS)は、トーライ島での日本兵との交流のあった老人での滞在記でした。あの時代はいい思い出しかないというのがその老人の言い分でした。私は最後を少ししか見ることができなかったので、ぜひもう一度見たいと思っています。戦争は残虐な面が必ずあり、事実は事実として伝えることもしなければならないと思います。が、戦争にはこのような側面もあったということも伝えなければいけないと思います。老人が日本兵から教わったのは”嘘をついてはいけない””約束は守る”。この言葉を聞いて、今の日本人にはそれができているのか?日本から遠い島のその老人はそれを言い伝えてくれているようです。

TBSも変わるかも?ニュース23を見る限りはそんな気がしないのですが・・。期待したいですね。
1
YouTube 公式サイト正式オープン ベターライフ番組表 番組配信スケジュールはこちら チャンネル桜のあの人気番組がDVDに!!