「日本文化チャンネル桜二千人委員会」発足 南京の真実
SO-TV

旧掲示板

1981年〜1985年頃から急速にサヨクが日本を支配してきた状況?

本道 2004-09-03 12:24:57 No.61375
1981年〜1985年頃から急速にサヨクが、
日本を支配し始めたのかな?
それまでは、あまり左翼的じゃなかった社会状況が、
その辺からだんだん左翼的になり始めて、
1993年頃からマスコミは完全に左翼になり、
1994年の村山政権でピークに達していたと思う。
その結果が、1995年の阪神大震災であり、
左翼政権で日本は、崩壊への道を歩み始めたと思います。
2004年になっても、
民主党や公明党などが勢力を握っており、
今や日本は、左翼が圧倒的な勢いで、
マスコミや政財界を支配しています。

街宣右翼や右翼というのは、
論外としても、
中道右派的な勢力は、
風前のともし火です。

この先どうなるのでしょうか?
本道 2005-02-12 13:07:49 No.117407
佐助様、
書き込みありがとうございます。

別なスレッドでも、
問題にしていますが、
日本は、敗戦で、
『日本の軍部にだまされた』という思いが強かったのでしょうね?
そのために、
共産主義や社会主義が、
はびこったように感じています。
似たような状況に、
戦後のドイツやイタリアなどがありますね。

イタリアにしても、
北部に共産党が、勢力を伸ばして、
南部の保守的な農村は、
いわゆるマフィアの暗黒勢力の支配の下で、
貧富の差が激しかったわけですね。

ただ、イタリアの場合は、
ルネッサンス様式の文化の影響が、
国民全部に染み渡っていたのに対して、
日本では、敗戦で、文化的には、
何もなかった(ように感じた)という違いがありますね。


別のスレッドにも少し関係がありますが、
戦前のイタリアは、
軍部独裁的でも、
実は案外文化的だったわけです。
オペラ劇場が、運営されていたわけです。
ドイツも、同じように、
ベルリンフィルが、
ナチス時代直前でも、
演奏されていました。

その辺が、
日本と異なるギリシャ・ローマ文化や、
ルネッサンスを経験した国や欧米と、
日本文化が明治で断絶した国家の違いかもしれません。
本道 2005-02-12 15:54:20 No.117466
佐助様、

私の周りの人たちだけかも知れませんが、
今現在、75歳以上で85歳くらいまでの人で、
労働者階級で、
労働組合に入っていた人は、
戦争中もそうですが、
戦争後に、
急速に、『軍部にだまされた』という意識を、
植えつけられて、
極端に、赤い新聞を、
中道だと信じ込んで洗脳されてしまっている人が多いと見られるのです。
戦前では、労働者及び貧困下層農民階級だった人は、
その根性がひがみ根性が多いためか、
敗戦後、反軍部、
戦後社会党に取り込まれていった傾向があり、
その延長線上に、
現在も民主党支持などがあると思われます。

なぜかというと、
労働者階級、及び下層貧困農民階級では、
戦前からあまり知識および情報を正しく得ることができず、
戦前は、軍部の暴走に乗っかった思想を、
まっすぐに信じ込み、
戦後は、軍部に裏切られたので、
民主主義という言葉を看板に掲げた社会主義者・共産主義者の、
洗脳にまんまと引っかかったからです。

その傾向が、
1945年〜1947年からの、
サヨク日教組の結成や、
反日外国人組織の結成などの中で、
だんだんに、赤い新聞の、影響を、
インテリと思い込み、
その社説が、大学入試にも出るので、
息子には、高学歴をつけさせたいという気持ちが、
現在の、サヨク全盛を招いたのでしょう。


つまり、
戦前も、
日本には、
労働者階級や、
貧困下層農民には、
基盤となる思想があまりなく、
安易に、政府や、軍部に、乗せられてしまった傾向があり、
戦後も、政府や高級官僚や、
『反日サヨク=看板は民主主義』などに、
惑わされてきたわけです。

軍部だけが、
責任を取って解体されてしまったのですが、
政府及び高級官僚、
及び反日サヨクだけが戦後も生き延びているわけです。
佐助 2005-02-12 17:04:57 No.117484

戦前にもどるのか(あらゆることにこの言葉が使われた)なかでも国の根幹である、国防も諜報活動も議論の対象にならなかった。戦後の左の動きにあわせメディアも共産主義、社会主義の実態を流さず、いかにすばらしいか、ばかりをながしつずけた、そのころソ連では大粛清がおこなわれていた、中国でも似たようなことがおこなわれていた、そして 資本主義社会がいかに悪いかばかりを流しつずけた、それ結果一番最悪だったのは(日本人がまきこまれた)、北朝鮮楽園報道だそれに対してだれも悪かったと言うひとがいない、日本でやりたい放題の工作活動をおこなっていたのは、メディアの好きな共産主義諸国だった。
本道 2005-02-13 11:11:24 No.117715
佐助様、
いつもありがとうございます。

日本は、戦後アメリカに、
一時的に中流を受けたのに、
あまりアメリカの影響がなくて、
日本的生活様式を、
継続していたわりには、
ソ連や中国や、北朝鮮などの、
文化やプロパガンダだけを、
自由にやりたい放題していたと感じます。

案外アメリカの文化や、
生活習慣を取り入れなかったので、
非常に不思議な傾向を感じています。
本道 2005-02-13 11:15:15 No.117717
佐助様、
いつもありがとうございます。

日本は、戦後アメリカに、
一時的に、進駐を受けたのに、
あまりアメリカの影響を受けなくて、
日本的生活様式を、
継続していたわりには、
ソ連や中国や、北朝鮮などの、
文化やプロパガンダだけに、
自由にやりたい放題されてしまって、
影響が、日常生活にかなり取り入れられてしまいました。
最近は、お隣の国の文化を、
無批判に受け入れて万歳しているような傾向がありますね?

案外アメリカの文化や、
生活習慣を取り入れなかったので、
非常に不思議な傾向を感じています。
一市民 2005-02-13 13:14:04 No.117759
【日本赤軍重信被告と社民党の深い関係】
〜参院選候補者出馬取りやめ〜

日本赤軍最高幹部重信房子被告=殺人未遂罪などで起訴=と、社民党との関係の深さを示す新たな事件が発覚した。

時事通信社によると、東京地検は三月三十日、横浜市鶴見区の会社社長中川孝志容疑者を重信房子の国内潜伏に協力したとして、犯人隠避罪で起訴した。重信被告を巡って起訴されたのは五人目となる。

さらに中川容疑者の妻が、社民党候補として参院選神奈川選挙区から立候補することになっていたが、夫の起訴を受けて、出馬を取りやめたことが明らかになった。

本紙一月四日号の「風紋」で取り上げたように、重信被告の押収物のなかに「社民党は実態的には統一戦線党」などと書かれた文書があった。
さらに重信被告の逃走を助けていた、大阪の光愛病院の二人の職員は、社民党系の市民団体のメンバーだったことが分かっている。

社民党は土井たか子党首が「党の顔」だったが、実力者は三重県教職員組合委員長から政界に転身した、山本正和参院議員といわれている。
豊富な票と資金で、三重県政だけでなく、旧社会党やいまの社民党をも牛耳ってきたといわれている。

 一部マスコミは、社民党を護憲政党、革新政党などと報道しているが、党の実態はどうなのか。まさに報道の公正、中立性が問われているといえよう。
一市民 2005-02-13 13:16:09 No.117762
社会民主党は、社民主義の政党ではない。
北朝鮮のような、共産主義+世襲の独裁王朝、イラクのように社会主義を標榜した大統領の独裁を擁護する政党である。連合系の労組が引いて、赤軍派や中核派に頼るようになって、共産党より多くの女性候補を立て、護憲を全面に出したら選挙に勝てると読んだだけ。実質は、土井たか子の個人商店。
社民党がなくなったら、赤軍派や中核派は、虹と緑の500人リストに入り込もうとしているが、現在の所、勢力圏は地方に止まっている。赤軍や中核の社民党市民派や虹と緑への介入の証拠となるインパクトという雑誌のサイトは、8月中旬(辻元清美さんの政策秘書給与返納時期)に削除され、証拠隠滅が図られた。
国政レベルで女性や弱者の味方を望むのなら、いろいろ問題があるにせよ、社民化路線を模索している共産党に言ってはどうか?女性や環境、医療、福祉などの下部組織は、社民党よりずっと庶民的だと思う。
社民党の支援組織は、たとえば北川れん子議員の出身・婚外子差別と闘う会は、事実婚が多く、天皇制の元凶・戸籍制度に反対するから婚姻届を出さないといったもので、性意識や一人親家庭のことは問題にしてくれなかった。所属の大学教授は、スウェーデンでは100%非婚の父を捜して養育費を天引きさせるから良いと言って、そのために存在する日本より厳密な国民総背番号制については、議論の対象とはしなかった。社民党やそれを支える「プロ市民」の人権意識とは、こんなものである。
一市民 2005-02-13 13:18:01 No.117764
知り合いのドイツ人の大学講師に日本に社会民主党というそちらのお国の政権党と同名の政党があるが、
そこは、北朝鮮の朝鮮労働党や中国共産党と友党関係関係を結んでいるよと言ったところ、
こういう返事がありました。
「どこが社会民主主義政党だ。わが国で、ネオナチと並んで憲法審査庁の
監視下に置かれる極左カルト政党と同じではないか。
そんな政党がわが国の社会民主党と同じ名を名乗るのは、
私の支持政党でもある社会民主党に対する重大な侮辱だ。
今度知り合いのドイツ社民党員に教えて必要とあれば抗議してもらう」とのこと。
更に、「テロ支援極左ファッショに加担することは、テロ助長でしかないのに、
何で日本の当局は非合法化しないの? ドイツならば、ネオナチと同じで
非合法ないしは憲法審査庁の監視下に置くのが常識だよ!」
とも言っておりました。社会民主主義の本場の人からは、日本の社民党は
極左カルト政党としか見られないということがよくわかります。
社民党及び社民党支持者の人は、下手に社会民主主義ということばを使わない方がいいですよ。
西欧の人から嘲笑を買うだけですからね。
せいぜい、社会人民民主党というくらいに名乗れば、社会民主主義の本場の西欧の人も本質を理解するでしょう。
一市民 2005-02-13 13:20:13 No.117767
社民党になる前の旧社会党は1981年3月に朝鮮労働党と「東北アジア地域における非核・平和地帯創設に関する共同宣言」を発表している。
その内容は「核兵器と生物化学兵器の開発・実験・生産・所有・運搬・貯蔵・持ち込みおよび使用をいっさい禁止」するというもので、社民党はこれまで、北朝鮮の核疑惑が
持ち上がるたびに、この「非核共同宣言」を根拠として「あり得ない」と言ってきた。

今般、北朝鮮の核兵器開発が明らかになり、2002年10月17日に社民党の福島は談話を発表したが、「北朝鮮の核兵器開発について」と題するその談話には北朝鮮と結
んだ「非核共同宣言」への言及は全くない。
「拉致はない」などと言う北朝鮮の嘘を鵜呑みにする一方、日本政府の拉致疑惑に対しては「拉致疑惑は北朝鮮への食料支援を妨害する陰謀」などと主張して、拉致被害者の人権を蹂躙した。社民党は核兵器開発問題でも同じ間違いをしていることを隠したのだ。
嘘を平気でつく北朝鮮の言うことを鵜呑みにして思考停止する社民党。
北朝鮮の嘘を増幅して狂気の主張を日本国内で垂れ流す社民党。いったい社民党とは、何処の国の国民を大事にする政党なのだ?
いさなぎ わかひと 2005-02-13 13:23:33 No.117771
オカルト政党に、オカルト放送局、妖怪の国に成ってしまった。チャンネル桜は「ゴースト・バスター」に成らなければならない。
本道 2005-02-13 16:13:05 No.117834
1市民様、
書き込みどうもありがとうございます。


ドイツでは、
社会民主党というのは、
日本で言う自民党のような存在ですね。
日本の社会民主党は、
名前は社会民主党という看板ですが、
ドイツのそれとは、
全く違って反日組織であり、
過激派の隠れ蓑のような存在になっているような気がします。

このような、
組織を、支援している人が、
300万人も居るということにも驚きますが、
1950年〜1970年の頃から、
学校教育などを通して、
反日教育が、
日本を覆いつくしていたことはご承知のとおりです。
学会員 2005-02-15 14:28:36 No.118553
永田町ウォッチャー、冨士谷紹憲氏によると、創価学会の池田大作名誉会長(写真右)は「帰化した在日朝鮮人」と暴露
した。
学会をバックにする公明党が外国人の地方参政権付与に躍起になっているのも、このためだという。
冨士谷氏によると、父方の本名は成田作(ソンジョンチャク)で母方は池(チ)姓という。
 また、池田は昔から

「日本に先祖の墓がない」
「大田区大森海岸の朝鮮部落の海苔の漁師出身」
「日本語がうまく喋れず、寡黙な男」

 と言われているが、学会機関紙「大白蓮華」(2000年3月号)に掲載された池田の人生記録の中で

 「父が韓国語を教えてくれた思い出がある」
 「私の少年・青年時代には多くの在日韓国朝鮮人の方々との
  出会いがあった」
 「韓日文化交流」と「韓」を「日」の前に記述するなど、

 父母が戦前に帰化した朝鮮人であれば納得できる記述が散りばめられている。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/H13/1306/130626ikeda-naturalized.html
   
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/
本道 2005-02-17 23:36:14 No.119664
何かを暗示している現象が最近多いですね。
本道 2005-03-04 11:46:13 No.125463
http://www.dela-grante.net/michelin/up/so/No_2791.wmv


日本の左翼は、
1910年〜1920年の頃から、
段々、左翼から、
サヨクに偏向していった。

桜チャンネルの人が、正論を述べています。
細川 2005-03-04 11:57:57 No.125467
護煕野合政権から
極端な自虐・反日・左傾になっていったと思いますね。
ようするに創価学会-公明党を政権に迎え入れてからです、
日本が極端におかしくなってきたのは。
民主党も保守政党ではない、極端な左傾だ。
公明党にも民主党にも(社民・共産は論外)
政権は担わせられない。
自由民主党が単独過半数で政権を持つことが
望ましい。
本道 2005-03-04 13:27:01 No.125505
細川様、
おっしゃるとおりで、
1993年の細川政権で、
自虐・反日・左傾=(といっても本当の左翼じゃない)の傾向が多くなってきていますね。

1985年〜1986年頃からの超低金利政策、
1987年の論外な社会党マドンナ現象、
1983年頃からの、
急激な、土地の上昇。
そしてその頃からのバブル現象。

1991年のバブルの崩壊、
1993年の土地バブルの崩壊、
そして、その前後1989年頃からの圧倒的な外国人の流入など、
急激な、治安状況の悪化など、
そのあたりにターニングポイントがありそうです。


公明党というのが、
政権に参画したのが、
1993年ですが、
その頃から極端にサヨク傾向になっていっているように、
私には感じられます。

このころから、いわゆるマスコミの、
韓国マンセイ現象も起きてきているようです。
成田空港では、1993年〜1995年頃から、
韓国行きの飛行機がいつも満席でしたから。
黒白郎君(おべ・ろんくん) 2005-03-04 13:49:44 No.125511
本道様
>1983年頃からの、急激な、土地の上昇。そしてその頃からのバブル現象。
1983年頃に土地の急上昇というのはありません。1985年前後から局地的に始まってはいましたが経済全体には波及しておりません。好況感が全体に認められるのは1987年になってからです。そして1987年に「バブル」という自虐的な表現が生まれます。したがって1980年代を通してバブルというのはいささかおかしい。

そもそも「バブル」などといういいまわしで低所得者の嫉妬と生活者の自虐心を煽ったのはほかならぬ左翼であります。1990年代の極端なサヨク化はまさに「バブル」に塗り込められた嫉妬や憤懣が生み出したものです。また、「バブル」でなければ何でも許されるとばかりに、昭和40年代の古臭い思潮やファッションがもてはやされて、社会全体が荒れに荒れたのが1990年代ではありませんか。

不用意に「バブル」というサヨク用語を使用することはいかがなものでしょうか。

詳細は既にNo.84264前後に書いておりますのでご一読ください。
黒白郎君(おべ・ろんくん) 2005-03-04 14:00:07 No.125515
私は何も80年代を称揚しようというのではありません。80年代に対するフレームアップに安易に乗ることを警戒しているのです。80年代はなぜ易々と当て馬となりうるのでしょうか?

マスメディアやインターネット上において、80年代に関する威勢のいい法螺話はよく聞きますが、地道な体験情報はほとんどありません。なぜでしょうか?80年代の耳目をサヨクマスゴミ特に内ゲバ世代が占有していたために、篤実な庶民の声が明文化されていないからなのです。「1981年〜1985年頃から急速にサヨクが日本を支配してきた状況」というのはまさにこのことではないでしょうか。

再掲ですが、「朝日珊瑚事件を語り継ぐサイト」
http://asahilog.hp.infoseek.co.jp/
は当時の貴重な記録を残していらっしゃいます。

「八〇年代の日本人の記念碑になるに違いない。百年単位で育ってきたものを、瞬時に傷付けて恥じない、精神の貧しさの、すさんだ心の。にしても、いったいK・Yってだれだ。」と書いた朝日記者と同じ土俵で過去を指弾することのないようにしたいものです。
本道 2005-03-04 15:03:13 No.125532
オーベ・ロン様、
おひさしぶりです。

バブル時代の捕らえ方が違っていましたか、
申し訳なかったです。
いずれにしても、
最近の世論のサヨク化というか、
無関心化というか、
のほほんとすごしている日本人は、
危機的状況にあることに、
少しは注意を傾ける必要があるでしょう。
黒白郎君(おべ・ろんくん) 2005-03-04 18:48:35 No.125602
本道様
これしか解らぬ一言居士ゆえ、繰言になってしまいました。ご容赦ください。

サヨクの淵源として戦後日本のあり方を批判検討されている方は大勢いらっしゃいます。本スレの主旨のように間近な歴史について光を当てようとされたことはまことに鋭い。

これもまた、繰言になりますが、篤実な皆様の体験情報がサヨクの「正史」を突き崩し、次世代の健全な歴史認識を築くと思います。これからも宜しくお願いいたします。
黒白郎君(おべ・ろんくん) 2005-03-05 00:32:06 No.125742
内ゲバ世代は80年代批判の中核にいたわけですが、実は一連の好景気と90年代の労働分配率の向上でたんまり儲けていたのは団塊の世代なんですね。

以下ご覧下さい
団塊世代の積極的な資金支援が住宅需要下支え
http://www.asahi.com/housing/column/TKY200503040145.html

団塊ジュニアから「バブルの頃はウハウハだったんでしょ?」と嫉視ともつかぬ質問を受けるのですが、当時の年功給与比率はかなりきつくて20台独身だとろくな給料をもらっていなかったのです。週休1日、38協定のとばっちりでサービス残業は当たり前、仕事を真面目にやっていたら彼女を作る時間なし。これが昭和30年代生まれの「バブル」体験です。

にもかかわらず、「バブリーマンだから使えない」という理由で転職の際に蹴られたことがありました。もうこうなると「人種差別」ですな。私は意気地がないので愚痴になってしまいましたが、他の30年代生まれのほとんどの方々は声高に自己主張したりせず、今日も黙々と働いていますよ。
黒白郎君(おべ・ろんくん) 2005-03-05 00:57:00 No.125748
本来左翼はWGIPの尻馬に乗って民族自虐はやりましたが、少なくとも「庶民批判」「若者批判」だけはしませんでした。しかし内ゲバ世代の左翼・サヨクはこのタブーを破るんですね。

何故か?

まず彼らの全体主義的性格や破壊性が庶民から非難され、彼らの文化やファッションが次世代の若者から嫌悪されました。当たり前ですね。ところが、内ゲバ世代の左翼・サヨクは世間に対して逆恨みをします。カルト共通の心理状況であり、オウムの麻原と同じです。つまりは実際巨大なカルトなのです。

中核派などの党派性の強い連中は組織論ですべて説明できると思っている(別の意味で狂っているのは言うまでもありません)のでこの手の逆恨みはほとんどありません。しかし過激派の中でも二流のブント系、赤軍派や構改派あたりになるとおかしくなり始めます。むしろ、学生時代は運動に参加せず、就職して世間の辛さに負けてからありもしない「世代共通体験」に逃避した、ハンパな心情サヨクが一番性質が悪いようです。

当時、彼らは30歳台。日テレ会長が「若い」と持ち上げるホリエモンと同じ年頃ですね。で、20歳台の私たちは30歳台のこれら「老人」たちに散々罵られました。

働きつづけて漸く小金をためた庶民を「中流」だの「バブル」だのと罵倒した落とし前をどうつけてくれるんでしょうね。
本道 2005-03-07 12:02:01 No.126513
おべ・ロン様、

左翼=安保世代〜全共闘世代というのは、
巨大なカルトだった。
これは、戦後の、反日教育の影響が、
一番色濃く出たのが、
1947年〜1950年代〜1960年代前半に、
高校生だった世代に顕著です。
1967年〜1970年代に高校生になった世代は、
反日教育の影響が、
無気力、無感動という形で現れてきた世代です。
1947年〜1960年代の前半に高校生になった世代のような、
安保反対闘争の嘘を、ある程度感じ始めた世代ですね。
まだ、日本の左翼の、完全な、
めっきがはがれる状態ではありませんでしたが、
1947年〜1960年代前半の高校生のような、
完全な、左翼一辺倒ではなかったはずです。

紅茶でも、お茶でもそうですが、
反日教育の影響が、
一番色濃く出たのが、
1947年〜1960年代前半の生徒さんたちでしょう。
そのあたりでは、
マルクス主義万歳の、一番だし、
2番だし、3番だし、というような、
お茶でも、最初の方の、色の濃いお茶が、
入れられたわけですね。
それ以前の、1945年以前の高校生は、
戦前の考えを持っていましたから、
完全には、お茶に染まる人は少なかったと思います。
学徒動員で出撃した大学生の中には、
アメリカの自由主義哲学を、
勉強した特攻隊員が居たと聞いています。
黒白郎君(おべ・ろんくん) 2005-03-07 13:22:02 No.126537
本道様
>1967年〜1970年代に高校生になった世代
当事者の私もそのように感じております。
左翼の情報系統を左翼に独占されていて、情報が閉塞していて全体に不勉強。左翼の全体主義には辟易したが、自信を持って民族の誇りを取り戻すことができず宙ぶらりんという状況ですね。ただ、「無気力、無感動」は左翼マスコミ・インテリの高慢さに対する消極抵抗なのであって、実生活では特に無気力、無感動ではありませんでした。ニートや引きこもりが大量発生したわけでもありません。普通に戻っただけです。残念ながら、左翼のデマ宣伝のおかげで「無気力、無感動」神話は定着してしまいましたが。

あと、この世代の悪いと事としては、あまり自己表現や発言が無いというところですね。「黙々と真面目にしていればいつか真実はわかってもらえる」という日本人特有の甘さが出ていた世代でもあります。いうまでもなく、アングロサクソンや支那人や内ゲバ世代には通用しないのですが。

黒白郎君(おべ・ろんくん) 2005-03-07 13:24:28 No.126540
訂正です。
>左翼の情報系統を左翼に独占されていて、
→情報系統を左翼に独占されていて、

仕事の合間に急いで書いていると、下手な文章がますます下手になってしまいます。申し訳ございません。
本道 2005-03-11 12:23:02 No.128086
黒白朗君様、

日本の児童生徒の学力が、
かなり低下しているようです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050311-00000102-yom-pol
黒白郎君(おべ・ろんくん) 2005-03-14 11:30:35 No.129273
本道様
まことに嘆かわしい限りです。
「うちの子供になんてことしてくれるんだい」と叫びたいところです。

一昨年に発表された中学生の学力分布の比較グラフで、1970年代では偏差値50点台後半にピークがあるとなっていますが、最近の分布は60点前後に小さなピーク、30点前後に大きなピークがあるように表示されていたと記憶しております。(ソース失念致しました。)

この二ツ山の分布の意味は、教室秩序の崩壊を物語っています。教師の権威、学校の権威の焼失、教育現場での強制というものに対する世論の無理解。これらが根本原因であることはいうまでもありません。

上記ニュースで、文部科学省は
<1>学ぶ内容に興味がある生徒が少ない
<2>学校以外の勉強時間が短い
<3>テレビやビデオを見る時間が長い
と分析していますが、これには異論がございます。

まず、興味があろうが無かろうが、朗読、反復練習などのテクニックで強制するのが基本。これは教師の泣き言のように聞こえます。

学校以外の勉強時間が短いとのことですが、塾通いが多い状況を考えると腑に落ちません。かえって長い散漫な学習時間が仲間と遊ぶ時間や家庭で働く時間、あるいは1人で考える時間を圧迫していることの方が危険だと考えます。

教育は強制です。だからこそ、短時間の強制から子供たちを解放してやる必要があると思います。(遊ぶ時間、場合によっては教育を批判する時間(笑))強制できない教育ならしないほうが良い。自分への動機付け、自発性だけで学習する方が辛いことなのです。

「テレビやビデオを見る時間が長い」これはそうでしょうね。現代は万事、外部からの刺激が多すぎるのですよ。ただ、散漫なバラエティ番組を見るより、ビデオに集中するほうが好ましいと考えておりますので、一くくりに否定はできません。

学習低下の最大原因は低学年のうちに、おとなしく席につく習慣を刷り込まなかったからでしょう。習慣化できなかったことを強制されるほど辛いものはありません。

どうも現代の日本の教育は「強制」のポイントを大きく外しているような気がします。
黒白郎君(おべ・ろんくん) 2005-03-14 11:54:01 No.129291
1970年代、「紙切れ一枚で青少年の将来が決められている」と高校や大学などの入学試験を批判する声が多くありました。これなども実に情緒的な反応です。志望とは別に能力には差があるし、パイが限られれば当然選別はついて回ります。選別が紙切れ一枚ですむんなら結構なことじゃないですか。

この世間の情緒に反応して、教育制度は「紙切れ」を一枚だけではなく何枚にも増やします(号泣)。これが共通一次試験や内申書審査です。

特に、内申書は、教育の一環としての生活統制に教育以外の意義を持ち込んでしまいます。私はこれこそが80年代前半の学校荒廃の契機になっているのではないかと考えています。

生活統制は教育なんです。それ自体徹底的に「無意味」で無ければなりません!将来の何かにつながるようではイカンのですよ。教師とすったもんだすることに点数評価を持ち込んではいけない。これは美意識の「強制」にとどめなければなりません。

無論、生徒自身、それが意味があるかどうかは、学校体験が終わってから十分検証すればいい。点数評価を持ち込めば、どちらが正義か、あるいは一生続く怨嗟につながる。

私は本来苦痛ではあるが必要なことを体に染み込ませ、それ自体苦痛で無くすることが、子供への最大のやさしさだと思います。大人になってその意義を考えて、阿呆臭かったらやめてしまえばいい。「苦痛だからやめざるを得ない」ではなくて。

私の教育論はサヨクにとっても保守諸兄にとってもパラドキシカルにみえるかもしれません。これは1980年代・1990年代という日本の大失敗を反省しての結論です。(と思っています)
桜花1号 2005-03-14 15:03:24 No.129385
まだまだ左翼は生きているし、活動も活発です。

千葉県知事 堂本あき子 当選

 社民、民主、公明党 の各県連支持 プロ市民グル ープ の支持

がっかりです。 中道、中道右派の運動が足りなかったと反省しております。

ハマコーの悪い方のイメージが付きまとったのか? 
藪から棒 2005-03-14 18:08:51 No.129451
堂本あき子が当選するようでは、言っては悪いが千葉県民も駄目だな。節穴だ。

またぞろ、プロ市民やサヨクが元気を出してジェンダー法案なんぞやるきだぜ。人権条例も単独で出すんじゃないかな?
黒白郎君(おべ・ろんくん) 2005-03-14 19:03:37 No.129483
教育談義から外れてしまいますが...

瑣末な例ではありますが、以下のページご覧下さい。
http://www.yamazaki-online.jp/voice/arc/000004.html
彼の想念の産物である「ワカモノ」とやらにおもねったつもりでしょうが、時代認識がめちゃくちゃ。

彼の言う「ジュリアナ」世代というのはサヨクが刷り込んだポスト内ゲバ世代のイメージなのでしょう。洗脳されまくっていますね。喝

実際のジュリアナ東京の裸踊りと茶髪ブームは同時進行だったのは以前の私が書き込んだ検証でも明らか。世代も微妙に重なる。

いつまでも、内ゲバ世代のデマ宣伝に乗るのはいいかげんにやめてもらいたいものです。
本道 2005-04-06 19:02:42 No.140455
テレビを見ていたら、
1964年前後までは、
まだサヨクの影響が少なかったように見受けられます。
ところが、1965年〜1967年頃から、
急速に反日サヨクの風潮が流行したり、
革新系知事などが誕生したりしています。
1965年〜1967年の頃に、
時代の転換点があったのでしょう。

1965年までは高速道路建設に勢いがあったのに、
それ以降は、全くゆったりとしたペースになっています。
本道 2005-04-07 12:55:20 No.140792
おぺろん様、
世代論で片付けてしまうことなく、
年代の流れで、考えてみてはいかがでしょうか?
おっと 2005-04-07 20:12:57 No.141023
くにみつの まさ」っていう漫画に、北朝鮮を応援する内容がのってたな。この作者は、風薬も飲まないほうがいいと発言中。
今ねPC雑誌に乗ってました。
吟遊士 2005-04-07 22:59:35 No.141098
小生の年代ではマドンナブームの頃から日本がサヨク化したかなと思う。(それ以前のことは学生時代なのであまりわからない)マドンナ大躍進の時に日本はとんでもない方向に行くんじゃないかといういやな予感が当たってしまったようである。竹下政権時代に「土井パチンコ疑惑」が文春(花田時代)に出たときに「これで土井も終わりだ」と思ったが結局ウヤムヤになり今日に至る。マドンナサヨク絡みでは福島の中核派疑惑とかもいったいどうなったのか。
本道 2005-04-22 12:03:51 No.149190
吟遊士さま、
確かに、マドンナブームとか言うので、
急速に社会党が台頭して一時期は、
社会党政権までできましたね。
あのあたりから、サヨク化したのかもしれません。
マドンナブームという胡散臭いブームで、
経済的には好景気だったけど、
政治的にはサヨク化が進んだのですね。
ウルトラエイト 2005-04-23 19:19:12 No.150053
サヨクこそ風前の灯火です。
その証拠に社民党や共産党の国会議員は激減し、
朝日新聞や毎日新聞の発行部数も激減しています。
ついでにシナや朝鮮も崩壊してほしいです。
M78 2005-05-03 00:16:27 No.155028
サヨクは体制内に入り込み、上から革命を行っています。
また、保守に分類される知識人の中にも、サヨク崩れ、あるいは極左から転向し、保守っぽくなったが、やはりサヨク、リベラル的な考えが残っているものも多い。
わたしは保守ですと言うものは、まず眉唾で分析すべきでしょう。保守の皮をかぶったサヨクは、いっぱいいます。
本道 2005-05-03 11:43:27 No.155179
M78さま、

久しぶりの書き込みにご協力いただき、
ありがとうございます。

私はこの掲示板でも、
書いているように中道左翼というスタンスで、
いつも書き込みしています。
ただ、現在の民主党や共産党を支持できるかというと、
ちょっと疑問です。

私の聞いた情報では、
三無主義の世代に極左だった人は、
ある時点からは某宗教団体に参加していたようです。

別なスレッドでも書いているように、
官僚システムの中に、
かなりサヨクが入りこんで居るようです。
本道 2005-05-23 18:29:52 No.163418
今日のニュースでわかったのですが、
保守の顔をして保守の政党などに存在しながら、
中国や東アジアの国だけを大事にする勢力が、
いまものすごい勢いで、
巻き返してきていますね。

私は、親米中道左翼なので、
どちらかというと、中国はあまりすきではありませんが、
保守派の中には、
反米保守?という勢力が、
存在しているようですね。
桜花1号 2005-05-24 16:52:57 No.163854
本道  様

少し、蒸し返しになりますが・・・・・


昭和40年ぐらい前までは映画の影響が非常に強く、日本帝国軍 が現れる映画の大部分は新兵が古参兵にボカスカ殴られるシーンが多かった。

信じられない位、リンチ(教育???)のシーンが多くて、当時の若者は旧軍隊を新軍隊(自衛隊)を嫌うようになりました。

いや!! そうではない!!とそのようなシーンを否
定する元軍人は居なかったような気がする。いわゆる、マスメディアには見た記憶が無い。

左翼グループは 映画 を上手に使い、小、中、高、
大学生をだまし、若い労働者をだました。4Hクラブ
まで利用しました。学校ではPTAの役員に左翼を
もぐりこませました。

ロシア、シナに乗せられた連中に天罰を与えてほしい、「日・ソ漁業交渉」で日本が悔しい譲歩を強いられた後・・朝日新聞はロシアのサーカスとかバレー
をロシア大使館後援で日本人の気持ちを抑えようと
していました。

それ以来、朝日は読まない。
本道 2005-05-28 12:46:43 No.165737
桜花1号さま、
私の子供時代は、
旧陸軍の映画を見ると、
とにかく待遇が悪くて、
新入兵は、ひどい目にあったと、
描かれていました。

私の親類の人も、
旧陸軍はひどかったといい続けて、
旧陸軍が悪かったから負けたと、
洗脳されていました。

ところが、
最近になって、
旧陸軍の人と出会った経験で、
そのようなリンチはほとんどなくて、
欠礼をしなかった幹部候補生が、
殴られただけだったようです。

つまり、
陸軍で悪い経験をした人が、
敗戦の責任を、全部軍部に押し付けて、
戦後になって社会主義者に転向した人が多かったようです。
その悪い経験というのも、
挨拶をしなかったから殴られたわけで、
要するに本人が悪かったわけですが、
本人は、自分の軍隊経験が、
軟弱だったことや敗北の責任を、
旧軍隊に全部押し付けて、
社会主義や左翼に逃げ込んだわけです。

このように、
戦後旧帝国陸海軍が全部悪かったと、
戦争責任を旧帝国陸海軍だけに押し付けて、
社会主義に走った多くの日本人の生き様が、
現在の軟弱外交などに現れているのでしょう。
桜花1号 2005-05-28 15:00:56 No.165788
「人間の条件」という小説があったが、旧帝国陸軍
にあること無い事、作り事を押し付けた左翼好みの
小説を映画化したものでした。

ひどい、最低の映画でした。 しかし、映画の内容に影響された若人たちもいました。

赤婆「松井やより」 などもその口でしょう。
Lyndon B. Johnson 2005-05-28 23:35:40 No.165977

在日朝鮮人は日本で育ち日本の風土になじんで生活しています。
当然自由と民主主義の意味も朧げながら知っているはずなのです。

しかし彼らは「自由」と「民主主義」を最大限悪用し、日本の左翼勢力と組み
祖国北朝鮮のテロを支援・正当化する活動を臆面も無く繰り返してきました。
言論の自由を盾に拉致被害者救出活動を妨害し、拉致被害者やその家族に対して「言葉のレイプ」を繰り返している。

在日朝鮮人の主張は「北朝鮮の拉致を批判することは冷静さを喪失した感情的な行為で、
拉致被害者救出のためにあらゆる手を尽くす家族会や救う会はやりすぎで邪悪な活動だ」ということに尽きているのです。

こういう連中に何を言っても無駄であると言うことは論を待ちません。
M78 2005-05-29 00:03:34 No.165986
アメリカの田舎の庶民は、非情に保守的で、そこから見れば、日本人は全員左翼と言っても過言ではない。
今、保守が力を持ったと言っているが、今までが極左に振れていただけであり、それが少し右に振れただけで、日本の中道は、外から見れば、まだ左翼です。極左ではない、という程度の意味です。
じゃあ、右翼はどうかと言うと、これもある意味左翼と言うか、革命集団などですね。反米、民族派右翼とは、天皇陛下を戴いた復古革命を目指すもので、結局、戦後の民主主義を否定しているのです。彼らの保守とは、現状を保守するものではなく、もう消えつつある戦前を、「保守」するという意味で、一種の革命です。
わたしは、戦後民主主義には、大きな問題はあるが、完全に否定し、破壊し、作り直そうとは思いません。日本のあるべき伝統を復活させる事は必要ですが、現状を破壊して、復古革命をする事には、反対します。
若くて、現状の社会に不満があると、たいてい左翼革命か右翼革命かにシンパシーを持ちます。おじさんになれば、創造的破壊よりも、問題のない所はそのままで、問題のある所だけ小変更で乗り切ろうと思い始めます。それが、わたしの「保守」です。
M78 2005-06-04 00:36:10 No.168911
わたしは、今の若者に期待していない。
わたしの子供の世代をまともに教育したい。教育改革が一番大事。
わたしの世代と、子供の世代で、間の世代を挟撃しなければならない。なにしろ、人数が多いからね。
名有りの権兵衛 2005-06-05 12:20:59 No.169679
まず、できることから始めるべし。
一番早い方法は、反日議員を選挙で落選させること。
そして、反日政党には投票しないこと。
社民や共産は異常な反日カルトにしか見えない。
民主には西村がいるが、岡田は売国。
維新政党・新風に投票するしかない。
1 2
YouTube 公式サイト正式オープン ベターライフ番組表 番組配信スケジュールはこちら チャンネル桜のあの人気番組がDVDに!!