「日本文化チャンネル桜二千人委員会」発足 南京の真実
SO-TV

旧掲示板

東アジア共同体と言う悪夢

三輪の何某 2004-11-22 10:05:07 No.85991
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogindex.htm

こちらのメルマガの内容を転載させて頂きます。
■■■■■■■■■ JOG Wing ■ 国際派日本人の情報ファイル ■
海洋国家日本の21世紀地政学戦略(37)
◆『東アジア共同体』という悪夢(上)◆

国際戦略研究者・山本英祐/地政学研究者・江田島孔明
■ No.909 ■ H16.11.22 ■ 7,339部 ■■■■■■■■■■■■■

今回は、日本の政官学会で密かに進む、「東アジア共同体」の恐るべき企てが、いかに日本にとって、致命的に危険であり、悪夢であるか解説したいと思います。

「東アジア共同体」という妖怪は、日本の先人の英知のみならず、”日本史そのものを否定する動き”であることを悟る必要があります。

今後日本は「東アジア共同体」の迷妄を捨てオーストラリアや台湾との防衛同盟を結び、来るべき中国との全面戦争(中国VS 米台日戦争)に備えねばなりません。

そしてFTAが進むタイなどASEANへ工場を移転させ、インド、ASEANを消費市場に発展させ、中国からの製品輸入を停止し 「企業撤退」を断行し、ブッシュ共和党政権を動かして中国経済を完膚なきまでに叩き潰さねばなりません。

今後タイやASEANに逃げた企業が「勝ち組」となり中国に固執した企業は「負け組」となります。

■アジアに蠢く『東アジア共同体』という悪夢■(江田島孔明)

◆「東アジア共同体評議会」という妖怪の台頭◆
     
「東アジア共同体」という妖怪が、いま大きなうねりとなって、静かに、しかし着実に東アジア全域を覆いつつあります。国民が知らない間にもこの恐るべき『東アジア共同体』の策動は静にそして着実に進行しています。
江田島 2005-01-15 18:46:29 No.106308
操られたルーズベルト

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h11_2/jog116.html

日本爆撃計画は不発に終わったが、実際に日米戦争の引き金を引いたのが、41年11月26日、ハル国務長官が提示したハル・ノートであった。

 このノートで米政府は

・ 中国、仏領インドシナからの日本軍の全面撤退
・ 蒋介石国民党政府以外の政府の否認
・ 日独伊三国同盟の死文化

 などを要求した。これを最後通告と解釈した日本は、翌日、米国との交渉の打ち切りを決定した。

 実際には、ハル国務長官は90日間の停戦を骨子とする緩やかな妥協案を作成していたのだが、ルーズベルトは、財務次官ハリー・デクスター・ホワイトが41年6月に作成していた対日強硬提案の方を採用した。

 今回のVENONA資料では、このホワイトも、ソ連に米国政府の極秘情報を通報したり、現金をもらっていた事を示しており、カリー補佐官と同様、ソ連のスパイであることが判明した。
江田島 2005-01-15 18:12:16 No.106290
何がいいたいかというと、日本とソ連をつなぐコミンテルンの線は確実にFDRに繋がっていたということです。そう考えると、第二次大戦の真の黒幕が見えてきます。
江田島 2005-01-15 18:06:33 No.106286
アメリカもFDRの時代は共産主義です。ここで共産主義とは計画経済と中央集権と私有財産否定いってもいい。この流れは今でもあります。日本国憲法書いたGHQはFDRの流れを汲む左翼です。共産主義といってもいいかもしれません。
江田島 2005-01-15 18:09:29 No.106287
41年の企画院事件を参照すれば、日本官僚の本質がわかります

 いわゆる企画院官僚の一部が共産運動に関与して治安維持法違反の容疑を受けて逮捕された事件。

 これに先立ち、官僚のうち判任官の一部が実際に共産主義活動に手を染め、官庁人民戦線を結成しようとして逮捕された「企画院判任官グループ事件」が発生し、以前より治安当局の内部でも企画院はアカのおそれありという風評があった。かくして、高等官らの左翼系運動にも追及の手が伸び、「企画院事件」が発生する。
企画院調査官の正木千冬、佐多忠隆、稲葉秀三、農林省調査課長の和田博雄、大政翼賛会組織局の勝間田清一、和田耕作らが、彼らの所属していた内閣調査局(のち、企画庁、企画院に改組)時代から官庁人民戦線なる結社を基点として共産主義運動を行ったとされ、治安維持法違反の廉で逮捕された。
この当時の内相は共産嫌いで有名な平沼騏一郎である。彼が、軍部・企画院の社会統制における共同歩調を好まず、この逮捕を指令した可能性がある。企画院事件はきわめて政治的な色彩がつよい事件である。
江田島 2005-01-15 18:03:39 No.106283
三輪の何某様

日本の帝国大学はドイツを範にとって作られました。大日本帝国憲法しかり。明治以降内政はプロイセンを師匠にしたのです。日本の法体系、政治体系、官僚体系はすべてプロイセンです。唯一海軍と外務省が英国を師匠にしてたんです。この両者は必ず対立します。
戦前の帝国大学法科教授や官僚には「アカ」が多数いましたよ。滝川事件や国体明徴事件を調べてください。岸信介なんか、戦前ランドパワーとして満州で活躍し戦後シーパワーとしてアメリカと組んだという変わり身演じてます。
三輪の何某 2005-01-15 17:51:28 No.106273
ふむ・・・。
日本がランドパワーだったのはどうかとして、共産主義であったと言うのは、かなり納得しにくい様な。
むしろ、アメリカが共産主義であった証左はたくさんありますが・・・。もっと勉強してみます。

実際、現在の日本の官僚には共産主義者とそのシンパはたくさんいますね。
所詮、軍隊も官僚であるのだから、同様の罠に嵌る場合もあるのでしょうが・・・。

満州国の建国理念その他の文献については、私も共産主義的な理念を感じました。
ともかくも、質実剛健、合理的の風ではなく、ひたすらに美名と理想論で塗りこめられている手酷い作文でしたから。

ああ・・・そういえば、その作文を作成したのは、官僚だったですよね・・・。なんともはや。
江田島 2005-01-15 17:41:35 No.106267
東様

下記URLから入り「次の20件」をクリックしていただくと拙著のダウンロード画面にいけると思います。
ダウンロードしていただくと、ありがたいです。
何卒、よろしくお願いいたします。

http://www.boon-gate.com/12/
2005-01-15 17:30:37 No.106263
江田島さん
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1031317514/l50
このスレで見つけたのですが、本(環太平洋連合)を電子出版するそうですね。
ですが、指定URLでは、ダウンロードできないんですが、一体どうすれば?

スレに関係ないがご容赦を
三輪の何某 2004-11-22 10:06:10 No.85994
昨年相次いで「東アジア・シンクタンク・ネットワーク」(北京)、そして「東アジア・フォーラム」(ソウル)の第1回会議が開催されました。そして、それが引き金となって、我が国においても、2004年5月18日に「東アジア共同体評議会(The Council on East Asian Community)」が設立されました。

■参考: 東アジア共同体評議会
http://www.ceac.jp/j/

既に、外務省や経済産業省の一部で「日中韓統合」を企んでいるという話があります。

財界人や総研・シンクタンクや日経新聞や朝日に代表されるマスコミにも多数の「中国シンパ」がいて中国とのFTA締結や市場統合そして企業誘致を積極的に画策する動きがあります。
左翼や中国シンパが多いと言われるジェトロ(日本貿易振興会)が中国とのFTA推進に動いています。

このような構想の背景として、日本のエリート支配層には、抜きがたく、「アジア主義」、「中国事大主義」がある。戦前の「大東亜共栄圏」の国家政策の誤りもこのような思想背景があったことを知る必要があります。

◆密かに進む通貨統合◆

更に驚くべきことに、外務省の高野韓国大使は日中韓三カ国の通貨統合を政府・外務省が検討していることを韓国の新聞で明らかにしています。

■ 韓中日3国、通貨統合問題を論議中 日本大使が明かす
http://japan.donga.com/srv/service.php3?bicode=050000&biid=2004102884378

高野紀元・駐韓日本大使は27日、韓国、日本、中国の3国間の通貨統合問題について「それに関する論議は以前から進められているし、(今後も)どんどん進展があるものとみている」と述べた。(以下略)

一国の”通貨”とは一国の国家主権に等しいものです。高野大使等の行動は日本国民が知らない間に国家主権そのものを中国や韓国に売り渡すに等しいものです。

北朝鮮情勢が悪化する中で、韓国と通貨統合なんかすれば、もしも朝鮮戦争が勃発すれば通貨が瞬時に紙切れとなってしまいます。

まして日本に核ミサイルを向け、シーレーンを脅かし、東シナ海の海底資源を日本から奪い、1000キロの海洋制覇を目指し、原潜で日本領海を侵犯し、台湾武力統合を狙う中国との通貨統合など論外です。

高野大使たちは経済と国民資産を破滅に追い込むつもりでしょうか。
三輪の何某 2004-11-22 10:06:35 No.85995

国民は高野大使や外務省チャイナスクールを更迭し、通貨統合を阻止する国民運動を始めねばなりません。
       
◆ 「東アジア共同体」によって日本の「植民地化」を狙う中韓◆

はっきり言いましょう、「東アジア共同体」の真の狙いは中韓による、日本の「植民地化」と「乗っ取り」に他ならないのです。

「東アジア共同体」なる悪夢が、今後実現する様な事態にいたれば、一体何が起きるでしょうか?

まず、中・韓は裏で反日連合として組むでしょうから、「多数決」により”中韓が全ての決定権を握る”ことになります。
そして日本を弱体化させ、歴史観につけ込んで日本の内政に干渉し、日本から最大限貪り取る域内政策を片っ端から議決するのです。

更に、EUに習って意思決定は人口比例の多数決となり、日本の発言権は中国の10%未満となり、全く日本の意志は反映されません。

結果として、EUがドイツの金をフランスが毟り取るための道具だったように、日本の資金、技術、知的所有権は瞬く間に中韓に吸い上げられ貪り食われることになります。

更には、中韓との同盟はアメリカとの軍事的敵対をもたらし、日本はアメリカと中国との狭間で瓦解するでしょう。

その上、域内往来の自由化により、大量の犯罪者が流入し治安は極度に悪化します。東京の池袋から新宿に至る地域がどのような状況か、都内在住者はご存知でしょう。

あれがもっと大規模に、全国に広がるのです。現在公明党や民主党の一部が法制化を企てる、「在日外国人地方参政権」もこの文脈で考えるべきです。

賢明な国民はこの事実を冷徹に見極めるべきなのです。このような点を意識的に伏せて、『東アジア共同体』構想を推進する論者は確信犯的北京政府の代理人だと断言します。

「東アジア共同体」推進者には『外患誘致罪(刑法81条)』の適用があってもいい!

以下略
毒蝮 2004-11-22 12:02:10 No.86031
各界に支那、朝鮮のエージェントが入り込んでいる。

帰化人には特に注意が必要だ。
高野・・・高・・
最上放蕩 2004-11-22 12:27:28 No.86040
三輪の何某 様:初めまして。
>>更に驚くべきことに、外務省の高野韓国大使は日中韓三カ国の通貨統合を政府・外務省が検討していることを韓国の新聞で明らかにしています。
>私は、東アジア「円共栄圏」を提唱します。1997年通貨危機の千載一遇のチャンスを日本は取り逃がしました。次のチャンスは、あと二年以内に起こる中国バブル崩壊に伴う中国危機のときであります。今から、準備を遂げ(マレーシアなどは、乗り気であろう)、来るべきときに備えるべきです。
 それと、もう遅いのですが北方四島も、エリツィンが乗り気のとき、一気に「円」にものを言わせて「買い取る」べきでした。
>>一国の”通貨”とは一国の国家主権に等しいものです。高野大使等の行動は日本国民が知らない間に国家主権そのものを中国や韓国に売り渡すに等しいものです。
>私もそう考えていたので、ユーロの誕生にはぶっ飛びました。暴論ですが、世界単一通貨というのは、実現性はともかく、無理があるのでしょうか?いつも為替差損差益に振り回され、いい加減疲れているもんで。
浪人 2004-11-22 14:12:21 No.86090
恥ずかしいですね、「東アジア共同体」なんて本気で考え口に出す、大胆な歴史「馬鹿」ですね。
外務省の役人てのは何を考えてるのでしょうか?今日の新聞でも小泉政権に影響力を持つ元外務省の役人が
中国の「反日感情の悪化に歯止めを」なんて云ってる
日本が反日感情の悪化を止めれるとでも思ってるなかなあ、とあきれています、現在考えられるのは中国の言う「靖国神社」に首相が参拝するのが原因と朝日新聞や経済人が口にしますが、日本を挙げて「内政干渉」と言えば済む事、相手も共産党のみが煽ってる事
で、日本共産党と同じ穴のムジナ、日本人も日本共産党を嫌い、中国共産党が好きと云うのもおかしな話。
元役人は日本製品の非買運動が起きると心配されていましたが非買で失業するのは中国人、日本企業は堂々としていれば良いと思うのですが。
大体戦後60年も経過しているのに毛沢東や周恩来と
仲良くしてたのが何で江沢民に成ってから問題が多いのか?江沢民の責任を追及すべきで日本の政治家も素直に聞いて見たら良いと思いますよ。
愛国者 2004-11-22 14:21:04 No.86094
「このような構想の背景として、日本のエリート支配層には、抜きがたく、「アジア主義」、「中国事大主義」がある。戦前の「大東亜共栄圏」の国家政策の誤りもこのような思想背景があったことを知る必要があります。」

この指摘は誠にその通りだと思います。ただこのような傾向を払拭するためには、日本人の思想的独自性をより明確に自覚していく必要があるのではないでしょうか。いわゆる日本の「右」寄りの人には「儒学」を思想的背景にしている人もいるようですが、これでは中国への事大傾向が生じるのは当然ではないでしょうか。本家本元ですから。また江戸時代の儒学者の教科書は李退渓だったようですから、朝鮮への思い入れも生じることになります。私は少なくとも「朱子学」という形で学説化された儒教は、日本人の本来の傾向とは相当異質なものではないかと疑っているのですが。
南海太郎 2004-11-22 16:00:10 No.86119
私は早く「大東亜共栄圏」を確立して欲しいと思います。
もちろん、支那・朝鮮除く。

東アジア共同体なる汚らわしい産物、即ち「大中華経済圏」なる戯言は実現しないでしょう。

だって支那は崩壊寸前!
といって崩壊しないかもしれないが・・・・
毒蝮 2004-11-22 16:23:04 No.86128
だいたい、経済産業省の連中は支那、南鮮、台湾による知的所有権侵害について少しでも働いているのか。
日本企業は莫大な損害を被っている。

>「朱子学」という形で学説化された儒教は、日本人の本来の傾向とは相当異質なものではないかと疑っているのですが。

荻生徂徠なんて、支那をアホみたいに崇拝していましたね。九州だかどこだったか、西国に行った時などは、支那に近づくことが出来たといって喜んだとか。
愛国者 2004-11-22 16:51:45 No.86141
本居宣長は「からごころ(漢意)」を排斥しましたよね。そのメインターゲットは朱子学だったのではないですか。目下のところ証拠をあげられないので私の独断ですが。朱子学は東アジアの「形而上学」とも言うべきものです。「形而上学」に対する疑問(これは西洋における「懐疑」とは全く違うものです)は日本人の生来の思想でしょうね。
RAM 2004-11-23 16:24:08 No.86443
東アジア共同体=冊封体制
愛国者 2004-11-23 16:39:43 No.86449
発言者自身により削除されました
三輪の何某 2004-11-23 18:33:27 No.86486
>>最上放蕩様
はじめまして。今後ともよろしくお願いいたします。
東アジア「円共栄圏」についてですが、これにはかなり詳しい考察をしているところがあります。
http://www.amaochi.com/
http://www.amaochi.com/yae_log_vision.html
共感なされる方も多いかなと思います。
やえ14歳殿の考えでも、その実現の障害は中国であると明言しています。

現在、日本は、この東アジア共同体について、アメリカの参入を排斥しており、中国の一人勝ちになるとして反対しております。
http://news.goo.ne.jp/news/sankei/kokusai/20041117/m20041117010.html
アメリカも、この構想が危険だとして反対意見を述べています。
しかし、今後民主党が政権を取った場合は、一体どうなるのか・・・。恐ろしい未来が予想されます。
最上放蕩 2004-11-23 20:40:54 No.86509
三輪の何某様:URLの紹介ありがとうございます。この”バーチャルネットアイドルやえ14歳”は、私にとって驚きでした。久々のヒットです。内容も納得しましたが、このコンセプトは驚愕しました。本当にありがとうございます。
 さて、時期を逸した日本にとって、次なる一手はIMFに代わる「アジア通貨基金」を再度、立ち上げに着手することだと愚考しております。二年以内の中国バブル崩壊のとき、憎き中国をも傘下に組しむことが可能なのです。
 叉、書きこみます。今後とも、よろしくお願いします。
三輪の何某 2004-11-24 23:32:56 No.86919
>>最上放蕩様
「アジア通貨基金」に当たるモノがないのが、東アジア共同体の欠点だと言われています。
それを与える事は危険かなと思うのです。
現状では、それは日本のためにならない。
まずは中国の排除、韓国との手切れ、それこそが先決でしょう。
その際には、法華カルトと、その手先の政党、そして在日の彼の国への返還も断行したいものです。
日本の内憂を除き、外患を潰してこそ、今後の日本は存立可能なのだと最近ひしひしと感じます。
KK 2004-11-25 07:33:45 No.86992
中国人、朝鮮人は日本人とは相当異質な存在でしょうね。たとえて言えば、後に大きく違う人生を歩んだ「幼なじみ」のようなもの。彼らは「幼なじみ」の部分を強調して、日本と関係を持とうとするので、だまされないように注意しましょう。
RAM 2004-11-25 09:29:33 No.87006
中国人が親、朝鮮人が兄、日本人が弟と言っているようです。

ちなみにそのような歴史的事実は一切ありません。
中国人が主人、朝鮮人が奴隷、日本人は奴隷にされそうになったが、その度に独立を勝ち取ってきたと言う歴史ならあります。
陸軍大臣告示 2004-11-25 09:40:55 No.87010
経済ましてや通貨のことなどチンプンカンプンの高野駐韓大使が「日中韓三カ国の通貨統合を検討中」だというが本当かね? 悪い冗談だろう。

経済の「規模、歴史、体制」が全然違い、政治体制も異なる三カ国が通貨統合など出来るわけがない。こういう企てがあるとすれば、それは早晩崩壊するであろう共産中国経済を日本のカネで助けるための陰謀に近いと言うべきだ。

中韓と通貨統合したって(そもそもできるわけがないが)、日本に何のメリットもなく、日本のカネにたかろうとする中韓の術中に陥るだけじゃ。
2004-11-25 11:00:01 No.87040
アジア開発銀行の黒田
この男も通貨統合を主張しています。

アジア主義者は監視を!

愛国者 2004-11-26 10:18:56 No.87392
先に儒学のことを少し書きましたが、この問題は未来の日本にとって非常に重要なことでしょうね。もし今「日本思想」と称されるものの骨格が儒学によって形成されているとすれば、これは日本が思想的に中国に占領、洗脳されていることを意味します。この状態を続ける限り、日本の支配層のアジア主義は消えないでしょうね。
私は日本にとって中国と組むことは害の面が圧倒的に大きいと考えていますので、儒学を排した新しい日本思想の建設が必要だと思っています。この種の思想が日本思想だと信じ込んでいる人にはお気の毒なことになるかも知れませんが、古い日本人のために未来の日本を犠牲にすることはできません。
最上放蕩 2004-11-26 11:40:55 No.87416
三輪の何某 様:レスありがとうございます。私の提唱する「東アジア通貨基金」は、以下の意味合いであります。
1. 欧米を中心としたIMF体制に対抗するものであります。これ以上、IMFの言いなりにならない「経済的独立」の第一歩であります。
2. 私は、中国バブルは二年以内にはじけると考えております。叉、韓国はIT産業の一部を除き、1997年のアジア通貨危機よりひどい状況に陥っています。
 よって、来たるべき「中国バブル崩壊」「韓国経済危機」を睨み、欧米主導でない、日本主導の「基金」を今から準備して、その「対策」に備えようということです。この時、中国・韓国を経済的に日本の傘下に置くことが、可能になるのです。

 これは、夢物語かもしれません。ただ、前回のアジア通貨危機のとき、マレーシアなどからアメリカに対する叛旗があがったのに、日本は結局何ひとつできませんでした。今回は、再度のチャンスです。
 通貨統合するなら、「¥」を基軸通貨にする算段をすべきでしょう。
江田島 2004-11-28 18:28:45 No.88245
拙文を掲載いただき、ありがとうございます。
基軸通貨「円」につき、下記をお読みください

http://holycow.sandiego.edu:8080/isota/forums/japanese/1101090364/index_html

「当たり前のことだが、通貨はそれ自体では、ただの紙切れの証文でしかなく、裏づけが必要だ。その裏づけは、かっては金であり、ニクソンショック後は、アメリカの軍事力であったといえる。ドル暴落以降の基軸通貨国の裏づけとは何であろうか。金やレアメタルについては、掘削技術や調査技術の進歩により、実は希少性に疑問があるという説もある。よって、裏づけとはなりえない。海軍力を含む軍事力の重要性は今後、増すであろうが、私は、それに付け加えて、通貨の裏づけとして「環境」をあげたい。つまり、水を含む地球環境について、今後、人が生きていける地域は限定されていくということだ。この点、日本は今年の台風の多さを考えても水不足はありえない。台風の犠牲者には気の毒だが、旱魃より淡水の補給でもある台風のほうが望ましいということを知るべきだ。更に言えば、少しでも海外で暮したり、仕事をした経験がある人は、日本人の温和な性質に裏打ちされた民度の高さ、勤勉さ、町の綺麗さ、分裂や内乱の心配がない安定した政情等、「社会環境」の面で世界で最高の国だということを理解してもらえるのではないだろうか。日本人は平均寿命、平均知能指数ともに世界最高なのもこのことを裏付ける。このことに、白人を含む世界中の人間が気づきだしたようだ。21世紀の地政学は、この環境の観点から構築されなければならない。 今後、分裂と内乱を迎える、ユーラシア全域から、主に中国と米国からの移住希望者は急速に増えるだろう。これら希望者を選別していくことが必要だ。 通貨としての円をこの世界最高の自然や社会環境をもつ日本への移住権と考えると、円の将来性は「買い」となる。 環太平洋連合の基軸通貨は「円」となるであろう。以上」
江田島 2004-11-28 18:33:03 No.88246
海洋国家日本の21世紀地政学戦略(36)
◆高まる海洋アジア諸国連合への支持◆
国際戦略研究者・山本英祐/地政学研究者・江田島孔明


http://backno.mag2.com/reader/BackBody?id=200411080000000000013290000

アメリカが中東戦争で消耗し世界の戦国化が近い現在、日本は国防と外交をアメリカに丸投げする『吉田ドクトリン』の破棄を実行に移すときです。自前の国防と諜報能力そして核武装や空母保有などについてタブーを廃した国民的議論が必要です。

 その際の条件は日本独力によるマラッカ海峡以北の制海権確保となります。これが可能になって初めて、日本はアメリカの属国ではなく、対等なパートナーとなれ無理な要求も退けることができるのです。

 そうして始めてアメリカと対等に交渉でき、豪州やアジア諸国との集団安全保障体制(集団的自衛権)も構築できるでしょう。

 アジアを重層的に考えれば、中国を中心とする「大陸アジア」と日本や豪州やASEANに代表される「海洋アジア」の二つのパワーすなわち、前者をランドパワー、後者をシーパワーと考えることができます。

 日本の場合には、海洋アジア(台湾やフィリピンやASEAN諸国を核とした国々)を中心とし、日本・オーストラリアを頂点とするアジア太平洋圏に共通利益を有するアジアシーパワー同志の連携による経済圏、安全保障の枠組みを形成することが必要ではないかと考えます。

 この海洋アジアの地域には親日的な国家が多く中国への対抗の意味から日本のコミットメントを求めているのです。オーストラリアや台湾やASEANで環太平洋国家連合へ向けた識者の支持の声が高まっています。

南海太郎 2004-11-29 22:02:44 No.88655
江田島様、

私もその様になる事を願っております。
みほ 2004-12-13 23:18:44 No.95093
大きい目で見れば中国のアジア侵略の一環だと思います。砂漠化、環境破壊の著しい中国は既に限界に達しており近隣の肥沃な土地を求めて侵略を開始、その第一段階なのです。日本だけでなく中国を除くアジア全域が危険に晒されています。日本は何よりもアメリカとの同盟を強化し中韓を除く海洋アジアと連携すべきだと思います
楽観的な意見かもしれませんがこの北京政府の邪悪な企みは頓挫するような気がします。少なくとも日本が共同体なるものに組み込まれることをアメリカが快く思うはずもなく推進派の政治家や閣僚の身辺にスキャンダルが生じればアメリカの工作と思って間違いないでしょう戦前の日本と決定的に違うのはアメリカの支配力です。良くも悪くも未だ自主決定権を回復していないのがこの国の現状です。
チャイナスクールの政治家の今後の動きに注目です。

李承民 2004-12-14 01:10:13 No.95143
私は思うのだが、最終的に日本が中華圏に組み込まれるのは避けられないのではないだろうか?
例えば中国に内乱が起こり分裂・民主化するとする。これは我々が最も望む未来だ。
しかしよく考えてみて欲しい。そうなれば中華国家の一つや二つくらいは急激に発展し、日本を追い抜くことも可能だ。そうなったうえで彼らからEUのような共同体を持ちかけられたらどうなるだろう?おそらくほとんどの日本人が諸手をあげて賛成するだろう。共産党がなくなり、少数民族が独立し、台湾が正式な国家となったとしたら、もはや日本の大衆の反中感情を保つことは難しい。
しかしたとえそうだとしてもやはり中国人が絶対多数であることにかわりはなく、数の論理により、日本の発言権は弱まるのだ。
実のところ中国は民主主義であってもなお侵略が可能なのである。それも合法的に。世界は一つを合言葉に。これはとても危険だ。
幸いに中国人民にはこのような発想をする者はいないか、あるいはまだそういう者は権力を握っていない。
しかし日本の売国奴たちによって、中国人が努力しなくても、日本から奴隷になるように働きかけているようだ。
残念ながら私はそれを解決する方法が思いつかない。
三輪の何某 2004-12-14 08:50:30 No.95187
最終的に日本が中華圏に組み込まれる根拠は何でしょうか?
その前提としては、日本が自主防衛努力に完全に失敗し、謀略によりアメリカと離反し、アメリカが中国を制止する力を失っている。
この様な状況下以外には日本が中華圏に組み込まれる未来は想定不可能ですが?

何よりも、歴史的に見て、日本が中国と友好国だった時代は紀元前まで遡っても見当たりません。
日本は万葉集の時代から、防人を立てて中国の侵略に備えて来ました。
彼の国との友好親善に見える遣隋使、遣唐使も、平たく言えば文化文明の導入を図る行為であり、中国圏への対抗を意図しています。
今後とも、日本の中国圏への警戒はずっと続くと思います。

それから、日本から奴隷になるように働きかけていると言う事の論拠を挙げて頂きたく思います。
どうもあなたの論は結論ありきに思えて仕方ありません。
世界を一つにですか?合言葉は大層でも、その実力があるかどうかは別問題ですからね。
世間知らずの妄想って言うんじゃないですか?それって?
ともかく、御高説は承りましたが、全く共感できない御説だとしか私には受け取れません。>李承民殿

最後に趣味の良くない画像を二つばかり。
日本が中国に占領された時の未来予想図です。

とある掲示板の東シナ海スレからの転載です。

周辺民族の少年と少女に対する中国軍の蛮行です。
http://www.starfleet.jp/linkyou/souko/chinaexec.jpg
↓は自己責任で閲覧どうぞ。僕自身はかなり鬱入ってます。
http://www.starfleet.jp/linkyou/souko/chinaexec2.jpg

こんな連中の奴隷など御免被ります。
李承民 2004-12-14 17:55:32 No.95404
三輪の何某 さま
私の言う所の中華圏は必ずしも日本が中国の一部になる(つまり中華人民共和国日本省あるいは中華連邦日本州)ということではありません。さすがにそれはありえないですよ。勘弁してください。^^
それは中華経済圏のことです。私はこれも嫌ですけど、しかし現実には進行中です。それは間違いのない事実です。外務省は国民の知らない所で勝手に日韓中共同通貨の話を進めています。

夢枕 2004-12-14 18:16:55 No.95416
三輪の何某様
映像拝見いたしました。間違っても自分の子孫を委ねるに値しない相手です。イラク問題以前に自国が内政干渉及び侵略行為を受けていると自覚したほうが良いです。
中国は空母を検討しているそうですし、あたかもイージス艦を意識しているとしか思えませんね(意識する必要も無いのに)。事軍備に関して以上に反応するのも返って自分達の国内での軍備拡大のカモフラージュでしょう。
大昔の日本の軍師が使い古した業ですが、自分の軍行を隠すために他の対象物に意識や注目をそらす方法ですが・・・・未だに行っているのですね。
三輪の何某 2004-12-14 21:31:57 No.95479
>李承民殿
どう言う風に進行中なのですか?全く見えませんね。
そう言う情緒的なだけの反応にどう返答せよと?

>夢枕殿
ああ言う国とは断交してしかるべきですね。
中国、北朝鮮、そしてそれらの支援国家韓国。
しかし、中国の発言力も軍事力を維持できてこそです。
今後の数年間でどうなる事やら・・・。

>江田島先生
メルマガを読んで、江田島先生がこのスレを取り上げて下さっている事に気が付きました。
ご足労、ならびに、資料の提供ありがとうございます。

いつも先生のメルマガを楽しみにしております。
今後とも、正しい日本のあり方についてご意見をいただけたらと願っております。
江田島 2004-12-14 21:47:41 No.95483
三輪の何某様

申し訳ありませんが、「先生」など、無用です。
中国と呼ばず、北京と呼びたいものです。
上海を中心とする長江文明は日本の淵源だということが分かってきました。

21世紀は日本、台湾、上海、香港で同盟を結び北京を孤立させる必要があります。

ランドパワーがランドパワーとなったのは、6000年前に農業が発生したからです。
そこから土地が生活の基盤となり、大規模な生産から人口爆発、灌漑のための王権の成立
そして、他への侵略という、ランドパワーの法則が起動しだしたんです。

ランドパワーがシーパワーを追い詰めるのは、昔も今も人口圧力です。シーパワーはこの点で勝てません。

逆に言えば、シーパワーは島を拠点にして、ランドパワーを水際で食い止めるしか、ないんです

中国の揚子江以南の政権はこれに失敗し、華北に制圧されました。一部は日本に逃げてきたんです。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h15/jog304.html
http://www.h3.dion.ne.jp/~china/point39.html

華南と日本、台湾の同盟で再度華北を撃退するひつようがあります
江田島 2004-12-14 22:01:42 No.95486
「日本戦略の研究会」もよろしくお願いします。

http://melten.com/m/10136.html
秋霜 2004-12-14 22:10:40 No.95491
東アジア共同体は日本にとって百害あって一利なし。
・中国が最も利を得ることが出来る。
・北が生き延びる保証を与えるようなもの。
・中朝韓に対していざというときに強硬策がますます
 取れなくなる。
・憲法改正すらも「国際世論」を煽られて出来ない危 険性が極めて高くなる。
・国内でも左翼勢力の復活を許し、90年代までの日 本に戻ってしまう。
・将来的に日本が孤立する危険性を高めるだけ。
李承民 2004-12-14 22:27:57 No.95500
三輪の何某様
何か勘違いをされているようですが、私が言いたいのは日本が悪い方に向かっているということを我々は認識するべきだということなのです。
まさか状況は改善されつつあると言われるのですか?冗談が過ぎますよ。^^
あなたは私が日本の現状の悪さを指摘したことを、日本は中国に屈するべきだと言ったように、解釈されているようです。
李承民 2004-12-14 23:48:23 No.95537
まったくもって凄まじいまでの悪夢です
三輪の何某 2004-12-15 00:24:44 No.95549
>李承民殿
それはひしひしと感じます。<悪い方向
それをどう食い止め、そして反撃を食らわせるか。
その方向に向かう為にも、明確な方針、明確な危機の認識が必要だと思うのです。
不安なのは確かですが、敵の姿をしっかり見ないといけない。そう言う意味だったのです。

>秋霜殿
頸に縄をつけられたのと同じ状態になりますね。
連中は多数決(北京、平壌、ソウル)とロビー工作で日本を好きにしますよ。
まさに謀略と言うものの金ぴかの見本ですね。

>江田島殿
正直、中国については、分断して、あちらは味方、こちらは敵と言う風に扱うべきかどうかも・・・。
分断すれば弱体化するでしょうけれど、味方につけるべき地域が、現在までの慣性のままに複数となって累を及ぼしそうで怖いのです。
例えば、自分達の地域の運営のための資金が足りないので融資・・・と言うのが何倍もの数になりそうなのですね。
日本をしゃぶると言う方針については、何等の変更もないままに分裂状態と言うのは笑えません。
江田島 2004-12-15 00:38:26 No.95555
三輪の何某様

「大陸をどうやって分割するか」は地政学の重要なポイントなんです。英国がEUを分断するため、東欧を支援しているのもそれです。中国分断は今のまま諸外国の資本が沿岸に集中していけば、いずれそうなります。

私は、これから、中国分断をしかけていきます。
彼らが一枚岩である方が日本には脅威ですが、歴史を見ても分かるとおり、そんなことはありえません。
まぁ見ていてください。上海が自由貿易圏(実質的には戦前の租界のような形)を宣言するのもそう、遠くない状況です。ご懸念の「日本をしゃぶる」というのは、売国政治家がいたためで、彼らを一掃すればいいだけです。ODAも廃止します。
李承民 2004-12-15 00:45:38 No.95559
三輪の何某様
和解できて嬉しいです^^
江田島 2004-12-15 01:11:41 No.95575
シナについては、恐れるべきは人口のみです。経済や
軍事は、取るに足りません。逆に言えば、東アジア共同体は巧妙な間接侵略です。EU東方拡大により西欧が
イスラム、スラブ双方に席巻されてる状況みれば、いかに危険かわかるでしょう。彼らは封じ込めねばなりません。そのために、内部相克、内乱をおこさせる必要があるんです。
三輪の某 2004-12-15 16:23:30 No.95794
>江田島殿
ウクライナ(スラブ)とトルコ(イスラム)のEU入りにより、EUは大変な事になるでしょうね。
元来、ああ言う連合国家構想は、各国の利害関係のあり方により、容易に混乱が生じるものなのですが、その典型的な状況が今後発生しそうです。

中国の分断ですか・・・。その後に内戦が起これば、更に宜しいのですが。
私も他国の不幸を喜ぶ様な下種には金輪際なりたくなかったのですが、中国と韓国、北朝鮮については、その例外であると納得するようになりました。憎むべき近隣国達です。
あの三国は明日滅んでも、憐憫の情を持つ事ができない位に鬱陶しいです。

ところで、最近では江田島殿のメルマガが台湾の有志達にも見られる事となったのは幸いですね。
私は、その両方を読んでおりますが、誠に喜ぶべき状況ですね。
李承民 2004-12-15 17:59:34 No.95823
江田島さま
東アジア共同体が間接侵略であるという意見には賛成です。
しかし中華人民共和国であるうちは実現の可能性は低いと思います。むしろ分裂民主化した後にこそそれはおこるのではないでしょうか?
私はそれを恐れます。たとえ分裂民主化したところで間接侵略は可能なのです。
左翼の思う壺です。
江田島 2004-12-15 20:57:02 No.95915
間接侵略は、例えば、現在のドイツを見れば分かりますが、内部統制が非常に弱く、左翼政権が長く続き、保守派を右翼として弾圧といったような状況があれば、相手に関わらず発生します。ドイツやEUはロシアやトルコの間接侵略にさらされ引き返せないところまで来てます。相手が分裂しているかどうかは関係ないのです。中国は、遠からず、間違いなく、南北分裂します。その為の備えが必要です。私は、上海や香港とは、組む余地があるように思うのですが・・・
江田島 2004-12-15 21:06:24 No.95921
皆様

拙文をお読みいただき、ありがとうございます。

間接侵略を許すかどうかは、相手の問題以上に
我々の問題が大きいのです。我々自身のあり方が問われてます。日本はほぼ単一民族であり、島国という特性から、間接侵略を受けることはなかったのですが、最近、怪しくなりました。

孫子謀攻篇にも、間接侵略のススメがあります。気をつけましょう。


「上兵は謀(はかりごと)を伐(う)ち、其の次は交(まじ)わりを伐ち、其の次は兵を伐ち、其の下(げ)は城を攻むるなり」
 最上の戦い方は敵の謀略を封じることであり、その次は外交策略で敵の同盟関係を断ち切り孤立させ、その次が武力を行使することであって、城攻めは下の下である。

YouTube 公式サイト正式オープン ベターライフ番組表 番組配信スケジュールはこちら チャンネル桜のあの人気番組がDVDに!!