◆ 【訃報】 渡部昇一先生 ご逝去 4/18 up!

上智大学名誉教授の渡部昇一先生が、平成29年4月17日 13時55分、逝去されました。 86歳でした。

 

「知の巨人」と称されたあらゆる分野に亘る深い見識のみならず、戦後日本を席巻してきた誤った歴史観や偏向報道にも堂々と異を唱える勇気をもって、日本の筋を通すための言論活動を展開されてきた、まさしく保守の重鎮のお一人でいらっしゃいました。

渡部先生にはチャンネル桜の番組にも多数、ご出演いただいてきました。
中でも平成16年8月の開局時より続く「渡部昇一の『大道無門』」は、対談の名手でもいらっしゃる渡部先生が様々な分野のゲストを懐深く受けとめられ、大局的な視点から巧みにエッセンスを引き出される、チャンネル桜にとってかけがえのない大切な番組でありました。
回数も380回以上を数えた今、その番組を終えざるを得ないことは誠に残念でなりません。

また、皇室典範改悪を阻止するための活動をはじめ、映画「南京の真実」製作の折も、「朝日新聞を糺す国民会議」議長としても、日本を取り戻すためのあらゆる取り組みにおいて、温かく支えてくださった大きな存在でいらっしゃいました。

この数ヶ月間、ご体調がすぐれない中でも渾身の力をもってスタジオでの収録に臨まれ、全うなさった姿に、渡部先生の言論活動に対する矜持を拝見しました。
お身体は弱られながらも、最後まで頭脳明晰で、そして、温厚で、誰に対しても分け隔てなく接してくださるお人柄も変わられることなく、まさしく紳士でいらっしゃいました。

スタッフ一同、心からの感謝とともに、謹んで ご冥福をお祈り申し上げます。

平成29年4月18日
日本文化チャンネル桜